代木大和(明徳義塾)の出身中学や成績は?進路やドラフト候補まで徹底調査

高校野球

秋季大会を県大会、四国大会ともに優勝に導いた
明徳義塾高校の投手陣に注目が集まっています。

その明徳義塾高校の中で注目選手がエースの代木大和選手です。

野球部の監督も、ドラフト候補として認めている程、実力がトップレベル。

今回は、そんな代木大和選手について調べていきたいと思います。

・代木大和(明徳義塾)のプロフィールや出身地は?
・代木大和(明徳義塾)の父親は?
・代木大和(明徳義塾)の出身小学校や成績は?
・代木大和(明徳義塾)の出身中学や成績は?
・代木大和(明徳義塾)の高校時代の成績は?
・代木大和(明徳義塾)の球速は?
・代木大和(明徳義塾)のの球種は?
・代木大和(明徳義塾)のの投球フォームは?
・代木大和(明徳義塾)のの進路は?ドラフト候補?

について紹介していきます。

記事の後半には、明徳義塾と仙台育英の監督対談動画を掲載していますので、
そちらも合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)のプロフィールや出身地は?

まずは、代木大和選手のプロフィールを見ていきましょう。

生年月日:2003年9月8日

身長:184cm

体重:76kg

出身地:愛媛県四国中央市

ポジション:投手

投打:左左

50mタイム:6.2分

遠投:100m

 

代木大和選手の父親も、かつては野球選手だったそうで、
野球の才能が色濃く受け継がれたのでしょうね。

お父様も息子である大和選手の実力を認めていらっしゃいます。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の父親は?

そんな大和選手の父親は、代木謙太さん

愛媛県川之江高校で野球部の投手として活躍されており、
高校卒業後は亜細亜大で引き続き野球に励んでいました。

大学では、投手から野手に転向。

実はこの時、亜細亜大の野球部には元巨人の木佐貫洋選手、
元広島の永川勝浩選手などが同期として共にプレーしており、
投手の競合率が高く、野手に転向したのかと予測されます。

大学4年時は、大学選手権 明治神宮大会で優勝を果たしています。

当時の主将であった元中日の小山良男選手は、
お父様のことを「あいつが覚醒したらドラフト1位です」と、
実力に圧倒されていた過去を語っていました。

この時期って、松坂世代という程、すごい選手がたくさんいたらしいです!

その息子さんですから、父親の背中を見て野球選手に憧れたのでしょうね。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の出身小学校や成績は?

代木大和選手は、父親の影響でか、やはり野球を始める時期も早く、
小学1年生から軟式野球である金田少年野球クラブに所属しました。

当時は、外野手としてプレーしていました。

お父様が野手だったので、同じ道を進もうとしたのでしょうか。

小学校は、四国中央市立南小学校でした。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の出身中学や成績は?

中学は、地元の四国中央市立川之江南中学校に進学。

同時に川之江ボーイズで野球を継続し、この時に投手に転向します。

父親の最初のポジションが投手だったので、遺伝は争えないな・・・と思いますね。
また、自分の父親が果たせなかった投手としての夢を息子が受け継いだ感じもしますよね。

中学3年時は、エース・4番としても活躍し、チームに貢献していました。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の高校時代の成績は?

代木大和選手が明徳義塾高校に進学したのは、
野球部の馬淵監督に指導してもらいたかったからだと言います。

明確な理由は、わかりませんでしたが、
甲子園出場歴を数多く残している実績もひとつだったと思いますが、
それよりも監督自身の指導力が大きいかもしれません。

そのチーム体制である「投手を中心とした守りの野球」や選手に寄り添ってきた監督の人柄に感銘を受けたのだと私は思います。

では、代木大和選手の実績に話は移ります。

代木大和選手は、1年生からベンチ入りし、その年の四国大会1回戦で登板し、三振の成績を残します。

今秋の県大会では、1回戦、準々決勝、準決勝と3連続で完封勝利し、
決勝では、延長12回までの激闘の末、再試合が行われ、高知高校を6-0で完封しました。

秋季大会全体では、7試合62回を投げ、被安打42、奪三振54、与四死球12、失点4、防御率0.58を記録しました。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の球速は?

代木大和選手の最速は139km/hと、他校の投手と比較するとそれ程速い球ではありません。

しかし、何といってもコントロールが抜群で、投球数が少ないため、連投・完投が多いのが特徴です。

県大会の決勝相手・高知高校には、最速151km/hのスゴ腕 森木選手がおり、
戦いは激闘でしたが、最後には、明徳義塾高校が勝利。

球速ではなく制球が誇ったという結果になりました。

代木大和選手の球速は、高校1年生からだと言いますので、
以前から球速に頼らず、自分の技術で挑んでいたのでしょうね

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)の球種は?

最速139km/hのストレート、110km/h台のスライダー、100km/h台の緩いカーブ、カットボールが球種としてあります。

カットボールも、切れがあるようですが、やはり代木大和選手の持ち味は、ストレートです。
安定感抜群の投球に、今後も期待ですね!

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)のの投球フォームは?

代木大和選手の投球フォームは、
ノーワインドアップからタメて前傾し、重心を下げる。
クロス気味に左肘を柔らかく使い、腕を投げおろす。
といった投球フォームです。

確かに、長身でもあるので、足を大きく踏切り、
長い腕から振り下ろされるフォームですね。

中学3年生の時に、馬淵監督から指導を受けたことがあり、その通りに投げると今まで感じたことのない感覚を味わったようです。

ということは、高校からフォームの改善をしたのかもしれませんね。

スポンサーリンク

代木大和(明徳義塾)のの進路は?ドラフト候補?

最後に、代木選手の進路とドラフト候補の情報をお知らせしていきます。

間違いなく来年のドラフト候補です。

代木大和選手の進路希望はまだ公表されていません。
なお、情報は入手次第、追記していきますので、楽しみにしていてください。

<かく闘う・監督対談>明徳義塾×仙台育英 対策万全「1点勝負」の予感 選抜高校野球
スポンサーリンク

まとめ

ここまで、

・代木大和(明徳義塾)のプロフィールや出身地は?
・代木大和(明徳義塾)の父親は?
・代木大和(明徳義塾)の出身小学校や成績は?
・代木大和(明徳義塾)の出身中学や成績は?
・代木大和(明徳義塾)の高校時代の成績は?
・代木大和(明徳義塾)の球速は?
・代木大和(明徳義塾)のの球種は?
・代木大和(明徳義塾)のの投球フォームは?
・代木大和(明徳義塾)のの進路は?ドラフト候補?

について、ご紹介してきました。

代木大和選手の才能は、素晴らしいものを持っていましたね!

野球のDNAをしっかり受け継いだ代木選手は、
父親や監督の期待以上の活躍をしてくれると信じています!!

また、これから行われるセンバツでは、
レベルの高い投手陣、キーマンである打者に注目してみてください。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました