大豆田とわ子と三人の元夫が面白くない!つまらない!その理由は?

ドラマ

松たか子さん主演のドラマ『大豆田とわ子と三人の元夫
脚本・主演がヒットドラマ『カルテット』のタッグと言うことで期待されていましたが、
中には「面白くない」という声もありました。

なぜなのでしょうか?

そこで今回は

・大豆田とわ子と三人の元夫の視聴率は?
・大豆田とわ子と三人の元夫が面白くない!つまらない!その理由は?
・大豆田とわ子と三人の元夫が面白いという口コミは?

に分けて調査していきたいと思います!

記事の後半には『大豆田とわ子』に関連する動画も掲載していますので
ぜひ合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

大豆田とわ子と三人の元夫の視聴率は?

『大豆田とわ子』の視聴率は

第1話は7.6%

第2話は6.7%

と低めのスタートを切りました。

しかしカルテットも最初の方は低視聴率で
回を追うごとに反響が大きくなり、ヒット作となったので
今回も今後面白さが出て視聴率も上がるかもしれません!

スポンサーリンク

大豆田とわ子と三人の元夫が面白くない!つまらない!その理由は?

現実離れしすぎて共感できない?

主人公とわ子はバツ3で、それでも幸せをあきらめきれないという物語です。

近年離婚率が高いと言われていますが、3度も離婚をしている人はなかなかいないのではないでしょうか?

共感できる部分が少なく、面白くないと感じる人が多いようです。

また、三人の元夫たちが三人だけで集まって会議をするシーンがありますが「現実にはありえない」という声も上がっていました。

ナレーションに違和感がある?

ドラマのナレーションと言うと冒頭や最後に少し入るものが多いですが、
『大豆田とわ子』はナレーションがとても多く
主人公のセリフと同じくらいかそれ以上ではないかと感じてしまうほどです。

ナレーションの多さで物語に入り込めず、違和感を感じてしまう点が
面白くないと感じてしまうポイントになっているようです。

配役ミス?

三人の元夫は八作(松田龍平さん)、鹿太郎(角田晃広さん)、慎森(岡田将生さん)というキャストです。

歳の差婚も珍しくはありませんが、3度目の結婚で岡田さんとは12歳差。

一見夫婦だったようには見えず、
あまりにも配役のバラつきがありすぎる
と感じてしまう人が多いようです。

またジャニーズアイドルなどもおらず、
キャストの年齢層も高めなので
若い人にはあまり興味が向かないのかもしれません。

内容、コンセプトがわからない?

とわ子は離婚はしたけれど幸せを掴みたいと日々の生活を送っていますが、
3人の中の誰かとヨリを戻したいのか・新たな人を見つけて再婚したいのか
など具体的な目標に向けて動いている様子はありません。

見る側としてはとわ子はどうしたいのか、
このドラマが何を伝えたいのかが今の時点ではわからず、
話の面白さがわかりにくいようです。

展開がベタすぎる

転んだときに手を差し伸べてくれたのは元夫。

元夫が女性といるところに遭遇してしまう。

穴に落ちてしまい服が泥だらけになる。

など、ベタなシーンが多く少し古いと感じてしまう人もいるようです。

シュールなやり取りが微妙

他のドラマと違いBGMも少ない中、小さくつぶやくようなセリフのやり取りが淡々と物語を進めています。

このシュールな演出が面白いと感じる人もいれば、
苦手だと思う人もいるようです。

これは好みの問題でもありますね。

主役が可愛そう

バツ3になってもなお幸せを諦めきないとわ子の姿に「見ていて辛い」という声もあります。

最後はハッピーエンドかもしれませんが、
何話も報われない話が続くと離脱してしまう人も多いようです。

スポンサーリンク

大豆田とわ子と三人の元夫が面白いという口コミは?

面白いという声もたくさんあります!

松さんの歌声が聞けたり、個性豊かな登場人物が面白いところが良いという声がありました!

 

カルテットの脚本も手掛けた坂本裕二さんと松さんの再タッグに喜ぶ声も多くありました!

 

離婚や人間関係がテーマなので、心に刺さる言葉がたくさんある大人のドラマですね。


https://item.rakuten.co.jp/rshopfujitv/27990/

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

・大豆田とわ子と三人の元夫の視聴率は?
・大豆田とわ子と三人の元夫が面白くない!つまらない!その理由は?
・大豆田とわ子と三人の元夫が面白いという口コミは?

について調査してきましたがいかがでしたか?

淡々と日常を描く大人のドラマなので好きな人は好きなドラマなのではないでしょうか。

第2話では岡田さんの天邪鬼な役が反響を呼んでいるので、
これから視聴率や人気が上がるかもしれませんね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました