宮城県大会(全国高校駅伝)男子2019の優勝は仙台育英!選手一覧

スポーツ

全国高校駅伝の予選となる宮城県大会が、2019年10月20日に開催されました。

結果は、仙台育英高校のアベック優勝となりました。

仙台育英男子は、第1区の喜早駿介選手、第2区の白井勇佑選手、第4区の山平怜生選手、第6区のムチリ・ディラング選手、第7区の菊地駿介選手が区間新記録を出しました。

総合タイムは2:02:46のコース新記録で、仙台育英は5年連続28回目の優勝です。

そこで、今回は、2019年宮城県大会の仙台育英の男子7選手をご紹介します。
また記事の後半では、予選会の動画を紹介します。

スポンサーリンク

仙台育英の第1区は喜早駿介選手が区間新!

喜早駿介

第1区(10㎞)を走ったのは、3年生の喜早駿介(きそう・しゅんすけ)選手です。

喜早駿介さんの区間記録は、0:29:44で、区間新記録でした。

喜早駿介さんは、宮城県の仙台市立高砂中学校出身です。

喜早駿介さんは、中学2年時の2015年全国中学駅伝で5区を走り、7位という結果を残しています。

さらに、3年時の2016年には、宮城県ロードレース3000mで優勝を飾りました。

仙台育英高校に進学した喜早駿介さんは、1年時に全国高校駅伝第7区を走り、4位という好成績を残しています。

喜早駿介さんの父は、全国高校駅伝を走ったことがあるそうです。

また、兄の太一さんも順天堂大学の陸上部所属と、陸上一家なんです。

スポンサーリンク

仙台育英の第2区・白井勇佑選手も区間新!

白井勇佑

第2区(3㎞)を走ったのは、2年生の白井勇佑(しらい・ゆうすけ)選手です。

白井勇佑さんの区間記録は、0:08:24で、こちらも区間新記録となりました。

白井勇佑さんは、愛知県の田原市立田原東部中学校出身です。

白井勇佑さんは、中学3年時の2017年、全日本中学陸上競技選手権大会1500mで4:06.64のタイムを出し、12位となっています。

また、同年の全国中学校駅伝大会では、6区(3㎞)を走り、0:09:35のタイムで区間4位でした。

白井勇佑さんの2019年3000m自己ベストは、08:26.71です。

スポンサーリンク

仙台育英の第3区は吉居大和選手が区間賞!

吉井大和

第3区(8.1075㎞)を走ったのは、3年生の吉居大和選手です。

吉井大和さんの区間記録は、0:23:15で区間賞でした。

吉居大和さんは、愛知県の田原市立田原東部中学校出身です。

吉居大和さんは、高校1年時の2017年には、全国高校駅伝で2区を走り、区間2位の結果を残し、チームの3位入賞に貢献しました。

吉居大和さんの2歳年下の弟・駿恭(しゅんすけ)さんも、仙台育英高校陸上部所属です。

また、父・誠さんは鳥栖工(佐賀)で全国高校駅伝に出場経験があり、トヨタ自動車陸上長距離部に所属していました。

吉居家は、母・美奈子さんも全国高校総体に出場経験を持つ、陸上一家です。

吉居大和さんには、他に双子の兄弟もいるようです。

スポンサーリンク

仙台育英の第4区は山平怜生選手が区間新!

山平怜生

第4区(8.0875㎞)を走ったのは、2年生の山平怜生(やまひら・れい)選手です。

山平怜生さんの区間記録は、0:24:00の区間新記録でした。

山平怜生さんは、2002年9月21日生まれで、宮城県の柴田町立船岡中学校出身です。

山平怜生さんは、高校1年時の2018年福井国体少年B3000mで11位となっています。

同年、全国高校駅伝では、6区を走り、区間17位でした。

2019年の酒田市秋季長距離記録会5000mでは、14:18.79のタイムで3位になりました。

スポンサーリンク

仙台育英の第5区は小原快都選手が区間賞!

小原快都

第5区(3㎞)を走ったのは、2年生の小原快都(おばら・かいと)選手です。

小原快都さんの区間記録は、0:08:27の区間賞でした。

小原快都さんは、岩手県の遠野市立遠野中学校出身です。

小原快都さんは、2018年1月のひろしま男子駅伝で岩手県代表として2区を走り、23位となっています。

同年、酒田市秋季長距離記録会5000mでは、14:48.49のタイムで18位になりました。

スポンサーリンク

仙台育英の第6区・ムチリ ディラング選手も区間新!

ムチリディラング

第6区(5㎞)を走ったのは、2年生のムチリ・ディラング選手です。

ムチリ・ディラングさんの区間記録は、0:14:21の区間新記録でした。

ムチリ・ディラングさんは、1年時の2018年、さいたま市ナイター陸上競技会3000mで8:15.53のタイムで2位になっています。

同年の東北高等学校駅伝競走大会では、第3区(8.1075㎞)を走り、0:24:12のタイムで区間2位でした。

2019年の酒田市秋季長距離記録会5000mでは、14:23.48のタイムで6位となりました。

ムチリ・ディラングさんの2019年の3000m自己ベストは、08:15.53です。

スポンサーリンク

仙台育英の第7区は菊地駿介選手が区間新!

菊地駿介

第7区(5㎞)を走ったのは、3年生の菊地駿介(きくち・しゅんすけ)選手です。

菊地駿介さんの区間記録は、0:14:35の区間新記録でした。

菊地駿介さんは、2018年の東北高等学校駅伝競走大会では、第6区(5㎞)を走り、0:15:18のタイムで区間6位となっています。

2019年の酒田春季陸上競技記録会3000mで08:41.29のタイムで1位となり、酒田市秋季長距離記録会5000mで、14:23.10のタイムで5位となりました。

また、しらかわ駅伝競走大会では、第4区(8.0875㎞)を走り、0:24:25のタイムで区間2位でした。

菊地駿介さんの2019年の3000m自己ベストは、08:24.39です。

スポンサーリンク

まとめ

2019年全国高校駅伝の予選となる宮城県大会で、コース新記録での優勝を成し遂げた仙台育英高校の選手7人を、ご紹介しました。

仙台育英高校は、全国高校駅伝の優勝候補です。

宮城県大会を制したように、全国高校駅伝でもアベック優勝を飾るか否か、注目していきたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました