石田隼都(東海大相模)の出身中学や成績は?進路やドラフト候補まで徹底調査

高校野球
スポンサーリンク

センバツ第2回戦が終了し、東海大相模が鳥取城北を破り、準々決勝に駒を進めました

東海大相模の注目は、エースの石田隼都選手

高速テンポ投法で打者を抑え、秋季大会やセンバツ第2回戦において
相手校の投手と好投を投げ合って激闘を繰り広げました。

また、石田選手は、ドラフト候補としても名が挙がっています。

今回は、そんな石田選手について詳しく調べ、
準々決勝の前にお伝えしていきたいと思います。

・石田隼都(東海大相模)のプロフィールや出身地は?
・石田隼都(東海大相模)の出身小学校や成績は?
・石田隼都(東海大相模)の出身中学や成績は?
・石田隼都(東海大相模)の高校時代の成績は?
・石田隼都(東海大相模)の球速は?
・石田隼都(東海大相模)の球種は?
・石田隼都(東海大相模)の高速テンポフォームは?
・石田隼都(東海大相模)の進路は?ドラフト候補?
 

記事の後半には、2011年センバツ優勝時の動画を掲載していますので
そちらも合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)のプロフィールや出身地は?

まずは、石田隼都選手のプロフィールから見ていきましょう。

生年月日:2003年4月5日

身長:183cm

体重:75kg

出身地:栃木県真岡市

ポジション:投手

投打:左左

50mタイム:6.5分

遠投:100m

東海大相模に進学した理由は、縦じまのユニホームへの憧れと
チームの方針である「自分で考えて行動する」という部分に惹かれたと言います。

ちなみに、ユニホームは、
2015年夏の甲子園で、当時エースの小笠原選手の姿を見て憧れたそうです。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の出身小学校や成績は?

石田隼都選手は、真岡市立真岡小学校に通いながら、
小学3年生の頃に真岡クラブで軟式野球を始めます。

真岡クラブとは、石田選手の父親が監督を務めていたチームでした。

石田隼都選手は、当時から投手としてプレーしており、
120km/hストレートを投げるまでの実力をもっていたそうです。

栃木県代表として全国大会に出場していた経歴もあり、12奪三振を記録しています。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の出身中学や成績は?スーパー中学生だった?

中学は、真岡市立真岡中学校

当時は、真岡ボーイズというクラブに加入していました。

この時は、球速はすでに140km/hを記録しており、
2年生の春からエースとして抜擢されています。

3年生では野茂ジャパンに選出されて、
アメリカ遠征を経験し、サンディエゴショーチームに7回無失点、10奪三振の好投を見せました。

また、東日本報知オールスター栃木県選抜にも選出されました。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の高校時代の成績は?

東海大相模に入学してすぐ、1年生からベンチ入り。

その年の関東大会は、準々決勝で先発を果たし、
5回を被安打4、奪三振6、失点1に抑え、チームの勝利に貢献しました。

同年、甲子園に出場した際にも、先発を務め、こちらも好投を見せた上に、
オリックスに2位指名された元謙太選手をノーヒットに抑えるといった好調を見せました。

そして、今年度の秋季大会では、48回2/3を登板し、55奪三振7失点に抑え、
東海大相模全体としては、打率.344、1試合平均得点7.9点。

投手力も防御率1.19、1試合平均失点1.2点、1試合平均失策数0.4個という高い総合力を果たすことができました。

センバツの第2回戦では、5回から石田選手が引き継ぎ、
相手の得点を許さず、東海大相模が獲得した1点を守り抜きました

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の球速は?

石田隼都選手の球速は、最速142km/hストレート

小学生のうちから120km/h、中学生ですでに140km/hを投げていたと言いますから、
投手としても才能があったのでしょうね。

きっと野球界の間では、名を馳せていたと思います。

高校1年生の夏季県大会では、142km/hに到達しています。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の球種は?

ストレートは、常時130台中盤から後半追い上げ140台へ。

その他は、110台から120前後のスライダー、120前後のチェンジアップ、110前後にカーブといった多彩な球種を持っています。

ストレートは、スライダー、チェンジアップを織り交ぜることができます。

スライダーは、鋭く落ち、高確率で空振りを誘い、
石田選手の投球は、速度だけではなく、「技術が素晴らしい」ということのようです。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の高速テンポフォームは?

石田隼都選手は、捕手からのボールを受け取ると、
間合いを持たせず、すぐさま投球ポジションに入ることで、
自分のペースに持ち込み、相手のペースを崩します。

また、その投球フォームの一連の流れが速いことで、
打者の打ちにくさを生んでいます。

スポンサーリンク

石田隼都(東海大相模)の進路は?ドラフト候補?

以前に、巨人、DeNA、ロッテのスカウト陣が視察に訪れ、
石田隼都選手のピッチングに評価を残しました。

身体がひと回り大きくなったことで、スピードが上がり、
また、ピッチングの組み立て方がうまくなったとのこと。

また、グラブや左手の使い方が涌井選手のようだと、
コントロールやタイミングの取り方に高評価を受けていました。

 

実際のドラフト関連の情報や進路に関しては、
情報が入り次第、追記していきますので、楽しみにしていてください。!

2011選抜優勝「東海大相模高校 貫いたアグレッシブベースボール」

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・石田隼都(東海大相模)のプロフィールや出身地は?
・石田隼都(東海大相模)の出身小学校や成績は?
・石田隼都(東海大相模)の出身中学や成績は?
・石田隼都(東海大相模)の高校時代の成績は?
・石田隼都(東海大相模)の球速は?
・石田隼都(東海大相模)の球種は?
・石田隼都(東海大相模)の高速テンポフォームは?
・石田隼都(東海大相模)の進路は?ドラフト候補?

について調査してきました。

東海大相模は、2019年春から県内公式戦では、負けがないとのことで、
かなりの強豪校であるとうかがえますね。

投打ともに総合力が高いですし、選抜高校野球も更なる激戦になっていきそうです。

石田隼都選手を筆頭に、相手の得点をきっちり抑え、次に繋げていってほしいですね。
そして、ドラフト候補・石田隼都選手の今後の活躍と進路に注目が集まります!

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました