LISA「紅蓮花」の歌詞の意味は?鬼滅の刃の主題歌を徹底解説!

アニメ

今超人気の鬼滅の刃。
その鬼滅の刃の主題歌である紅蓮華(ぐれんげ)は
歌手のLiSAさんが歌う曲です!

今回は歌手のLISAさんと紅蓮華の歌詞の意味について
徹底解説していきます。

・LISAさんの経歴は?アニソン歌手?
・紅蓮花の作詞、作曲は?
・紅蓮花の歌詞は?
・紅蓮花の歌詞の意味は?徹底解説
・LISAさんの作品と歌詞に込めた思いとは?

スポンサーリンク

LISAさんの経歴は?アニソン歌手?

LiSAさんの出身高校は私立の富田高校という高校です。
偏差値が45ぐらいなので良くも悪くもない普通ですね。

LiSAさんの地元は岐阜で、地元の学校に進学していました。
でもLiSAさんはバンド活動に明け暮れていたため、帰宅部だったようです。

高校卒業後は、バンド活動に専念するため、大学には進学しませんでした。

LiSAさんの音楽との接点は、
母親との関係で3歳の頃からピアノを通っていた所からです。

他にも習い事をしてて、
ロックの世界に興味を持ち、ロックを始めます。

高校時代はバンド「CHUCKY」を結成します。
そしてオリジナルソングを作り売り出します。

ですが、ライブを最後とし、解散しています。

それでもロックが諦められなかった、
LiSAさんはロックが融合されたアニソン界に踏み込みます。

スポンサーリンク

紅蓮花の作詞、作曲は?

作詞作曲は草野 華余子さんがやっています。

草野さんは、ボーカル、ギター、ピアノができ、
作曲家作詞、シンガーソングライターとしても活躍しています。

刀剣乱舞やソードアート・オンラインの歌も
作曲している、偉大な人です。

スポンサーリンク

紅蓮花の歌詞は?

まずは紅蓮華の歌詞を一挙に紹介します。

強くなれる理由を知った 僕を連れて進め

泥だらけの走馬灯に酔う こわばる心
震える手は掴みたいものがある それだけさ
夜の匂いに(I’ll spend all thirty nights) 空睨んでも(Staring into the sky)
変わっていけるのは自分自身だけ それだけさ

強くなれる理由を知った 僕を連れて進め

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして

イナビカリの雑音が耳を刺す 戸惑う心
優しいだけじゃ守れないものがある? わかってるけど
水面下で絡まる善悪 透けて見える偽善に天罰
Tell me why, Tell me why, Tell me why, Tell me… I don’t need you!
逸材の花より 挑み続け咲いた一輪が美しい

乱暴に敷き詰められた トゲだらけの道も
本気の僕だけに現れるから 乗り越えてみせるよ
簡単に片付けられた 守れなかった夢も
紅蓮の心臓に根を生やし この血に宿ってる

人知れず儚い 散りゆく結末
無情に破れた 悲鳴の風吹く
誰かの笑う影 誰かの泣き声
誰もが幸せを願ってる

どうしたって!
消せない夢も 止まれない今も
誰かのために強くなれるなら
ありがとう 悲しみよ
世界に打ちのめされて負ける意味を知った
紅蓮の華よ咲き誇れ! 運命を照らして 運命を照らして

「紅蓮華/LiSA」の歌詞 って「イイネ!」
「強くなれる理由を知った 僕を連れて進め …」勇気をもらったり、泣けたり、癒されたり…、この歌詞をチェックしてみて!人の心を打つ「言葉」がぎっしり!

となっています。何度聴いてもいい曲です!

スポンサーリンク

紅蓮花の歌詞の意味は?徹底解説

人が強くいられる秘訣

歌詞の序盤に、強くなれる意味を知った
という歌詞があります。

その後に僕を連れてすすめ。
仲間と協力し、成長する姿が思い浮かんできます。

他人と相手は変えられないが、自分と未来は変えられる
歌詞中のなか、
変わっていけるのは、自分自身だけ、それだけさ。
これがそういう意味なんだと思います。
自分を変えるのは自分しかいませんよね。

灰色の世界に咲いた紅色の華

紅蓮の花よ、咲き誇れ、
私の予想だと、
灰色の世界→暗い心情、
紅蓮の華、→強い心、立ち向かう勇気、
を表しているのではないでしょうか。

試練は乗り越えられる者にしか与えられない

誰かのために強くなれるのなら。素敵ですね。
その試練とは誰かを守るためにあるのだと思います。

紅蓮華―感謝に満たされ咲き誇れ
感謝に満たされ、という言葉。

鬼滅の刃の中でも助かった家族、
など色んな人の感謝がつまっています。

それを背負って戦う
鬼殺隊士のことを咲き誇れ
と言ったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

LISAさんの作品と歌詞に込めた思いとは?

LiSAさんはインタビューにて、こう話していました。

「みんな鬼になりかねないんだなと思ったんです。
なにか守る人がいたり、希望があったり、大事な人がいる人たちは、
みんな鬼殺隊に入るんですね。

でもそうじゃなくて絶望を感じてしまって、
すべてのことを「世の中のせいだ」「なんてことなんだ!」って
絶望してしまった人たちだけが、きっと鬼になっていくんだろうなって、読みながらみていて。

現実にいる私たちも鬼になりかねないなって思ったんです。」

LiSAさんが鬼滅の刃をすごく愛していることが伝わりますね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は鬼滅の刃の主題歌である、
紅蓮華について紹介しました。

歌詞の一つ一つに意味があり、
決して悲しいうたではなく、辛抱強く前を進んでいける。
そんな歌を表現したいことが伝わってきます。
是非聞いてみてください!

→ CD/紅蓮華 (通常盤)/LiSAの詳細はコチラから

コメント

タイトルとURLをコピーしました