楽天イーグルス・ドラフト1位指名予想2022!結果速報

プロ野球
スポンサーリンク

今年もドラフト会議の季節がやってまいりました。
2022年の楽天イーグルスは4位でした。夏場以降に急激に失速し、最終的に借金2の4位でシーズンを終えることになりました。

石井一久GM兼監督が積極的な補強でチーム強化を図っていますが、ドラフト1位指名に掛ける思いは強いものがあるでしょう。

そこで今回は

・楽天イーグルス・ドラフト1位指名予想2022!
・楽天イーグルス・ドラフト1位指名2022!結果速報

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

楽天イーグルス・ドラフト1位指名予想2022!

矢澤宏太

高校時代は甲子園未出場ながら、日本体育大進学後に真価を発揮した矢澤宏太。プロ入り後は先発ローテーション候補になるとされているが、東北楽天の先発陣はメジャー帰りの田中将大、則本昂大、辛島航、早川隆久などが揃っているが、安定した成績を残しているとは言い切れない状況。このほかにも若手投手を中心に先発ローテーション入りを狙っているが、核となる絶対的エースの存在は必要不可欠。大学トップクラスの矢澤宏太が入団すれば、長い間は彼がエースとなり得るポテンシャルは持っている。

松尾汐恩

楽天は今年、本当に惜しいところまで行っているが、優勝できないと思っている。課題は明確。キャッチャーがいないというところだ。楽天のキャッチャーで正捕手といえば嶋だったが、彼もどちらかというとオフェンス面ではなく、ディフェンス面を期待されて出場していた。その嶋よりもっと打率が低く、ディフェンス面の能力も低いキャッチャー陣ではとてもでないが優勝はできない。太田などもはやレギュラーとして使う選手ではないので、大阪桐蔭松尾くんに期待して、将来は主軸を打ってほしい。

浅野翔吾

浅野翔吾選手がドラフト1位で指名されそうな理由は、2015年以降から楽天イーグルスでは、投手ではなく野手の上位指名が増えており、特に高校生を中心に上位指名をしている傾向から、今ドラフトにおける高校生ナンバーワン野手である浅野選手が指名される可能性が高いと考えます。高松商出身の浅野選手は、高校通算67本塁打を放った両打ちのスラッガーで、身長170cm、体重86kgの小柄でどっしりとした体格ながらも、50m5秒9の走力や、遠投110mの身体能力を誇り、石井一久監督からも直々に評価されていることから、イーグルスの未来のリードオフマンとして大きな期待ができる選手です。

曽谷龍平

楽天は先発投手陣は充実しているものの、やや高齢化していて、また右投手が中心で左腕投手で計算できるのは早川投手くらいで、そういう意味では、大学野球屈指のサンスポーで早川とはボールの出どころが全然違う投手でコントロールも抜群なので、早川投手と切磋琢磨して両方の投手が生きてくるではないかと思いますので、競合覚悟で指名するのではないかと思いました。

山田陽斗

投手としての指名を予想します。起用法は分かりませんが楽天はチームの顔、柱となる投手がいました。甲子園大会での観衆を魅了できる、大舞台への強さがある、スター性を感じる山田選手は指名に動くのではないでしょうか。実際のところ今シーズンの楽天は先発投手の頭数はリーグ屈指の力があるが、中継ぎ陣の力不足で接戦を落としてきた印象を感じます。直球に勢いのある投手であり、フォーム、メンタル面で完成形に近いことも指名を後押しするかと思います。

金村尚真

金村尚真投手(富士大学)直近の報道で石井GMが注目し競合を避けて、又、地元重視の意味もあり単独指名の可能性が浮上しました。田中投手に継ぐ投手力の補強がチームの課題です。金村は176cm、右投げで、MAX150kmで、北東北大学リーグで3年春に完全試合を達成し通算25勝の成績です。楽天はじめ10球団がAランク評価で、ストレートの他、カーブ、カット、フォークを投げ、リーグ通算21勝4敗、通算防御率0。97,奪三振率9.77,四死球率0.97と制球力がよく、三振が取れる投手です。

蛭間拓哉

楽天は外野守として蛭間拓哉選手を取ると考えます。楽天は外野守として島内選手、辰巳選手がメインの中で、島内選手は年が若く無いと言うこともあり、若手の選手がレギュラー争いに入って行かない中で、蛭間選手は高校時代も浦和学院のキャプテンとして甲子園出場、大学も早稲田大学で申し分ない経験と魅力、実績があります。蛭間拓哉選手は大型ルーキーとして一年目からレギュラー争いに参加し、レギュラーを勝ち取ると思います。

吉村貢司郎

楽天は先発投手の補強が最優先だと思います。田中・涌井・岸と有名な先発投手がいますが、田中選手は34歳で今シーズンも9勝と全盛期と比べると成績が落ちてきています。涌井・岸選手も年齢的にはかなり厳しく先発ローテーションを来シーズン以降も守れる可能性はかなり低いです。また現在チームトップの勝数の則本選手も32歳とベテランの域にはいています。なので、即戦力投手で今回のドラフト社会人No.1投手と言われている吉村選手を1位指名するのではと思います。最速153キロで変化量の多いフォークとスライダーがあり、制球はあまり良くない印象ですがある程度試合を作れてローテーションを守れるのではないかと思います。

スポンサーリンク

楽天イーグルス・ドラフト1位指名2022!結果速報

順位名前所属守備投打
1位荘司康誠立大投手右右
2位小孫竜二鷺宮製作所投手右右
3位渡辺翔太九産大投手右右
4位伊藤茉央東農大北海道オホーツク投手右左
5位平良竜哉NTT西日本内野右右
6位林優樹西濃運輸投手左左
スポンサーリンク

楽天イーグルス・ドラフト1位指名予想2022!まとめ

ここまでで

・楽天イーグルス・ドラフト1位指名予想2022!
・楽天イーグルス・ドラフト1位指名2022!結果速報

について紹介してきました。

今年のドラフトでは現有戦力を底上げしつつ、将来のチームの柱となる選手を指名していくことでしょう。
石井監督がドラフト1位で誰を指名するのか、10月20日のドラフト会議に注目していきましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました