プロ野球交流戦2022の優勝予想!歴代優勝チームは?

プロ野球
スポンサーリンク

セパ交流戦の熱い戦いが繰り広げられています。

交流戦で流れを付けたチームがその後のペナントを制するとも言われるほど、
重要な戦いとなり、普段見られないチーム、選手同士の戦いが見れるとあって
注目度は非常に高いです。

そこで今回は

・プロ野球交流戦2022の日程は?
・プロ野球交流戦2022の優勝予想!
・プロ野球交流戦2022の歴代優勝チームは?
・プロ野球交流戦2022のまとめ

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

プロ野球交流戦2022の日程は?

2022年の交流戦の日程、対戦カードを紹介させていただきます。
(記載左側のチームがホームゲーム)

5/24(火)~5/26(木)
巨人   - オリックス
ヤクルト – 日本ハム
DeNA  -  ソフトバンク
中日   - 西武
阪神   - 楽天
広島   - ロッテ

5/27(金)~5/29(日)
日本ハム   – 巨人
楽天     – ヤクルト
西武     – DeNA
ロッテ     – 阪神
オリックス – 中日
ソフトバンク – 広島

5/30(月)(予備日)
楽天  - ヤクルト
ロッテ – 阪神

5/31(火)~6/2(木)
巨人 – ソフトバンク
ヤクルト – ロッテ
DeNA – オリックス
中日 – 楽天
阪神 – 西武
広島 – 日本ハム

6/3(金)~6/5(日)
巨人 – ロッテ
ヤクルト – 西武
DeNA – 楽天
中日 – ソフトバンク
阪神 – 日本ハム
広島 – オリックス

6/6(月)(予備日)
DeNA -   楽天
阪神 -  日本ハム

6/7(火)~6/9(木)
日本ハム – DeNA
楽天 – 広島
西武 – 巨人
ロッテ – 中日
オリックス – ヤクルト
ソフトバンク- 阪神

6/10(金)~6/12(日)
日本ハム – 中日
楽天 – 巨人
西武 – 広島
ロッテ – DeNA
オリックス – 阪神
ソフトバンク- ヤクルト

スポンサーリンク

プロ野球交流戦2022の優勝予想!

交流戦の優勝予想ですが、個人的に優勝する可能性の高い
3チームを紹介させていただきます。

東北楽天ゴールデンイーグルス

交流戦、そしてペナントレースの優勝候補の筆頭に東北楽天ゴールデンイーグルス。

ここまで、パリーグでも首位で、投打で非常に安定感のあるチームです。

先発投手陣が非常に充実しており、
昨年は十分に勝ち星を積み上げることが出来なかった田中将大投手が
現時点で4勝、完封をする試合もあるなど調子を上げてきています。

また守護神の松井裕樹投手も抜群の安定感を誇っており、
対戦経験の少ないセリーグの打者にとっては、
打ち崩すのは容易ではありません。

また、打撃面でも日本ハムから今年加入した
西川遥輝選手が攻守で躍動していたり、
浅村選手が勝負強いバッティングで打点を量産している点からも
攻撃面でも十分に厚みを持っています。

エラー数は12球団最少の7つと守備の安定感も抜群です。
攻守に隙のない楽天が優勝最有力なのではないでしょうか。

福岡ソフトバンクホークス

交流戦で無類の強さを誇る福岡ソフトバンクホークスも優勝候補の一角として挙げさせていただきます。

今シーズンは序盤少し苦戦したものの、
主力選手が調子を取り戻して現在パリーグ2位につけています。

選手層の厚さという点ではやはり12球団トップクラスであり、
若手とベテラン選手のバランスも非常にいいチームです。

千賀投手や先日ノーヒットノーランを達成した東浜投手を筆頭に素晴らしい投手陣が揃っていますし、打線にはこれまで何度も交流戦を戦ってきたベテラン選手たちが揃っているため、データの少ない対セリーグチームとなったときにベテラン選手が持つ経験値というものは強みになっていくのではないかと思います。

東京ヤクルトスワローズ

交流戦では、これまでパリーグが優勢に出ることが多かったですが、セリーグも負けてはいられません。

その中でも東京ヤクルトスワローズは優勝候補として挙げさせていただきます。

昨年日本一となったスワローズは混戦のセリーグの中で首位をキープしています。
決して派手さはないものの、堅実な戦い方と小技を使った攻めに注目が集まります。

質の高い投手が揃い、非常に防御率も低いパリーグの投手から
連打で大量得点を奪う事は決して簡単な事ではないため、
スワローズのように、どんな形であれ塁に出て、
盗塁やバントなどを駆使して一点をもぎ取る野球が出来るチームが
勝利を手繰り寄せることが出来るのではないかと思います。

防御率もリーグ一位と安定した投手陣も擁しているため、
ロースコアでの勝利をもぎ取れるという点で、
スワローズを優勝候補とさせていただきました。

セパ交流戦2022・順位表(5月31日現在)

順位チーム試合
1ソフトバンク7520
1ヤクルト7520
1西武7520
4DeNA74301.0
4中日74300.0
6阪神73401.0
6日本ハム73400.0
6巨人73400.0
6楽天73400.0
6千葉ロッテ73400.0
11オリックス72501.0
11広島72500.0

セパ交流戦2022・順位表(6月6日現在)

順位チーム試合
1ヤクルト12930
2阪神128401
3オリックス127501
3ソフトバンク127500
3中日127500
6巨人126601
6DeNA126600
8西武125701
8ロッテ125700
8楽天125700
11日本ハム124801
12広島123901
スポンサーリンク

プロ野球交流戦2022の歴代優勝チームは?

交流戦が初開催された2005年から昨年までの優勝チームを紹介させていただきます。

2005 ロッテ
2006 ロッテ
2007 日本ハム
2008 ソフトバンク
2009 ソフトバンク
2010 オリックス
2011 ソフトバンク
2012 巨人
2013 ソフトバンク
2014 巨人
2015 ソフトバンク
2016 ソフトバンク
2017 ソフトバンク
2018 ヤクルト
2019 ソフトバンク
2020 コロナウイルスのため中止
2021 オリックス

優勝チームを並べてみると圧倒的にパリーグのチームが多いことが分かりますね。

特にソフトバンクは過去8回もの優勝を誇っています。
今年はセリーグの意地を見せたいところですね。

スポンサーリンク

プロ野球交流戦2022のまとめ

ここまで

・プロ野球交流戦2022の日程は?
・プロ野球交流戦2022の優勝予想!
・プロ野球交流戦2022の歴代優勝チームは?

について紹介させていただきました。

これまで、交流戦を優勝した半数以上のチームが
リーグ優勝を果たしているというデータからも
交流戦の重要さが見て取れます。

また勝率1位の優勝球団には賞金3000万円。

5月31日現在の順位は、ソフトバンクが1位です。
今後のセパ交流戦に、ぜひ注目していきたいですね。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました