湯浅京己投手の球速、球種、フォームは?成績も調査!

プロ野球
スポンサーリンク

開幕から熱い戦いが続くプロ野球の中で、
今年特に注目されるのが新人選手の活躍です。

その中でも、特に注目なのは阪神の湯浅京己投手です。

高卒2年目でプロ入りを果たすも怪我に悩まされた湯浅投手はその壁を乗り越え、今年の活躍が注目されます。

そこで今回は

・湯浅京己投手のプロフィールと経歴は?
・湯浅京己投手の球速は?
・湯浅京己投手の球種は?
・湯浅京己投手の投球フォームは?
・湯浅京己投手の今シーズンの成績は?
・湯浅京己投手のこれまでのプロ野球成績は?
・湯浅京己投手のBCL富山時代の成績は?
・湯浅京己投手の聖光学院高校時代の成績は?
・湯浅京己投手のまとめ

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

湯浅京己投手のプロフィールと経歴は?

名前:湯浅京己(ゆあさ・あつき)
生年月日:1999年7月17日生
出身地:三重県尾鷲市
身長:183cm
体重:81kg
投打:右投右打
ポジション:投手
経歴:聖光学院高校-富山GRNサンダーバーズ
 
父が野球経験者という事もあり、
幼いころから野球をやりたいと志していた湯浅投手ですが、
体の成長のことを考えて小4まで父に野球を止められていたようです。

そして念願かない地元の少年団に入団すると、その才能を開花させていきました。

高校時代には親元を離れて強豪の聖光学院高校への入学を決意しましたが、
入学直後成長痛による激痛に悩まされるようになりました。

歩くことさえままならなかったと語るほどの激痛に襲われ、
大好きな野球から離れざるを得ない状況となりました。

一時は選手ではなく、マネージャーとして野球に携わるという悔しさを経験しながらも、
復帰のための準備を怠ることなく続け、2年の秋にはとうとう投手として復活しました。

甲子園への出場は果たせなかったものの、145キロのストレートを投げるほどに成長し、
卒業後は大学進学の道もありましたが、1年間野球が出来なかった悔しさから、
野球だけに集中したいと独立リーグへの道を歩みました。

決して順風満帆の野球人生とは言えませんが、
努力と忍耐力でついに阪神で支配下登録をつかみ取りました。

スポンサーリンク

湯浅京己投手の球速は?

湯浅投手最大の武器ともいえるストレートの最速は153キロを記録します。

球速は独立リーグの富山時代に大きく成長することになり、
今の躍動感あるフォームも富山時代に磨きをかけたようです。

スポンサーリンク

湯浅京己投手の球種は?

現在の湯浅投手が投げる主な球種は以下の通りです。

・ストレート
・スライダー
・カーブ
・フォーク
・スプリット
・カットボール

一番の武器であるストレートはもちろん、
ブレーキの利いた変化球を投げられるのも特徴です。

まだまだ粗さはあるもののフォークやスライダーも
十分に空振りを取れるボールであり、相手打者に的を絞らせていません。

スポンサーリンク

湯浅京己投手の投球フォームは?

湯浅投手はとにかく躍動感のある投球フォームをしています。

気持ちを前面に押し出した投球には気迫が込められており、
阪神の絶対的守護神であった藤川球児投手を彷彿とさせる語る解説者もいます。

スポンサーリンク

湯浅京己投手の今シーズンの成績は?

3月26日 VSヤクルト 1回 被安打0 奪三振1 自責点0
3月29日 VS広島   0回 被安打1 奪三振0 自責点0
4月2日 VS巨人    1回 被安打0 奪三振1 自責点0
4月6日 VS DeNA  1回 被安打1 奪三振1 自責点0
4月8日 VS広島    2回 被安打0 奪三振1 自責点0
4月10日 VS広島   1回 被安打1 奪三振1 自責点0

スポンサーリンク

湯浅京己投手のこれまでのプロ野球成績は?

 2021 3登板 0勝0敗 0ホールド 0セーブ 防御率18.0

スポンサーリンク

湯浅京己投手のBCL富山時代の成績は?

2018  13登板 3勝7敗 自責点47 防御率5.72

入団した春先には投球フォームの修正や基礎体力をつけるために
実戦登板から離れてトレーニングをしていました。

この時からプロ入りを目指した
基礎作りに取り組んでいた事が分かります。

5月からはリーグ戦への登板を続け、上記のような成績を上げました。

スポンサーリンク

湯浅京己投手の聖光学院高校時代の成績は?

聖光学院高校に入学してからは成長痛に悩まされ、
1年間はほぼ野球をプレーすることが出来ませんでした。

しかし、その中でもトレーニングを怠らなかったり、
マネージャー業をやりながら野球を徹底的に研究し、
プロでも通用する野球脳を養っていきました。

2年生の秋に投手といて復帰してからは、
快投を見せて3年生ではエースとして県大会決勝にも登板しました。

145キロの剛速球を披露するなど甲子園での活躍も期待されていましたが、
特に投手層の厚い年でもあったため経験不足も含め、
甲子園はベンチ外となりました。

かなりの悔しさを感じたものの、
その反骨心が今のプロでの活躍に繋がっているのかもしれません。

スポンサーリンク

湯浅京己投手のまとめ

ここまで

・湯浅京己投手のプロフィールと経歴は?
・湯浅京己投手の球速は?
・湯浅京己投手の球種は?
・湯浅京己投手の投球フォームは?
・湯浅京己投手の今シーズンの成績は?
・湯浅京己投手のこれまでのプロ野球成績は?
・湯浅京己投手のBCL富山時代の成績は?
・湯浅京己投手の聖光学院高校時代の成績は?

について紹介させていただきました。

多くの挫折をするごとに強くなり、
努力で夢の舞台への切符を手に入れた湯浅投手は、
今年の阪神のカギを握る投手となるでしょう。

中継ぎ、守護神不足に悩む阪神にとって救世主になること出来るのか注目が集まります。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました