早川隆久(早大)の出身中学や高校は?球速・球種・投球フォームまで徹底調査!

大学野球

2020年10月26日にプロ野球ドラフト会議が行われます。
多くのドラフト候補がいますが、早大の早川隆久投手は注目のドラフト1位候補です。

そこで今回は

・早川隆久の経歴やプロフィールは?
・早川隆久の出身中学と野球成績は?
・早川隆久の出身高校と野球成績は?
・早川隆久の大学時代の野球成績は?
・早川隆久投手の球速は?
・早川隆久投手の球種は?
・早川隆久投手の投球フォームは?

について調べてみました。

記事の後半には、早川隆久投手の投球動画を掲載しています。
こちらもぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

早川隆久の経歴やプロフィールは?

まずは早川隆久投手のプロフィールです。

生年月日:1998年7月6日(22歳)
出身:千葉県横芝光町
身長:179cm
体重:80kg
家族構成:父 母 姉2人
投球投打:左投げ左打ち 
ポジション:投手

小学校時代は1年生から上境SBCでソフトボールを始めました。
そして中学校に入ると共に軟式野球を始めたようです。

小学校の時から彼の野球人生の一歩が始まっていたみたいです!

スポンサーリンク

早川隆久の出身中学と野球成績は?

出身中学校は横芝中学校です。

中学校に入って軟式野球部に入り
一塁手兼任投手をしていました。

しかし中学3年生の時には肘を痛めてしまい、
あまり調子は良くなかったみたいです。

スポンサーリンク

早川隆久の出身高校と野球成績は?

出身高校は木更津総合高校です。

中学3年生の時に痛めた肘のせいで
一時的に外野手をしていたこともあります。

しかし高校に入ると背番号は1番を背負い、
甲子園には3度の出場、ベスト8という好成績を残しています。

また、侍ジャパンU-18にも選出されアジア制覇にも貢献しました。

しかし高校卒業時にはプロ志望届を出さずに、
自らのレベルアップをするために、進学を希望しました。

高校の時に注目されていたにも関わらず
レベルアップをするために進学を選ぶという挑戦は素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

早川隆久の大学時代の野球成績は?

大学は早稲田大学です。
現在は野球部の主将も務めています。

1年生の春からベンチ入りしリーグ戦に出場しています。
また早川投手は大学3年生の時も侍ジャパン大学生代表に選出されています。

大学通算成績(2020年春時点)は
46試合(172回2/3)を投げ、
8勝12敗、201奪三振、防御率3.08です。

それほど成績が良くない気がしますが
大学4年生、この2020年秋は3試合(26回2/3)を投げ3勝0敗。
そのうち2試合は完投、1試合は完封しています。

13奪三振、防御率0.34ととても良い状態です。

それで早川隆久投手は大学4年生になって急速に成長し
プロのスカウトに注目されるドラフト候補になったことがわかります。

でも高校生の時だけではなく、大学生でも、
侍ジャパンに選手されるということは、本物の実力があることの証明ですね。

スポンサーリンク

早川隆久投手の球速は?

球速は最速155キロで、
メジャーリーガーのダルビッシュ有投手がTwitterで反応したことにより、より一層注目されています。

プロ野球界でも150キロ台を投げれる選手はそう多くありません。

またコントロールにも優れていて、貴重な左腕として重宝されること間違いなしです。

スポンサーリンク

早川隆久投手の球種は?

球種は常時140キロ前後のキレのいいストレート。
120キロ〜130キロ台のスライダー、110キロ台のカーブ、130キロ台のチェンジアップ、130キロ台のツーシームと球種が豊富な投手です。

球種が豊富で、速い155キロのストレートがより良く活かせるので、これからの活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

早川隆久投手の投球フォームは?

投球フォームはヒジを柔らかく使った腕のふりです。

プロ野球のスカウトも肘の使い方がうまいと口を揃えるほどで、
左投手ナンバーワンとの呼び声が高いです。

投手は肩や肘の柔軟さがとても大切です。

速い球を投げる選手は特に身体に負担がかかるので、
身体に気をつけて頑張ってほしいです。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・早川隆久の経歴やプロフィールは?
・早川隆久の出身中学と野球成績は?
・早川隆久の出身高校と野球成績は?
・早川隆久の大学時代の野球成績は?
・早川隆久投手の球速は?
・早川隆久投手の球種は?
・早川隆久投手の投球フォームは?

についてお伝えしてきました。
いかがだったでしょうか。

早川隆久投手は、投手として最速155キロを出すだけではなく、
球種も豊富で、制球力も抜群な投手です。

全てにおいてナンバーワン投手は、
ドラフトで最多6球団競合の可能性があります。

地元の球団である、千葉ロッテマリーンズはドラフト1位指名を公言しています。
どこの球団に行っても即戦力で、大活躍するでしょう。

個人的には千葉ロッテマリーンズに入団し、
早大の先輩である小島投手と共に一軍の戦力になり、
貴重な左腕として地元で輝いて欲しいと思います。
これからの飛躍も楽しみにしています。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました