木村友香(5000m)はかわいい!出身や中学・高校は?両親はどんな人?現在まで調査しました。

スポーツ

9月27日~10月6日にカタール・ドーハで開催される
「第17回世界陸上競技選手権大会」に出場する木村友香さん。

世界陸上には初出場とのこと。

今回は、そんな木村友香さんの

木村友香かわいい!
木村友香の出身や中学・高校は?
両親はどんな人?
現在は?

について、調査していきたいと思います。

また、この記事の後半には、木村友香さんに関する動画を掲載しています。
ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

木村友香かわいい!

陸上競技、長距離選手の木村友香さんですが、
かわいいと評判です。

身長も154㎝で、やや小柄な木村友香さん。

女性らしい顔つきと小柄な身長で、かわいらしいですよね。

木村友香さんのかわいい画像をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

木村友香の出身や中学・高校は?

木村友香さんは静岡県出身で1994年11月12日生まれ。
現在24歳(2019年9月現在)です。

中学は、静岡市立籠上中学校を卒業

中学時代は「全国都道府県女子駅伝」で静岡県チームで3区を任されました。
その際、区間賞を獲得する活躍を見せました。

高校は、地元・静岡県を離れ福岡県にある陸上の名門校といわれる、
筑紫女子学園高等学校を卒業しています。

高校1年の時、「全国都道府県女子駅伝」に、福岡県チームの2区で出場し、
中学時代に続き、2年連続で区間賞を獲得。

当時、1500m女子で高校歴代3位の4:16.30のタイムを持っていました。

高校時代から、トップ選手だったんですね。

スポンサーリンク

両親はどんな人?

長距離選手として、トップ選手の木村友香さんの両親。
どんな人か気になりますよね。

木村友香さんの、父親は公開されておらず、情報がありませんでした。、

母親はかつて実業団のNECに所属していた実業団の選手で、
第31回東日本実業団陸上競技選手権大会で女子1500mで
優勝をはたしている、木村明美さん(旧姓 畑田明美)です。

母親の木村明美さんは、マラソンの増田明美さんと同じNECの後輩だったそうです。

木村友香さんの才能は、母親譲りですよね!

スポンサーリンク

現在は?

高校卒業後、「ユニバーサルエンターテインメント」に入社しました。

2016年に、「日本陸上選手権」で1500mで初優勝しています。
さらに、日本陸上選手権クロスカントリーでは、3年連続で表彰台にあがっており、
2018年には優勝を果たしています。

しかし、2018年秋に「ユニバーサルエンターテインメント」を退社。

「ユニバーサルエンターテインメント」は、長距離系の選手が多く在籍し、
駅伝の強豪でもあります。

2017年に、「クイーンズ駅伝」で2度目の優勝をしました。
木村友香さんも1区を任され、優勝に大きく貢献したのですが、
同チームでレースに出場した選手のドーピング違反が見つかり、
優勝をはく奪され、記録も抹消をなりました。

「ユニバーサルエンターテインメント」の退社理由は公表されていませんが、
この一件後、同じタイミングで退社しています。

その後、一時的に「静岡陸協」に所属していました。

現在は、2019年4月に「資生堂陸上部」に移籍しています。

移籍後は、今まで以上にパワーアップした木村友香さん。

移籍しての初戦は同年4月に広島市のエディオンスタジアム広島で行われた
「織田記念」女子グランプリ5000mで、見事優勝しました。

しかも、15分20秒26という驚くべきタイムを残しています。
このタイムはドーハで行われる世界陸上の参加標準記録突破の記録なのですから、
すごいですよね。

この大会後は、5月に行われた「日体大記録会」に出場し、
1500mで日本歴代8位の4分12秒06で1位に輝いています。

以前から強い選手ではありましたが、移籍後は、
「ユニバーサルエンターテインメント」時代の、優勝取り消しの苦い過去がばねになり、
しっかりとした練習を重ねた結果だと、木村友香さんの周囲の人も話しています。

そして、2019年9月に「全日本実業団対抗選手権」では、1500mで優勝しました。

スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで木村友香さんの

木村友香かわいい!
木村友香の出身や中学・高校は?
両親はどんな人?
現在は?

について、調査してきました。

東京五輪での活躍も期待できる木村友香さん。

9月27日~10月6日にカタール・ドーハで開催される
「第17回世界陸上競技選手権大会」に5000mで出場します。

木村友香さんの今後のさらなる活躍に期待したいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました