郷亜里砂の実家はどこ?妹や家族まで徹底調査

スキー
スポンサーリンク

2度目となる五輪出場を果たしたスピードスケートの郷亜里砂選手
結果は15位でしたが、素晴らしい走りを見せてくれましたね。

そこで今回は、

・郷亜里砂の実家はどこ?
・郷亜里砂にはかわいい妹がいる?
・郷亜里砂の家族構成は?
・郷亜里砂の経歴やプロフィールは?

について調査していきます。

また、この記事の後半では、
郷亜里砂選手に関する動画を掲載しております。
ぜひ、合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

郷亜里砂の実家はどこ?


郷亜里砂選手の実家はホテルを経営しています。
「別海パークホテル」という名前で、
19室の部屋と宴会場があるそうです。
別海地区では一番、大きいホテルで、
法事や結婚式もできるそうですよ。
スポーツ合宿の受け入れもしています。

ホテルというよりは旅館に近いみたいで、
口コミによると人情味のあるホテルなんだとか。
郷亜里砂選手のご家族が経営されていますが、
お客さんのことをとても大切にしているんでしょうね。

別海パークホテルの詳細

  • 住所/北海道野付郡別海町西春別駅前曙町1の11
  • 電話番号/0153-77-2016
  • ホームページ/こちらをクリック

スポンサーリンク

郷亜里砂にはかわいい妹がいる?


郷亜里砂選手の妹は2歳下で、
名前は「茉璃那」
現在はスケートを辞めていますが、
大学生の時までは一緒にスケートをしていました。

みなさんに茉璃那さんの画像を紹介したかったんですけど、
SNSはやってないみたいで見つかりませんでした。
郷亜里砂選手がとても可愛らしい顔立ちなので、
茉璃那さんも同じように可愛らしい人ではないかと思います。

スポンサーリンク

郷亜里砂の家族構成は?


郷亜里砂さんは5人家族で、
妹の他にお兄さんもいます。
専務として、
お父さんが経営しているホテルを手伝っているみたいですよ。

ホームページの方にお兄さんが担当する、
「専務のまあまあブログ」というのがあります。
その日あったことなどを書いているようですが、
残念ながら郷亜里砂選手のことは書いてないようですね。

ちなみに、お父さんは元スケート選手で、
小さい頃はお父さんが指導していたそうです。

スポンサーリンク

郷亜里砂の経歴やプロフィールは?


プロフィール

  • 生年月日/1987年12月12日
  • 出身/北海道別海町
  • 身長/160㎝
  • 体重/54㎏

郷亜里砂選手は遅咲きの選手で、
苦労人として知られています。
北京オリンピックの開会式では騎手を務めましたが、
そこに至るまでには様々な苦労がありました。

3歳からスケートを始め、
小学5年生のときにスピードスケートとショートトラックの両立に取り組みます。
自宅の前にスケートリンクがあったそうなので、
練習環境にはとても恵まれていました。

高校は親元を離れ、
白樺学園へ。
3年のときに出場したインターハイ女子500mで4位入賞を果たしますが、
それ以外は思うように成績を残せず。
一度はスケートの道を諦めますが、
お父さんに説得され山梨学院へ進学します。

小学生のとき、
試合に負けて泣いていた郷亜里砂選手。
お父さんはその姿を見て、
「この子は強くなる」と思ったそうです。
お父さんも選手だったので、
何か感じるものがあったんでしょう。
だからこそ、郷亜里砂選手にスケートを諦めて欲しくなかったんだと思います。

大学卒業後は実業団から声が掛からず、
山口県の強化選手などを務めました。
2014年に愛媛県の強化選手となり、
同時に「イヨテツスピードクラブ」に所属。

2017年から才能が開花し始め、
1月に行われた愛媛国体女子500mで優勝。
その後も好成績を残し、
2018年に平昌オリンピックに出場します。

その後、引退を決意。
指導者として歩み始めますが、
後輩たちの姿を見て再び現役に戻ることを決めます。

2020年の全日本選手権で優勝を手にし、
2度目となるオリンピック出場を果たしました。
平昌オリンピックでは8位でしたが、
今回は15位と残念な結果に。
でも郷亜里砂選手は、
「笑って終えられた」と語っていました。
順位も大事ですが、
自分の納得できる形で終われることが一番ですよね。
現役復帰を宣言してからここに来るまで、
いろいろと大変なこともあったと思います。
それでもやり切った郷亜里砂選手は素晴らしいですね。

スポンサーリンク

郷亜里砂のまとめ


さて、ここまで

・郷亜里砂の実家はどこ?
・郷亜里砂にはかわいい妹がいる?
・郷亜里砂の家族構成は?
・郷亜里砂の経歴やプロフィールは?

について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

まずはオリンピックを終えた郷亜里砂選手へ、
お疲れ様と言いたいですね。
このまま現役を続行するのかは分かりませんが、
これからも応援していきたいと思います。

スキー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました