奥土盛久(パン職人)の意外な経歴!家族は?パンの通販方法や店舗情報まで!

奥土盛久 ニュース

最近は、パンに注目が集まり、高級食パンもブームになっています。

そんな中、北海道に、自ら育てたライ麦や小麦を使い、
手作りの石窯でパンを焼く職人さんがいます。

パン職人・奥土盛久さんが焼くパンは、
子供のころ食べたライ麦パンとドイツで食べたパンの味がベースになっているとか。

その奥土盛久さんが、2019年10月13日放映の「情熱大陸」に登場します。

そこで、今回は、奥土盛久さんについて、

  • 奥土盛久の意外な経歴とは?
  • 奥土盛久の家族は?
  • 奥土盛久のパンの通販方法や店舗情報!

について、調査していきます。

また、この記事の後半には、奥土盛久さんに関する動画を掲載しています。

ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

奥土盛久の意外な経歴とは?

経歴

奥土盛久(おくつち・もりひさ)さんは、
1950年8月27日生まれの69歳(2019年10月現在)です。

兵庫県神戸市出身の奥土盛久さんは、
北海道の酪農学園大学を卒業しています。

奥土盛久さんは、大学卒業後にドイツに農業研修に行き、
ライ麦パンと出会いました。

その後、3年かけて東欧をまわり、
帰国後の26歳のころ占冠(しむかっぷ)村に入植します。

小学生のころテレビで見た牛飼いに憧れてのことです。

ところが約10年後、占冠村がリゾート開発に乗り出したため、
新規就農者が新たに土地を購入することが困難になったのです。

そこで、もっと広く牛を飼える場所を求めて、
1990年ニセコに再入植しました。

しかし、資金が足りなくなったため、奥土盛久さん夫妻は生活のため、
とうもろこしをはじめとする農作物を作ることにしたのです。

それでも生活が苦しかった奥土盛久さんは、
出荷した残りの作物を利用したパン作りを始めました。

それが、1990年代の終わりごろからのことです。

ちなみに、夢だった牛を飼うことは結局実現せず、一時豚を飼育していたそうですが、
豚が逃げ出して他人に迷惑をかけたことで、それもやめてしまったそうです。

奥土盛久さんの美味しいパンは、紆余曲折の末に生まれたんですね。

奥土盛久の家族は?

家族

奥土盛久さんの奥土農場石釜パン工房は、
現在、家族4人で切り盛りされています。

奥さま・敦子さんは、奥土盛久さんの4歳年下で、
1954年生まれの65歳(2019年現在)です。

奥土盛久さん夫妻が北海道に入植したのは、
1976年なので、敦子さんが22歳のころですね。

奥土盛久さん夫妻の出会いに関する確定情報がありませんので、
夫妻で入植したのか、北海道で出会ったのかは分かりません。

奥土盛久さん夫妻には、4人のお子さんがいます。

現在、奥土盛久さん夫妻とともに、奥土農場と石釜パン工房を切り盛りしているのは、
三男の雄己さんと長女の雅代さんです。

2018年7月の北海道ファンマガジンによる取材から、
雄己さんは1988年生まれの31歳、雅代さんは2000年生まれの29歳(それぞれ2019年現在)のようです。

長男・次男は、他の仕事をしていて、年齢的にはおそらく結婚して、
それぞれの家庭があるのではないでしょうか。

雄己さんと雅代さんに関しても、結婚しているかなどの情報はありませんが、
お二人以外に農場と石釜パン工房を手伝っている人がいないことから、
2018年時点では結婚していないと思われます。

もし、その後結婚されていたら、今回の情熱大陸でご家族が登場するかもしれませんね。

奥土盛久のパンの通販方法や店舗情報!

パンの通販方法

さて、自家製の作物を使った石釜パンと聞くと、
ぜひ食べてみたくなるのが人情ですよね。

テレビで取り上げられれば、なおさらです。

そこで、パンの通販方法や店舗情報についてご紹介しましょう。

パンの通販方法

パンの価格と注文方法は、奥土農場の公式ホームページに掲載されていますが、HPのトップページからはたどり着けませんでした。

こちらにリンクを貼りますので、ご利用ください。

注文方法

注文は、郵便振替またはファックスでできます。

郵便振替の場合には、郵便局に備え付けの用紙に必要事項を記入、通信欄に注文内容を記入します。

ファックスの場合は、HPから注文フォームを印刷して利用すると便利です。

支払いは、郵便振替となり、入金確認後に発送されます。

【郵便振替】02780-9-48288 奥土 盛久

注文時の注意事項

家族4人での切り盛りなので、ご注文の際には以下のことに留意してくださいね。

  • 農場での作業状況により、発送まで時間がかかる場合がある
  • 入金確認後の発送である(確認に数日かかる)
  • 注文から届くまでに10日~2週間ほどかかる場合もある
  • 農繁期(春・秋)の注文は余裕をもって
  • 時期によって取扱商品は変わる
  • 価格が予告なく変更になる場合がある

取扱商品と価格

2019年10月現在に掲載されているものですので、ご注意ください。

送料は、発送先により異なりますので、HPをご確認ください。

  • ライ麦パン、ライプレーン、ライカンパーニュ、田舎パン:1個480円
  • 開拓者のパン:1個520円
  • 黒豆パン、とうもろこしパン:1個480円
  • かぼちゃパン:1個410円
  • 黒糖コッペパン:2個入り280円
  • フォッカッチャ:1個350円
  • 全粒粉食パン、食パン:1斤520円
  • バンズ:3個入り520円
  • ラスク:1袋250円
  • シュトーレン(約20cm):1個2,800円
  • シュトーレン箱入り(約20cm):1個3,000円

店舗情報

奥土農場は、北海道虻田郡ニセコ町にあります。

【住所】北海道虻田郡ニセコ町字近藤421

【TEL・FAX】0136-44-1095

【アクセス】

  • 倶知安から左折レーン手前
  • 真狩から、右折地点
  • ニセコから、左折地点

まとめ

ここまで、奥土盛久さんについて、

  • 奥土盛久の意外な経歴とは?
  • 奥土盛久の家族は?
  • 奥土盛久のパンの通販方法や店舗情報!

について、調査してきました。

いかがでしたか?

北海道の開拓者の1人であり、自家製の石釜パンについても
「開拓者」である奥土盛久さん。

そのフロンティア精神はすごいですが、
共に歩んできた敦子さんもすごいと思いました。

10月13日の「情熱大陸」で、もっと詳しいお話や実際のお仕事を見るのが楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました