窪田正孝主演・朝ドラ「エール 」のモデルとなった人物とは?

芸能

2020年3月30日から
放送が始まる朝ドラ「エール」。

玉山鉄二さん主演の朝ドラ「マッサン」以来、
6年ぶりとなる男性が主人公の朝ドラで、
窪田正孝さんが主演を努めます。

そこで今回は、

・朝ドラ「エール」はどんな物語?

・朝ドラ「エール」のモデルは誰?

・朝ドラ「エール」のモデル・古関裕而の代表作

について調査していきます!

また、この記事の後半では、
朝ドラ「エール」に関する動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

朝ドラ「エール」はどんな物語?

数々のヒット曲を生み出した
昭和期の作曲家を主人公に、
音楽と共に過ごした夫婦
物語が描かれます。
 
窪田正孝さん演じる古山裕一が
生まれたのは明治42年。

急速に近代化が進んていた福島の
老舗呉服屋の跡取り息子として誕生します。
 
ぼんやりとした性格の子供で、
周りからは取り柄がないと思われていました。

しかし音楽と出逢い、
独学で作曲の才能を開花させていきます。
 
青年になった裕一は
音楽をあきらめようと思うのですが、
家族に内緒で応募した
海外の作曲コンクールで上位入賞。

それを機に、
歌手を目指している
関内音と出会うのでした。
 
音楽を通じて知り合った2人は
やがて結婚。

不遇の時代を乗り越えながら、
数々のヒット曲を生み出していきます。
 
そんな中、
時代は戦争時代に。

裕一は軍の要請により、
戦時歌謡を作曲することになります。

でも、
自分が作った歌を歌って
命を落としていく若者の姿に、
裕一は心を痛めるのでした。
 
戦争が終わり、
混乱の中でも復興に向けて
立ち向かっていく日本。

古山夫妻は、
音楽の力で傷ついた人々を
勇気づけるために、
新しい時代の音楽を奏でていくことにするのでした。

朝ドラ「エール」のモデルは誰?

窪田正孝さんが演じる
古山裕一のモデルは、
作曲家・古関裕而さんです。
 
演奏家・聖歌指揮者・作曲家の
金須嘉之進に師事し、

1929年・チェスター楽譜出版社募集の
作曲コンクールに入選。

日本人としては初めて、
国際的コンクールの入選履歴を残しました。
 

古関裕而の代表作

古関裕而さんは
5000曲以上の曲を残していて、
軍歌・歌謡曲・大学の応援歌など
さまざまなジャンルの曲があります。

その中から、
いくつか代表作を紹介しますね。

  • 早稲田大学第一応援歌「紺碧の空」
  • 慶応義塾大学応援歌「我ぞ覇者」
  • 甲子園の大会歌「栄光は君に輝く」
  • 阪神タイガースの球団歌「六甲おろし」
  • 東京五輪「オリンピック・マーチ」
  • 「愛国の花」
  • 「暁に祈る」
  • 「長崎の鐘」
  • 「モスラの歌」

https://books.rakuten.co.jp/rb/16190329/?l-id=search-c-item-text-01

まとめ

さて、ここまで

・朝ドラ「エール」はどんな物語?

・朝ドラ「エール」のモデルは誰?

・朝ドラ「エール」のモデル・古関裕而の代表作

について調査してきました!

いかがでしたでしょうか?
 
恥ずかしながら、
古関裕而さんの名前は
今回初めて耳にしました。

しかし、
彼が作曲した数々は聞いたことがある曲ばかりで、
あの曲を作曲した人なんだと
とてもびっくりです。
 
窪田正孝さんが、
彼の人生をどのように演じていくのか
朝ドラ「エール」のスタートが待ち遠しいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました