善竹富太郎が敗血症で死去!経歴は?妻と子供は?

芸能

みなさんは、善竹富太郎さんをご存知ですか?
大蔵流の狂言師で、年齢は40歳、イケメン狂言師としても人気でした。

残念なことに、その善竹富太郎さんが亡くなられました。

そこで今回は、

・善竹富太郎はどんな人?気になる経歴
・善竹富太郎さんの死因、敗血症?
・善竹富太郎さんは結婚している?妻と子供は?

について調べていきます。

記事の後半には、デジタル狂言師と言われていた
善竹富太郎さんの動画を掲載しています。

ぜひ、こちらもご覧になってください。

スポンサーリンク

善竹富太郎はどんな人?気になる経歴

善竹富太郎さんは、東京都出身の1979年8月10日生まれ。
本名は茂山富太郎さん。

学習院大学卒業。

狂言会で初めて人間国宝に認定された 
故・善竹弥太郎を曾祖父に持ち、
由緒正しき家系で狂言に親しんで育ちました。
祖父は故善竹圭五郎。

父・善竹十郎に師事し、
5歳の時に初めて「靭猿(うつぼさる)」の子猿役として舞台を踏みました。

「狂言は心のサプリメント」という強い信念を持ち、
狂言の持つ魅力を一人でも多くの方に
身近に感じてもらおうと活動されていました。

特に、狂言という日本の伝統文化の継承と
人々に笑顔を届ける活動を積極的にされていました。

全国の幼稚園や小中高等学校で狂言を披露する他、
地域ワークショップを開催していました。

また、近年では「デジタル狂言師」として、
YOUTUBEにも狂言の面白さを伝える動画を挙げていました。
解説付きで分かりやすいと評判でした。

能楽堂での公演とは比べ物にならないほどの
収益しか得られないにもかかわらず、
このような活動に力を注いました。

富太郎さんは本当に狂言を愛し、
使命感と誇りをもって狂言師という職に
向き合っていたということが伺えますね。

スポンサーリンク

善竹富太郎さんの死因、敗血症?

そんな善竹富太郎さんが、
4月30日に新型コロナウイルス感染に伴う
敗血症で亡くなったという報道されました。

容体が悪化し、敗血症を引き起こしたそうです。

https://twitter.com/sara_kobayashi/status/1077087683241926658?s=20

敗血症とは、肺炎や腹膜炎、尿路感染症など
あらゆる感染症をきっかけに、
体中のさまざまな臓器の機能不全が現れる病態です。

新生児や高齢者が重症化しやすく、
重症化してしまうと、4人に1人が亡くなるといわれています。
(https://medicalnote.jp/contents/171110-001-YJより)

富太郎さんは、肺炎にかかった過去がありましたが、
最近は健康に生活を送っており、持病もなかったそうです。

40歳という年齢は、
都内での新型コロナウイルスによる
最年少の死亡例だそうで、

富太郎さんの死は狂言界、日本医学会、
を含む社会全体に大きな衝撃を与えました。

スポンサーリンク

善竹富太郎さんは結婚している?妻と子供は?

富太郎さんが、結婚されているかどうかなどの
プライベートな情報は公表されていません。

お葬式は、親族のみで執り行うようです。

父親の十郎さんが喪主を務められると発表しています。
また、後日お別れ会を開くもようです。

ご家族の情報が何か得られたら追記していきます。

善竹富太郎
作成した動画を友だち、家族、世界中の人たちと共有
スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・善竹富太郎はどんな人?気になる経歴
・善竹富太郎さんの死因、敗血症?
・善竹富太郎さんは結婚している?妻と子供は?

について調べてきました。

いかがでしたか?

大蔵流狂言師の善竹富太郎さんは、
新型コロナウイルス発症後に敗血症を併発し、
亡くなりました。

狂言の普及や狂言で社会を明るくしようと
精力的に活躍されていた富太郎さんの死は、
狂言界にとってはもちろん、日本社会の大きな損失であると言えます。

富太郎さんの死から、私たちも学んで、
新型コロナウイルスの感染を
これ以上広げないように努めていかなければならないと思います。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました