イチケイのカラスのロケ地!撮影場所は松戸?目撃情報は?

ドラマ
スポンサーリンク

竹野内豊さん主演のイチケイのカラスが2021年4月5日(月)よりスタートしました!

竹野内豊さんは11年ぶりの月9主演で、
共演の黒木華さんは月9初出演です。

第一話は、被告人長岡誠が被害者江波和義に
全治一か月の負傷を負わせたという事件についてのストーリーでしたね。

裁判所や今回のストーリーのカギとなる踏み切りなど、
ロケ地や撮影場所が気になるところです。

今回は

・イチケイのカラスのロケ地!撮影場所は松戸?
・イチケイのカラスのロケ地!キャストの目撃情報は?

について調査しました。

記事の後半には、イチケイのカラスに関連した動画を掲載していますので
こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

イチケイのカラスのロケ地!撮影場所は松戸?

第一話で登場した主なシーンの撮影場所をまとめました。
主な撮影場所は松戸市という情報もあります。

イチケイのカラスのロケ地・裁判所

 

竹野内豊さん演じる入間みちおたちが所属する第一刑事部、
イチケイは東京地裁第三支部にあります。

イチケイのカラスの主要舞台となる裁判所。

東京地裁第3支部の外観は、
山梨県甲府市の山梨県県庁別館です。

イチケイのカラスのロケ地・蕎麦屋とみちこ

 

新田真剣佑さん演じる石倉文太の実家である「そば処いしくら」のロケ地は
千葉県松戸市にある「そば処関やど」さんです。

実際のお店をロケ地としているんですね。

そして石倉文太の実家で飼われている
セントバーナードのみちこの登場シーンでもあります。

主人公入間の昔の弁護士仲間が引き取り手を探していて、
一目惚れしたけど官舎住まいなので飼えない。

そこで犬アレルギーの石倉にみちこを引き取ってもらったんですね。

一緒に目撃者の娘を探すなど、今後もみちこの活躍に期待です。

イチケイのカラスのロケ地・踏み切り

 

被告人長岡誠の父、長岡洋一郎が自殺した場所踏み切り。

被告人長岡誠の証言で、自殺ではなく事故?と疑問が発生し、
イチケイメンバーと検察官たちで現場検証をしに行きます。

踏切のロケ地は、長野県にある上田駅近くの踏切です。
ご近所の方は気づかれた方も多かったようですね。

この踏み切りでの現場検証が今回の事件を深くしていきます。

イチケイのカラスのロケ地・裁判官官舎

主人公入間や黒木華さん演じる坂間千鶴が住んでいる裁判官官舎。

坂間に、いい年して官舎に住んでるのかと言われていましたね。

そんな裁判官官舎は神奈川県にある大和市営緑野住宅(高層)B棟です。
入間は404号室、坂間は504号室に住んでいます。

 

イチケイのカラスのロケ地・お肉を買ったスーパー

 

型破りのクセ者、主人公入間に振り回されてばかりの坂間が
ストレス解消のためにお肉をスーパーで爆買いするシーンのスーパー。

ロケ地はドラマのロケ地や様々な番組でも取り上げられている
東京都練馬区にある「アキダイ 関町本店」。

ドラマ「大人女子」でもロケ地となっております。

イチケイのカラスのロケ地・海

オープニングにて、主人公入間が船上に弁護士バッジを落とすシーンや
第一話終盤、入間に小日向文世さん演じる駒沢義男が裁判官をやるように促す
過去シーンで出てきた海は東京湾です。

終盤、弁護士バッジを海へ投げていましたね。

駒沢に弁護士バッジは返さないといけないものと言われて、焦る入間。
過去に何があったのか気になるところです。

スポンサーリンク

イチケイのカラスのロケ地・キャストの目撃情報は?

上記で様々なロケ地をご紹介しました!
現地でのキャストの目撃情報を調査してみます。

入間みちお:竹野内豊

 

竹野内豊 1971年1月2日生まれ(50歳)

目撃地は上がってこなかったものの、目撃情報がありました。

この物語の主人公入間みちお。

裁判官自ら名乗り出たり、
法服を着たまま外へカレーを買いに行ってしまうという
まさしく型破りのクセ者。

竹野内豊さんの演技に今後も目が離せませんね。

坂間千鶴:黒木華

 

黒木華 1990年3月14日生まれ(30歳)

堅物エリート裁判官の坂間千鶴役。

残念ながら目撃情報はありませんでしたが、
登場シーンは堅物がやってくると噂をされているところにキリッと現れました。

入間に振り回されながらも少しずつ入間に揺れ動かされて行きます。

2回目の現場検証は必要ないと書類を書いて
入間の部屋に夜中インターホンを連打する場面は少々強引さが目立ちますが、
長崎出身ということで長崎弁を話す姿は愛らしくもありました。

駒沢義男:小日向文世

 

小日向文世 1954年1月23日(67歳)

東京地裁第3支部第一刑事部の部長裁判官の駒沢義男役。

主人公入間が信頼している人物です。

目撃情報はありませんでしたが、
第一話終盤の過去シーンで弁護士だった入間を裁判官にスカウトしていたり、
入間の過去何があったかを知る重要人物です。

何があったのか今後も要チェックですね。

石倉文太:新田真剣佑

 

新田真剣祐 1996年11月16日(24歳)

東京地裁第3支部第1刑事部の書記官、石倉文太役。
目撃情報はありませんでした。

登場シーンでこそこそ噂話をしていた彼ですが、
堅物エリート坂間に一目ぼれします。

そして主人公入間とも12年前に関係があるようです。

入間に振り回されながらもどこかイキイキしている彼にも注目です。

浜谷澪:桜井ユキ

 

桜井ユキ 1987年2月10日(34歳)

東京地裁第3支部第1刑事部の書記官、浜谷澪役。

何かと問題のあるイチケイでいつもお迎えの時間が間に合わない…
と異動願いを出してる三児の母浜谷。

異動願いが叶う日は来るのでしょうか?

異動されてしまうと寂しい気持ちもありますが願いが叶うといいですね。

目撃情報はありませんでした。

一ノ瀬糸子:水谷果穂

水谷果穂 1997年11月3日生まれ(23歳)

東京地裁第3支部第1刑事部新人事務官、一ノ瀬糸子役。

イケメン好きの新人さん。

登場シーンでも坂間が女性だと知り男の人がよかったと愚痴をこぼしています。
イチケイのクセがある良い仲間の一人です。

目撃情報はありませんでしたが、イチケイの和気あいあいとした雰囲気を見れるのが楽しみです。

川添博司:中村梅雀

中村梅雀 1955年12月12日(65歳)

東京地裁第3支部第1刑事部主任書記官、川添博司役。
おっとりさんでお世話好きの主任書記官。

主人公入間には苦労させられているようです。
そしてイチケイのお世話係でもあります。

目撃情報はありませんでした。

日高亜紀:草刈民代

草刈民代 1965年5月10日(55歳)

最高裁事務総局判事の日高亜紀役。

坂間と同郷で親しい仲であり第一刑事部の立て直しを頼んだ人物です。
主人公入間とも因縁の関係のようですね。
駒沢とも何かあるようです。

目撃情報はありませんでしたが、12年前の因縁が気になるところです。

井出伊織:山崎育三郎

 

山崎育三郎 1986年1月18日生まれ(35歳)

東京地検第3支部検事の井出伊織役。

主任検事城島とは先輩後輩関係で、
野球経験者の東京地検第3支部の期待の星です。

入間とは初対面だったようで彼のクセ者具合に驚いていました。

目撃情報はありませんでしたが、井出伊織検察官の活躍に期待です。

城島怜治:升毅

 

升毅 1955年12月9日生まれ(65歳)

東京地検第3支部主任検事の城島怜治役。

入間のクセ者ぶりに毎回うんざりしていますが、
現場検証は付き合ってくれる真面目な人です。
駒沢とはライバル関係にあるそうです。

井出との検事コンビにも今後目が離せませんね。
目撃情報はありませんでした。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・イチケイのカラスのロケ地!撮影場所は松戸?
・イチケイのカラスのロケ地・キャストの目撃情報は?

についてまとめました。

目撃情報は思った以上に少なかったですが、
コロナ渦が落ち着いたら聖地巡りに行ってみたいですね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました