2020大河「麒麟がくる」いつからいつまで?出演者一覧とスタッフまとめ

麒麟がくる 芸能

2020年の大河ドラマ「麒麟がくる」は、大河ドラマでも人気の高い「戦国時代」を舞台としています。

大河ドラマとしては初めて、明智光秀を主人公に据え、光秀の前半生にも光が当てられます。

また「戦国時代」が初めて、4Kでフル撮影されるのも話題です。

そこで、今回は、「麒麟がくる」について、

  • 「麒麟がくる」いつからいつまで?
  • 「麒麟がくる」の出演者一覧!
  • 「麒麟がくる」のスタッフまとめ

について、調査していきます。

また、この記事の後半には、「麒麟がくる」に関する動画を掲載しております。

ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

「麒麟がくる」いつからいつまで?

麒麟がくる

通例、大河ドラマは1月の第1日曜日の午後8時から第1話が放映され、
「麒麟がくる」も1月5日開始予定でした。

しかし、重要な登場人物である濃姫を演じる
沢尻エリカさんの降板により、放映が危ぶまれる事態となりました。

濃姫役には川口春奈さんが決定し、11月26日には、
放送開始が1月19日(日)以降に延期されることが発表されました。

NHKの公式サイトでは、2020年1月19日(日)放送スタート!となっています。

また、撮り直しは、12月初旬から行うことも明らかになりました。

しかし、「麒麟がくる」の撮影は、2019年6月から始まっており、
濃姫は第1話から登場する役どころです。

関係者の中には、2週間遅れですむとは思えないという声もあり、
放送開始が最悪1ヶ月以上遅れる可能性も残っています。

「いだてん」は、働き方改革の一環で全47回となり、最終回は12月15日放送予定です。

これに準じると、「麒麟がくる」は2020年12月13日が最終回だった可能性が高く、
2週間遅れなら12月27日が最終回となるでしょう。

ギリギリ年内に収まりそうですが、もし開始が1ヶ月以上遅れる場合、
回数が減少するかもしれませんね。

スポンサーリンク

「麒麟がくる」出演者一覧!

いつから

主人公

明智光秀(あけち・みつひで):長谷川博己(はせがわ・ひろき)

美濃編

駒(こま):門脇麦(かどわき・むぎ)

菊丸(きくまる):岡村隆史(おかむら・たかし)

牧(まき):石川さゆり(いしかわ・さゆり)

明智光安(あけち・みつやす):西村まさ彦(にしむら・まさひこ)

織田信秀(おだ・のぶひで):高橋克典(たかはし・かつのり)

平手政秀(ひらて・まさひで):上杉祥三(うえすぎ・しょうぞう)

土岐頼芸(とき・よりのり):尾美としのり(おみ・としのり)

齋藤義龍(さいとう・よしたつ):伊藤英明(いとう・ひであき)

織田信長(おだ・のぶなが):染谷翔太(そめたに・しょうた)

望月東庵(もちづき・とうあん):堺正章(さかい・まさあき)

斎藤道三(さいとう・どうさん):本木雅弘(もとき・まさひろ)

帰蝶・濃姫(きちょう/のうひめ):川口春奈(かわぐち・はるな)

戦国武将&戦国の華

美濃

煕子(ひろこ):木村文乃(きむら・ふみの)

深芳野(みよしの):南果歩(みなみ・かほ)

稲葉良通(いなば・よしみち):村田雄浩(むらた・たけひろ)

藤田伝吾(ふじた・でんご):徳重聡(とくしげ・さとし)

駿河

今川義元(いまがわ・よしもと):片岡愛之助(かたおか・あいのすけ)

尾張

土田午前(どたごぜん):檀れい(だん・れい)

藤吉郎(とうきちろう):佐々木蔵之介(ささき・くらのすけ)

大和

足利義昭(あしかが・よしあき):滝藤賢一(たきとう・けんいち)

三渕藤英(みつぶち・ふじひで):谷原章介(たにはら・しょうすけ)

細川藤孝(ほそかわ・ふじたか):眞島秀和(ましま・ひでかず)

松永久秀(まつなが・ひさひで):吉田鋼太郎(よしだ・こうたろう)

第3段キャスト

伊呂波太夫(いろはだゆう):尾野真千子(おの・まちこ)

足利義輝(あしかが・よしてる):向井理(むかい・おさむ)

徳川家康(とくがわ・いえやす):風間俊介(かざま・しゅんすけ)

松平竹千代(まつだいら・たけちよ/家康幼少期):岩田琉聖(いわた・りゅうせい)

太原雪斎(たいげん・せっさい):伊吹吾郎(いぶき・ごろう)

スポンサーリンク

「麒麟がくる」のスタッフは?

出演者一覧

池端俊策(いけはた・しゅんさく)

【代表作】大河ドラマ「太平記」、「イエスの方舟」「羽田浦地図」「聖徳太子」「夏目漱石の妻」

脚本

前川洋一(まえかわ・よういち)

【代表作】大河ドラマ「軍師官兵衛」、「雲切仁左衛門3」「沈まぬ太陽」「アキラとあきら」「孤高のメス」

岩本真耶

【代表作】「夏目漱石の妻(第3話)」「名駅1丁目1番1号」

音楽

John R. Graham(ジョン・グラム)

【代表作】「キングスグレイブ ファイナルファンタジーXV」「シルベスター&トゥイーティーミステリー」

語り

市川海老蔵(いちかわ・えびぞう)

題字

中塚翠涛(なかつか・すいとう)

【手がけた題字】ユネスコ「富士山世界遺産」、映画『武士の献立』など

時代考証

小和田哲男(静岡大学名誉教授)

【主著】「後北条氏研究」「近江浅井氏の研究」

衣裳デザイン

黒沢和子

【主な作品】「八月の狂詩曲」「まあだだよ」「アウトレイジ」「万引き家族」「清須会議」「とと姉ちゃん」「西郷どん」

https://books.rakuten.co.jp/rb/16099694/
スポンサーリンク

まとめ

ここまで、「麒麟がくる」について、

  • 「麒麟がくる」いつからいつまで?
  • 「麒麟がくる」の出演者一覧!
  • 「麒麟がくる」のスタッフまとめ

について、調査してきました。

いかがでしたか?

戦国時代を舞台とする王道の大河ドラマ「麒麟がくる」は、
「大河新時代」の幕開けと位置付けられています。

「ほぼ全員が主人公というような集団群像劇」である
「麒麟がくる」には、豪華な出演者・スタッフが集いました。

濃姫役の交代という波乱含みとなってしまいましたが、放映が楽しみですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました