明徳義塾高校野球部メンバー2021!出身中学やドラフト注目選手まで徹底調査

高校野球
スポンサーリンク

選抜高校野球大会に2年連続20回目の出場が決まっている明徳義塾高校

3月19日に春のセンバツ開幕を前に、
明徳義塾高校野球部について、詳しく調査していきたいと思います!

・明徳義塾高校野球部2021センバツ大会メンバー一覧
・明徳義塾高校野球部2021の秋季大会の成績
・明徳義塾高校野球部メンバー2021・出身中学
・明徳義塾高校野球部2021のドラフト注目選手
・明徳義塾高校野球部2021の監督は?
・明徳義塾高校の場所やキャンパスは?
・明徳義塾高校野球部は寮生活?
・明徳義塾高校出身のプロ野球選手は?
・明徳義塾高校野球部2021・センバツ高校野球日程、結果速報

について紹介していきます。

記事の後半には、「明徳義塾が2年ぶりの春のセンバツ高校野球出場へ」の動画を掲載していますので、
そちらも合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部2021センバツ大会メンバー一覧

明徳義塾高校野球部2021選抜高校野球ベンチ入りメンバー一覧です。

選手名学年出身中学
代木大和3年四国中央市立川之江南
加藤愛己3年八女市立黒木
岩城龍ノ介3年甲賀市立城山
池邉由伸2年佐賀市立昭栄
梅原雅斗3年明徳義塾
米崎薫暉3年豊中市立第十五中
髙松伸志3年京都市立大枝
森松幸亮3年松山市立雄新
山蔭一颯3年玉野市立宇野
畑中仁太3年明徳義塾
井上航輝2年富田林市立葛城
西川魁星3年西宮市立浜甲子園
矢野勢也2年朝倉市立南陵
江坂斗航3年佐賀市立城北
玉田大貴3年札幌市立新川
平尾歩暉3年福崎東
西岡颯3年山城
田中晴太2年たつの市立新宮
スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部2021の秋季大会の成績

明徳義塾高校は、春夏共に、20回ずつ甲子園に出場している強豪校です。

まず、高知県秋季大会の成績を見ていきましょう。

秋季高知県大会

2回戦 明徳義塾 6-0 高知商

準々決勝 明徳義塾 10-0 中村(5回コールド)

準決勝 明徳義塾 9-0 高知中央(7回コールド)

決勝 明徳義塾 1-1 高知(延長12回)

再決勝 明徳義塾 6-0 高知

⇒ 優勝 

秋季四国大会

準々決勝 明徳義塾 5-0 英明

準決勝 明徳義塾 9-2 鳴門(7回コールド)

決勝 明徳義塾 5-1 聖カタリナ

⇒ 優勝 

スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部メンバー2021・出身中学

では、ここで野球部メンバーをご紹介します。

センバツのベンチメンバーは、3月10日に発表となるので、
秋季四国大会の情報を参考にしています。ご了承ください。

選手名学年ポジション投打出身中学/所属チーム
代木大和2投手左左愛媛県四国中央市立川之江南/川之江ボーイズ
加藤愛己2捕手右右福岡県八女市立黒木/筑後リバーズ
岩城龍ノ介2内野手右左滋賀県甲賀市立城山/湖東リトルシニア
池邉由伸1内野手右左佐賀県佐賀市立昭栄/佐賀藤本BBC
梅原雅斗2内野手右右高知県明徳義塾
米崎薫暉2内野手右右大阪府豊中市立第十五/茨木ナニワボーイズ
森松幸亮2外野手左左愛媛県松山市立雄新/西条リトルシニア
井上航輝1外野手右右大阪府富田林市立葛城/河南リトルシニア
山蔭一颯2外野手右左岡山県玉野市立宇野/東岡山ボーイズ
髙松伸志2左左京都府京都市立大枝/高槻リトルシニア
畑中仁太2投手右右高知県明徳義塾
矢野勢也1投手右右福岡県朝倉市立南陵/球道ベースボールクラブ
辰己遊1右右大阪府八尾市立久宝寺/大阪八尾ボーイズ
西川魁星2内野手右右兵庫県西宮市立浜甲子園/大阪八尾ボーイズ
田中晴太1投手左左兵庫県たつの市立新宮/佐用スターズ
江坂斗航2捕手右右佐賀県佐賀市立城北/佐賀フィールドナイン
玉田大貴2外野手右右北海道札幌市立新川/北海ベアーズ
河村僚也1内野手右右愛媛県今治市立南/西条リトルシニア
安井大翔1内野手右左大阪府大阪市立摂陽/大阪八尾ボーイズ
古賀駿友2捕手右右愛知県犬山市立南部/春日井ボーイズ
スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部2021のドラフト注目選手

ここで、ドラフト候補として注目されている選手の紹介をしていきたいと思います。

米崎薫暉(よねざきくんが)

生年月日:2004年3月23日

身長:170cm

体重:70kg

父・薫臣さんは、元・プロ野球選手。
1988年にドラフト1位で当時の近鉄に入団し、その後阪神にも移籍しています。

その息子である薫暉選手も、さすが野球選手の遺伝子を引き継いでいるだけあり、
ドラフト候補として名が挙がっている程の注目ぶり!

高校1年生からショートとして、レギュラー入りを果たし、夏の甲子園に出場。
初戦から7打数1安打打点で好成績を残しました。

2年から主将として抜擢され、
秋季県大会、四国大会にて優勝に貢献しました。

米崎選手は、遠投115mの強肩の持ち主であり、
打撃のセンスも光る実力で話題となっています。

代木大和(しろきやまと)

生年月日:2003年9月8日

身長:184cm

体重:74kg

最速139km/hのストレートで、プロに注目されています。

他の球種として、スライダー、カーブ、カットボールを投げます。

高校1年時からベンチ入りし、監督からもお墨付きの実力を持ちます。

秋季県大会、四国大会の全8戦中7試合を1人で登板し、
62回10四死球54K、4完投4失点、防0.58の成績
を残しました。

特に、秋季四国大会決勝では、延長12回の193球を1人で投げ抜き、その体力と精神力に驚愕です。

→ 代木大和選手についての詳細はコチラから

スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部2021の監督は?

明徳義塾高校野球部の監督は、馬淵史郎監督です。

愛媛県三瓶高校の卒業後、拓殖大にて内野手として活躍。

大学卒業後は、松山物産や松山ガスで野球部部長を務め、
阿部企業に就職した際は、監督として社会人野球日本選手権大会で準優勝に導きました

明徳義塾高校に赴任したのは、1987年のこと。

野球部コーチを務めながら、高校社会科の教員免許取得し、1990年に監督に就任しました。

監督の描くチームとは、
ハイレベルの「投手力」「守備力」「走力」が揃うことであり、
それを基にした指導を行っています。

スポンサーリンク

明徳義塾高校の場所やキャンパスは?

明徳義塾高校は、高知県の自然豊かな場所に佇み、
キャンパスは、「堂ノ浦キャンパス」「竜キャンパス」とふたつに別れています。

堂ノ浦キャンパスは、
県立自然公園に指定された横浪半島に存在し、高校・中学の校舎、各部活のコートや道場、生徒と先生の寮があります。

〒785-0174 高知県須崎市浦ノ内下中山160

 

竜キャンパスは、
土佐市宇佐町の内海にあり、高校・中学の校舎、グラウンド、生徒の寮が配置されています。

〒781-1165 高知県土佐市 竜564

どちらのキャンパスの緑と海に囲まれていて、本当に環境が良さそうですね!

スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部は寮生活?

明徳義塾高校野球部は、「青雲寮」で共に生活しています。

〒785-0174 高知県須崎市浦ノ内下中山

その生活は、私たちには想像できないくらいの懸命な努力が垣間見えました。

起床時間は、午前6時半。
選手によっては午前5時から早朝練習に励んでいるそうです。

朝食は、午前7時過ぎで、ご飯は3杯、パンは6個がルール。
初めは完食できなかった選手たちも月日が過ぎ、簡単に平らげてしまう程になってしまうとか。

練習時間は、平日午後2時半~8時、休日午前9時~午後5時。
午後9時頃には選手たちがロビーに集まり、それぞれの郷里に向けて家族に感謝を表す夕礼が行われます。

夕礼から消灯の午後10時半までは、選手たちは個人トレーニングに励みます。

こうして、日々、努力に努力を重ねているからこその強豪校の名声なのですね。

選手たちの目線の先は、「とにかく勝つこと」と「将来の野球選手として活躍すること」なのかもしれません。

何かひとつのことに、これ程熱心になれ、
一生懸命になれる選手たちは素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

明徳義塾高校出身のプロ野球選手は?

では、そんな野球の強豪校である明徳義塾高校の卒業生には、
どんなプロ野球選手がいるのか気になりますよね。

徹底調査してみました!

・市川悠太(投手):2018年ドラフト3位 ヤクルト入団
・西浦颯太(外野手):2017年ドラフト6位 オリックス入団
・古賀優太(捕手):2016年ドラフト5位 ヤクルト入団
・石橋良太(投手):拓殖大卒業、ホンダ入社、2015年ドラフト5位 楽天入団
・北川倫太郎(外野手):2011年ドラフト5位 楽天入団
・松下建太(投手):早稲田大卒業、2009年ドラフト5位 西武入団
・中田亮二(内野手):亜細亜大卒業、2009年ドラフト3位 中日入団
・伊藤光(捕手):2007年 高校生ドラフト3位 オリックス入団
・吉川昌宏(投手):亜細亜大卒業、ローソン入社、2002年ドラフト8位 ヤクルト入団
・塩屋大輔(投手):亜細亜大中退、米独立リーグ進出、2002年ドラフト7位 オリックス入団
・筧裕次郎(内野手):2002年ドラフト3位 近鉄入団
・森岡良介(内野手):2002年ドラフト1位 中日入団
・宮崎一彰(内野手):法政大卒業、いすゞ自動車入社、米独立リーグ進出、1999年ドラフト7位 巨人入団
・高橋一正(投手):1998年ドラフト6位 ヤクルト入団
・寺本四郎(投手):1998年ドラフト4位 ロッテ入団
・津川力(外野手):1991年ドラフト4位 ヤクルト入団
・町田公二郎(外野手):専修大卒業、1991年ドラフト1位 広島入団
・水尾嘉孝(投手):福井工大卒業、1991年ドラフト1位 大洋入団
・中山大輔(投手):1989年ドラフト3位 日本ハム入団
・山崎尚史(投手):1988年ドラフト4位 オリックス入団
・山本誠(投手):1985年ドラフト2位 阪急入団
・横田真之(外野手):駒沢大卒業、1984年ドラフト4位 ロッテ入団
・河野博文(投手):駒沢大卒業、1984年ドラフト1位 日本ハム入団
・藤本茂喜(内野手):1982年ドラフト6位 巨人入団

スポンサーリンク

明徳義塾高校野球部2021・センバツ高校野球日程、結果速報

最後に、選抜高校野球大会の日程と結果をお知らせしていきます。

センバツ甲子園大会の結果速報

1回戦 3月19日(金) 明徳義塾(高知) vs 仙台育英(宮城)

結果に関しては、情報が入り次第、追記していきます。

スポンサーリンク

まとめ

ここまで、強豪校・明徳義塾高校についてご紹介してきました。

・明徳義塾高校野球部2021センバツ大会メンバー一覧
・明徳義塾高校野球部2021の秋季大会の成績
・明徳義塾高校野球部メンバー2021・出身中学
・明徳義塾高校野球部2021のドラフト注目選手
・明徳義塾高校野球部2021の監督は?
・明徳義塾高校の場所やキャンパスは?
・明徳義塾高校野球部は寮生活?
・明徳義塾高校出身のプロ野球選手は?
・明徳義塾高校野球部2021・センバツ高校野球日程、結果速報
 

明徳義塾高校の恵まれた環境と努力を惜しまない選手たちが、今回の調査でよく分かりました。
野球部の実績は、努力の結晶なのですね。

また、2月23日のセンバツ組み合わせ抽選会の日も近くなってきました。
組み合わせの運も、実力のうち。

頑張っている選手たちに、神様はほほえんでくれるといいですね。

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました