横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション予想2022!注目の開幕投手はだれ?

プロ野球
スポンサーリンク

昨年は序盤の失速が響き、リーグ最下位に沈んだベイスターズですが、
攻撃力は球界一のものを持っているため、投手力の向上が勝利のカギを握りそうです。

そこで今回は

・横浜DeNAベイスターズ2021の先発ローテーションと成績
・横浜DeNAベイスターズ2022の先発ローテーション予想
・横浜DeNAベイスターズ2022の開幕投手は?  
・横浜DeNAベイスターズ2022の中継ぎ投手予想は?
・横浜DeNAベイスターズ2022の抑え投手予想は?
・横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション予想2022・まとめ

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2021の先発ローテーションと成績

大貫晋一
6勝7敗 防御率4.34

今永昇太
5勝5敗 防御率3.08

上茶谷大河
1勝3敗 防御率7.15

坂本裕哉
4勝6敗 防御率5.25

濱口遥大
5勝7敗 防御率3.94

ロメロ
5勝3敗 防御率3.01

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2022の先発ローテーション予想

先発ローテーション当確投手は?

東克樹
ルーキーイヤーに11勝を挙げたものの、その後怪我でトミージョン手術を受けた東投手は完全復活のシーズンを誓っています。初の開幕投手も決まっており、昨年2桁勝利0のチームの先発陣の救世主となってくれることに期待がかかります。

石田健大
昨年は中継ぎでの登板機会が多かったものの、今年は先発での活躍を石田投手に監督は期待しているようです。オープン戦でもテンポの良い投球を見せており監督からの信頼も獲得しています。先発として1シーズン投げ切ることが出来るのか注目です。

濱口遥大
昨年は開幕投手を務めたものの、初勝利は6登板目とスタートダッシュに失敗した印象のある濱口投手はオープン戦での仕上がりは非常に良さそうです。ストレートとチェンジアップをうまく使いながら粘り強いピッチングを見せることが出来れば、2桁勝利を挙げられるだけのポテンシャルを持っているため注目です。

大貫普一
昨年チーム最多の6勝を挙げた大貫投手ですが、そのポテンシャルを考えれば10勝以上を期待したいところです。オープン戦では順調な仕上がりを見せておりその期待度は高まっています。さらに磨きのかかった決め球のスプリットにも注目です。
 

先発ローテーション候補投手は?

坂本裕哉
昨年は先発ローテ入りを果たしたものの、長いイニングを投げ切れなかった印象のある坂本投手ですが、今年はオープン戦でアピールを続けています。多彩な変化球と伸びのあるストレートを武器に今年は多くの勝ち星を挙げてほしいです。

今永昇太
横浜を代表するエースである今永投手ですが、ここ数年は怪我に悩まされている印象があります。今シーズンもオフで故障し、開幕には間に合わないと報道されました。チームには欠かせない選手であるため一刻も早い復帰が待たれます。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2022の開幕投手は?


  
東克樹

東投手が初の開幕投手に任命されました。

トミージョン手術を乗り越えたエースは
プレッシャーのかかる初の大役を全うすることが出来るのか注目が集まっています。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2022の中継ぎ投手予想は?

クリスキー
今年の新加入外国人選手であるクリスキー投手は中継ぎの柱となる活躍が期待されています。まだまだ未知数な部分も多いため、慎重な起用となると予想されますが、適応次第では勝ちパターン、または抑えとしての起用も増えるのではないかと思います。

入江大生
昨年はルーキーとして先発を果たしましたが、今年は中継ぎ転向を決めたようです。力のあるストレートを武器にオープン戦でも上々な仕上がりを見せているため、シーズンでも注目が集まります。

エスコバー
日本で6年目のシーズンを迎えるエスコバー投手ですが、オープン戦の仕上がりを見る限りまだまだ調整が必要という印象を受けます。監督も少し不安を語っており、開幕から起用されるのか微妙な場面でありますが、チームには不可欠な選手であるため一刻も早い復帰が待たれます。

三上朋也
昨年はチーム最年長投手ながら40登板を達成し、タフな一面を見せた三上投手ですが、新球種の習得にも意欲を見せるなど衰え知らずの探求心をもった投手です。今年もその経験値でチームを支えてほしいです。

砂田毅樹
昨年は58登板を果たし、リーグ屈指のリリーバーとしての活躍を見せた砂田投手は今年も期待が高まっています。課題とされていた右打者への対策にも取り組んでおり、スキのない投手へと近づいています。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズ2022の抑え投手予想は?

山崎康晃
三嶋一輝

三浦監督は開幕前に今シーズンはダブルストッパー制を導入することを明かしました。

ここ数シーズン安定感を欠く、山崎投手と三嶋投手ですが12回延長が再開した今シーズンこそ復活が期待されます。相手との相性を見ながら、また2人の調子を見ながらの起用が続くでしょう。

スポンサーリンク

横浜DeNAベイスターズの先発ローテーション予想2022・まとめ

ここまで

・横浜DeNAベイスターズ2021の先発ローテーションと成績
・横浜DeNAベイスターズ2022の先発ローテーション予想
・横浜DeNAベイスターズ2022の開幕投手は?  
・横浜DeNAベイスターズ2022の中継ぎ投手予想は?
・横浜DeNAベイスターズ2022の抑え投手予想は?

について紹介させていただきました。

昨年は投手陣がウィークポイントとなっていたベイスターズですが、
オープン戦3位と好調で、その調子のままシーズンを送ることが出来たら
悲願のリーグ優勝も見えてくるのではないでしょうか。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました