メドベージェワの経歴や生い立ちを調査!身長・体重から衣装・髪型まですべてチェック!

スポーツ

平昌オリンピックで銀メダルを獲得し、
11月15日に開催されたロシア杯では、
女子SPで79.63点で首位に輝いたメドベージェワ選手。

そこで、今回は

・メドベージェワの経歴

・メドベージェワの生い立ち

・メドベージェワの身長・体重

・メドベージェワの衣装・髪型

について調査していきます!

また、この記事の後半では
メドベージェワ選手が銀メダルを獲得した演技の動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

メドベージェワの経歴

メドベージェワ選手は、
1999年11月19日生まれの19歳です。

3歳からフィギュアスケートを始めました。

ジュニア時代

メドベージェワ選手は、
エレナ・プロスクリナとリュボーフィ・ヤコフレワの指導のもと、
3歳からフィギュアスケートを始めます

2008年、9歳になったメドベージェワ選手は、
オリンピック選手を育てるチームへ。

チームの指導を担当していたのは、
現在、オリンピック金メダリストのザキトワ選手のコーチ、エテリ・トゥトベリーゼコーチです。

2011-2012シーズン、
ロシア選手権に初出場し、8位という好成績を残しました。

メドベージェワ選手はどんどん才能を開花させ、
毎シーズン、表彰台にのぼるようになっていきます。

ジュニア時代の成績一覧です。
 

大会名順位
2010-2011 シーズンロシアジュニアフィギュアスケート選手権12
2011-2012 シーズンロシアフィギュアスケート選手権8
ロシアジュニアフィギュアスケート選手権6
2012-2013 シーズンロシアジュニアフィギュアスケート選手権4
2013-2014 シーズンISUジュニアグランプリ リガ杯1
ISUジュニアグランプリ バルティック杯1
2013年アイススター ジュニアクラス1
ISUジュニアグランプリファイナル3
ロシアフィギュアスケート選手権7
ロシアジュニアフィギュアスケート選手権4
2014年世界ジュニアフィギュアスケート選手権3
2014-2015 シーズンISUジュニアグランプリ クールシュヴェル1
ISUジュニアグランプリ チェコスケート1
ISUジュニアグランプリファイナル1
ロシアフィギュアスケート選手権3
ロシアジュニアフィギュアスケート選手権1
2015年世界ジュニアフィギュアスケート選手権1

シニア時代

2015-2016シーズン、シニアクラスへ移行します。

シニアクラスでも、数々の大会で優勝。

2016-2017シーズンでは、
次々と世界記録を塗り替え、優勝しています。

このシーズンでは、
出場したすべての試合で優勝しており、
女子シングル競技においてすべてのレコードホルダーとなりました。

快進撃を続けてきたメドベージェワ選手ですが、
怪我などの影響もあり、成績が低迷。

平昌オリンピックのSPでは、世界最高得点81.61を出したものの、
ザキトワ選手がさらに上をいく得点を出し、
2位に終わってしまいます。

フリーではミスなく演技をしたものの、
SPでの得点が影響し、銀メダルに終わりました。

オリンピック終了後、
カナダへ拠点を移し、ブライアン・オーサーコーチに師事

ロシアにとってカナダはライバル国だったので、
当時は国内外で話題となりましたよね。

2018-2019シーズンはこれまでのプログラムとは違う、
明るい曲調のプログラムに変更します。

成績は相変わらずでしたが、
ついに、選手権で銅メダルを獲得し、
復活の1歩を踏み出しました。

シニアクラスに移行してからの成績一覧です。
 

大会名順位
2015-2016 シーズンISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィー1
ISUグランプリシリーズ スケートアメリカ1
ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯2
ISUグランプリファイナル1
ロシアフィギュアスケート選手権1
2016年ヨーロッパフィギュアスケート選手権1
2016年世界フィギュアスケート選手権1
2016-2017 シーズンISUグランプリシリーズ スケートカナダ1
ISUグランプリシリーズ フランス杯1
ISUグランプリファイナル1
ロシアフィギュアスケート選手権1
2017年ヨーロッパフィギュアスケート選手権1
2017年世界フィギュアスケート選手権1
2017-2018 シーズンISUチャレンジャーシリーズオンドレイネペラトロフィー1
ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯1
ISUグランプリシリーズ NHK杯1
2018年ヨーロッパフィギュアスケート選手権2
2018年平昌オリンピック2
2018-2019 シーズンISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシック2
ISUグランプリシリーズ スケートカナダ3
ISUグランプリシリーズ フランス国際4
ロシアフィギュアスケート選手権7
年世界フィギュアスケート選手権3
2019-2020 シーズンISUチャレンジャーシリーズ オータムクラシック2
ISUグランプリシリーズ スケートカナダ5
スポンサーリンク

メドベージェワの生い立ち

 

メドベージェワ選手は、
父・アルメニア人、母・ロシア人のハーフです。

小さい頃に両親が離婚し、
母親に育てられたみたいですね。

母親は元フィギュアスケート選手だったそうです。

なので、
小さい頃からフィギュアスケートを習わせたのかもしれません。

母親の名前とか調べたんですが、
詳しい情報は見つかりませんでした。

スポンサーリンク

メドベージェワの身長・体重

メドベージェワ選手の身長は159㎝です。

外国人って女性でも背が高い人が多いですが、
メドベージェワ選手は小柄なんですね。

体重は公表していないので分からないんですが、
45㎏前後と言われています。

体型が変わったとか、太ったとか、
いろんな声もありますが、

年齢的に考えて、
大人の女性に体型が変わっていっただけでしょう。

スポンサーリンク

メドベージェワの衣装・髪型

メドベージェワ選手が着る衣装はどれも、
彼女の雰囲気にぴったり合っていて素敵ですよね。

髪型は、前髪を上げて、お団子スタイルが多いです。

メドベージェワ選手のこれまでの衣装や髪型をいくつか紹介します。

2017年ロステレコム杯

いつもとは髪型が違い、
大人っぽい雰囲気ですよね。

 

珍しいおさげ姿。

いつの大会の時かは分かりませんが、
おさげ姿もかわいいですね。

 

最近、話題を呼んだ着物風の衣装です。

2019年グランプリシリーズの第2戦、
スケートカナダの女子フリーで初披露されました。

日本を舞台にした映画「SAYURI」を熱演。

ISU公式ツイッターが、

「ゲイシャのようにビューティーフル」と大絶賛でした。

エフゲニア・メドベージェワ写真集
2018年11月下旬発売
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・メドベージェワの経歴

・メドベージェワの生い立ち

・メドベージェワの身長・体重

・メドベージェワの衣装・髪型

について調査してきました!

いかがでしたでしょうか?

怪我をしたり、いろいろと大変なことも多かったと思いますが、
今シーズンは素晴らしい結果を残せるようにみんなで、
応援しましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました