中曽根康弘の自宅住所は?妻(嫁)や息子・孫は?大勲位って何?

ニュース

2019年11月29日、第71・72・73代内閣総理大臣を務めた中曽根康弘さんが亡くなりました。

享年は、101歳でした。

そこで、今回は、中曽根元総理について、

  • 中曽根康弘の自宅住所は?
  • 中曽根康弘の妻・息子・孫
  • 中曽根康弘が「大勲位」と呼ばれる訳

について、調査していきます。

また、この記事の後半には、中曽根康弘さんに関する動画を掲載しております。

ぜひ、合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

中曽根康弘の自宅住所は?

中曽根康弘

中曽根康弘(なかそね・やすひろ)さんは、1918年5月27日生まれ、群馬県高崎市出身の政治家です。

中曽根康弘さんの自宅は、東京都世田谷区上北沢にあります。

詳細な住所は不明です。

2016年7月までは、中曽根康弘にはSPが付き、自宅近辺にはポリスボックスもあったそうです。

スポンサーリンク

中曽根康弘の妻・息子・孫

自宅

中曽根康弘さんの家族について、見ていきたいと思います。

妻 中曽根蔦子(ツタコ・ナカソネ)

中曽根元首相のは、蔦子(つたこ)さんといいます。

1921年(大正10年)10月30日生まれで、明治大学教授・小林儀一郎さんの三女です。

蔦子さんは、東京都出身、日本女子大学国文科卒。

中曽根康弘さんとは1945年に結婚し、2012年11月7日に亡くなっています。
91歳、心筋梗塞のため死去しました。

蔦子さんは1983年のレーガン大統領夫妻来日の際に、
ファーストレディーとして『日の出山荘』で接遇し
中曽根首相時代の政治活動を支えていました。

息子 中曽根弘文(なかそねひろふみ)

中曽根康弘さんには、息子の長男・弘文(ひろふみ)さん、
長女・美智子さん、次女・美恵子さんの3人の子供がいます。

長男の息子の弘文さんは、1945年(昭和20年)11月28日生まれの74歳(2019年11月29日現在)です。

弘文さんは、1986年の初当選から参議院議員(自由民主党所属)を務めており、
麻生内閣の外務大臣、小渕内閣の文部大臣・科学技術庁長官なども務めています。

孫 中曽根康隆 (なかそねやすたか)

中曽根康弘さんのにあたる、弘文さんの長男は、康隆(やすたか)さんといい、
1982年(昭和57年)1月19日生まれの37歳(2019年11月現在)です。

現在、衆議院議員(自由民主党所属)一期目です。

スポンサーリンク

中曽根康弘が「大勲位」と呼ばれる訳

住所

中曽根康弘さんというと、「大勲位」と呼ばれることがありますね。

中曽根康弘さんは、何故、そのように呼ばれるのでしょうか?

そもそも「大勲位」とはどんなものなのか、というところから調べてみました。

大勲位とは、明治時代以降の栄典制度における最高位の勲章である「大勲位菊花章頸飾」および「大勲位菊花大綬章」の通称です。

中曽根康弘さんは、1997年4月29日、大勲位菊花大綬章を受章しました。

2018年当時、皇族の他に大勲位菊花大綬章に叙されている存命の人物が、中曽根康弘さんだけだったことから、大勲位が中曽根康弘さんの俗称となりました。

ちなみに、戦後、生存者叙勲の復活が閣議決定された直後には、「戦前の勲章の復活などは、今の憲法にふさわしくない」と語っていたそうです。

現憲法下で、皇族・外国人以外で大勲位菊花大綬章を生前受勲したのは、吉田茂さん、佐藤栄作さんに次いで3人目ということです。

また、中曽根康弘さんは、大日本帝国海軍の軍人だった時、海軍主計少佐として従六位に叙されています。

https://books.rakuten.co.jp/rb/14585116/
スポンサーリンク

まとめ

ここまで、中曽根康弘さんについて、

  • 中曽根康弘の自宅住所は?
  • 中曽根康弘の妻・息子・孫
  • 中曽根康弘が「大勲位」と呼ばれる訳

について、調査してきました。

いかがでしたか?

大正・昭和・平成・令和と4つの時代を生き、総理大臣を3期も務めた中曽根康弘さん。

晩年も、自宅で執筆活動をされていたといい、また週4回ほど「ご意見番」として通勤していたそうです。

長い間、お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました