linemo(ラインモ)の解約方法は?違約金はかかる?

PC

3大携帯キャリアが2021年3月から待望の新料金プランの提供を始めました。
月20GBで3000円を切る金額が魅力ですね!

この記事では、auが提供を開始した新ブランド
「linemo(ラインモ)」について紹介します。

・linemo(ラインモ)の新プラン内容は?
・linemo(ラインモ)の評判は?
・linemo(ラインモ)の解約方法は?
・linemo(ラインモ)を解約すると解約金や手数料はかかる?

について紹介していきます。

スポンサーリンク

linemo(ラインモ)の新プラン内容は?

linemo(ラインモ)の新プランは20GBで税込2,728円(税込)。

ドコモのahamo(アハモ)、auのpovo(ポヴォ)と同じ価格設定になっていますが、
大きな違いは、「+LINEのギガノーカウント」。

LINEアプリを使ったトーク/音声通話/ビデオ通話のデータ通信料は
ギガの使用量にカウント図、使い放題となっています。

通話料金は20円/30秒。

無料通話はオプションで、5分間の国内通話無料が550円(税込)、
時間制限なしの国内通話無料1,600円(税別)をつけることができます。

また、1GBあたり500円(税抜)でデータ容量の追加もできます。

スポンサーリンク

linemo(ラインモ)の評判は?

linemo(ラインモ)のメリット

LINEとの連携が売りのlinemo(ラインモ)。

普段から音声通話にLINEを使っている人にとっては、
通話料(データ通信料)が実質無料になるのところが人気のようです。

また、LINEトークで使える700万種類以上のスタンプが使い放題の
「LINEスタンププレミアム」が月額240円で利用できます。

しかもこの「LINEスタンププレミアム」が、
2021年夏から無料になることが発表されています。

LINEトークのヘビーユーザーには嬉しいですね。

また、linemo(ラインモ)は5Gも追加料金なしで対応しています。

同じ新料金プランのpovoでは5G対応が夏以降ですが、
linemo(ラインモ)はすでに対応を始めています。

対応している端末・エリアではすぐに5Gを使うことができます。

linemo(ラインモ)へ乗り換えする場合の新規契約事務手数料は無料です。

また、4月1日以降は、ドコモ・KDDI(au、UQモバイル)、
ソフトバンクからのMNP転出手数料は全て無料になっています。

元のキャリアによっては契約解除料が発生する場合がありますが、
ソフトバンクモバイル・ワイモバイルからの乗り換えは費用が一切かかりませんので、
ソフトバンクモバイル・ワイモバイルから乗り換える方が多いようです。

linemo(ラインモ)のデメリット

linemo(ラインモ)ではキャリアメールが使えません。

これはahamoやpovoも同様ですが、
今までキャリアメールを利用して連絡を取っていた人は注意しましょう。

また、ソフトバンクモバイルやワイモバイルで対応してた
「おうち割光セット」「みんな家族割+」が適用対象外となります。

割引を活用していた人は、トータルで料金が高くならないか、見直しが必要です。

スポンサーリンク

linemo(ラインモ)の解約方法は?

linemo(ラインモ)の手続きは、
契約も解約もオンラインのみ、となっています。

linemo(ラインモ)から他社への乗り換え方法は簡単。

まず、linemo(ラインモ)サイトのMy MenuにてMNP予約番号を発行します。

その後、移転先の携帯電話会社での契約手続きが完了した時点で
linemo(ラインモ)との契約は解約になります。

linemo(ラインモ)側には解約手続きは不要です。

MNP予約番号の有効期間は、発行当日を含めた15日間なので、
MNP予約番号を発行後も他社と契約しなければ、
linemo(ラインモ)をそのまま継続して使うことができます。

解約と契約のタイミングで、どちらも使えなくなる心配はありません。

スポンサーリンク

linemo(ラインモ)を解約すると解約金や手数料はかかる?

linemo(ラインモ)は、最低利用期間がなく違約金は無料、
また新規契約事務手数料やMNP転出手数料も無料です。

いつ解約しても解約金はかかりません。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・linemo(ラインモ)の新プラン内容は?
・linemo(ラインモ)の評判は?
・linemo(ラインモ)の解約方法は?
・linemo(ラインモ)を解約すると解約金や手数料はかかる?

について紹介してきました。

linemo(ラインモ)はプランがシンプルで
オプションも多くはありませんが、手続きもシンプル。

特に解約時は一切費用がかからず、
linemo(ラインモ)側ではMNP予約番号を発行するだけ。

MNP予約番号発行後も、乗り換え先と契約しなければ、使い続けることができるので、
今の契約に縛りがなく、家族割・おうち割がない人は気軽に試してみてもよいですね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました