収入印紙はクレカ決済でOK!パスポートが電子申請可能に!

ニュース

海外へ行くときに必要なパスポート。

現在、パスポートの申請書ダウンロードはネットでできますが、
窓口に行って手続きをする必要があります。

そのため、
面倒に感じている人も多いでしょう。

そんなパスポート申請が、
電子申請可能になるそうなんです。

そこで、今回は

・収入印紙とは?

・パスポート申請がネットでできる!

・パスポートが電子申請可能になるのはいつから?

について調査していきます!

 

また、この記事の後半では

パスポートのダウンロード申請書についての動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

収入印紙とは?

収入印紙は、
課税文書と呼ばれる書類を発行するときに、
税金を納めるために使います。

身近なもので言うと、
領収書が課税文書にあたり、
支払い代金が5万円以上の場合は必要になるんですよ。

パスポート申請をしたことがある人なら分かると思いますが、
パスポートにも収入印紙を貼らないといけません。
課税文書ではないパスポートに、
なぜ、収入印紙を貼るのでしょうか?

答えは、手数料です。

手数料を現金で受け取ると、
管理が大変だから収入印紙を使うんですよ。
切手でもいいんですが、
紛らわしいからという理由で、
収入印紙が選ばれたんだとか。

裁判費用の支払いなども、
同じ理由から手数料として収入印紙を使っています。

パスポート申請が電子申請できることになり、
この収入印紙の取り扱いも変わることになりました。
ネットでパスポート申請が完結するので、
手数料の支払いも収入印紙ではなく、
クレジットカード決済に対応するようです。

あくまでも、
手数料の支払いをクレジットカード決済対応にするということなので、
収入印紙の買い方や支払い方法が変わるわけではありません。

スポンサーリンク

パスポート申請がネットでできる!

パスポート申請をするためには、
窓口に行かないといけないので、
時間がない人にとっては厄介だったんじゃないでしょうか?

海外では、
パスポートの電子申請が可能になっている国もあり、
日本でも早く対応して欲しいと思っていた人も多いはず。

そんな願いに応えるべく、
パスポートの電子申請が可能になります。

行政手続きを電子申請に統一する、
デジタルファースト法が5月に成立したので、
それに基づき、
パスポートも電子申請ができるように変わったようですね。

パスポート申請と手数料の支払いをクレジットカード決済に対応することで、
申請簡略化する狙いもあるようです。

スポンサーリンク

パスポートが電子申請可能になるのはいつから?

パスポートの電子申請が可能になるのは、
2024年度です。
中国などから日本へ渡航するときに必要な日本のビザは、
2020年度から電子申請が可能

詳しい日付や、
手続き方法についてはまだ、
情報が公開されていません。

これから、
順次、発表されていくと思います。

https://books.rakuten.co.jp/rb/16017512/
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・パスポート申請がネットでできる!

・パスポートが電子申請可能になるのはいつから?

について調査してきました!

いかがでしたでしょうか?

行政の窓口は平日しか対応してくれず、
夕方5時頃には窓口が終わっている場合がほとんどです。

そのため、
仕事などで忙しい人にとって、パスポート申請は不便でした。

しかし、パスポートの電子申請が可能になれば、
時間などを気にせずにできるので、

便利になりますね

コメント

タイトルとURLをコピーしました