西武ライオンズの先発ローテーション予想2022!注目の開幕投手はだれ?

プロ野球
スポンサーリンク

昨年は、42年ぶりの最下位に沈んだ西武ですが、
山賊打線とも呼ばれる強力打線と投手が噛み合えば
リーグを制覇できるだけの力を持っています。

そこで今回は

・西武ライオンズ2021の先発ローテーションと成績
・西武ライオンズ2022の先発ローテーション予想
・西武ライオンズ2022の開幕投手は?  
・西武ライオンズ2022の中継ぎ投手予想は?
・西武ライオンズ2022の抑え投手予想は?
・西武ライオンズの先発ローテーション予想2022・まとめ

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2021の先発ローテーションと成績

高橋光成
11勝9敗 防御率3.78

今井達也
8勝8敗 防御率3.30

浜屋将太
1勝6敗 防御率6.63

平井克典
4勝4敗 防御率4.22

松本航
10勝8敗 防御率3.79

スポンサーリンク

西武ライオンズ2022の先発ローテーション予想

先発ローテーション当確投手は?

高橋光成
2年連続の開幕投手に決まった高橋投手は今年も一年間先発ローテでの活躍が期待されます。オープン戦でも持ち味の粘り強い投球を見せており、調子を上げています。オフにはフォームの改良などに取り組んでおり、さらなる成長が期待されます。

隅田知一郎
ドラフト最注目左腕として、他球団との競合の末西武加入が決まった隅田投手にも注目が集まります。ルーキーながらオープン戦で防御率1.80の素晴らしい投球を見せており、一年間を通してどれだけ活躍を見せられるのか注目です。

渡邊勇太朗
初の開幕一軍をつかみ取った渡邊投手は開幕カードでの投球が決まっているようです。チームの先輩である内海投手に指導を仰ぎ、大きく成長した姿を見せている今シーズンは注目でしょう。

與座
昨年は15試合に投球し防御率2.79の好成績を残した與座投手は開幕ローテ入りがほぼ確実でしょう。アンダースローという特徴的なフォームから投げられるボールは相手打者に的を絞らせず、アウトを重ねていきます。昨年以上の活躍を見せることが出来るのか注目です。

先発ローテーション候補投手は?

今井達也
8勝を挙げた昨年から素晴らしいピッチングを続け、今年も開幕ローテ入りが確実視されていた今井選手ですが、開幕直前で肘の炎症が確認され、登板を回避しました。特別深刻な状態ではなさそうですが、開幕ローテ入りは厳しいかもしれないと監督は語っています。

松本航
昨年は、先発と中継ぎの併用でしたが、今年は先発起用が増えそうなのが松本投手です。オープン戦でも順調な調整を続けており、監督からの信頼も得ています。昨年課題になった被本塁打と四球の数を減らせるかどうかがポイントです。

エンス
今年の新加入外国人であるエンス投手はオープン戦で、上々のピッチングを見せました。力のあるストレートと落差のあるチェンジアップで三振を取れるピッチャーであり、活躍の期待は高まっています。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2022の開幕投手は?


  
高橋光成

西武の開幕投手は2年連続で高橋投手に決定しています。

チームのエースとして真価が問われる今シーズンとなりますが、
昨年の課題であった被本塁打の数をいかに減らせるかが活躍のカギとなります。

今年は投手陣を、そしてチームを支えるピッチングを期待したいです。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2022の中継ぎ投手予想は?

増田達至
経験十分の増田投手は今年も中継ぎの柱となるでしょう。昨年は本来のピッチングとは言えず、プロ入り最少の33登板にとどまったため、今年こそ一年間一軍を守り抜いて活躍してほしいです。

森脇亮介
開幕一軍は逃したものの、必ず今後チームに必要な存在となるのが森脇投手です。ここ2年間勝ちパターンでの投球が多く、森脇投手の出来がチームの勝敗に大きく影響を与えるという状況であるため、一刻も早く調整を進めて一軍復帰を果たしたいところです。

十亀剣
十亀投手は以前までは先発起用が続いていましたが、近年は中継ぎでマウンドに上がっています。ここ数年は少し安定感の欠けるピッチングが目立ちますが、西武一筋のベテランの経験は必ずチームに必要なものとなるでしょう。

武隈祥太
昨年は40試合以上に登板し、キャリアハイの防御率1.76と素晴らしい活躍を見せた武隈投手ですが、怪我の影響で開幕一軍を逃しています。しかし、シーズン途中からでも合流して素晴らしい投球を見せられるだけの力を持っていますので、期待したいです。

宮川哲
19年のドラフト一位である宮川投手は、昨年こそ満足のいく活躍とはいきませんでしたが、ここまでオープン戦では安定感のある投球を見せています。フォームの改良などにも取り組んでおり、着実に成長を見せていますので期待がかかります。

佐藤隼輔
ドラフト2位ルーキーの佐藤投手は、先発ローテ入りの可能性もありましたが、中継ぎで開幕を迎えるようです。力のあるストレートとキレのあるスライダーを武器にオープン戦でも素晴らしい投球を見せているため、シーズンでも期待が高まります。

スポンサーリンク

西武ライオンズ2022の抑え投手予想は?

平良海馬

昨年、38試合連続無失点の記録を打ち立てるなど素晴らしいピッチングを見せた平良投手が今年も守護神となるでしょう。オフに受けた手術の影響があり、開幕一軍からは外れるという報道もありますが、シーズン序盤には復帰するでしょう。未来のある投手であり、無理はさせられませんが、一刻も早く投げられることを願いたいです。

スポンサーリンク

西武ライオンズの先発ローテーション予想2022・まとめ

ここまで

・西武ライオンズ2021の先発ローテーションと成績
・西武ライオンズ2022の先発ローテーション予想
・西武ライオンズ2022の開幕投手は?  
・西武ライオンズ2022の中継ぎ投手予想は?
・西武ライオンズ2022の抑え投手予想は?

について紹介させていただきました。

オープン戦では好調の投手陣ですので、この調子をシーズンまで維持し、
リーグ優勝まで突き進むことが出来るのか注目です。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました