テームズ(巨人)のメジャーや韓国での成績は?打撃や守備の評価は?

プロ野球

2012年の日本シリーズ優勝を最後に
日本一に輝けていない巨人ですが
今季、新助っ人外国人選手4人が加わることが決まりました!!

今回は注目の新助っ人外国人選手4名の中の一人、
エリック・テームズ選手について

・テームズ(巨人)の経歴、プロフィールは?
・テームズ(巨人)メジャーの成績は?
・テームズ(巨人)韓国での成績は?
・テームズ(巨人)の来日はいつ?
・テームズ(巨人)の年俸は?
・テームズ(巨人)の打撃や守備の査定や評判は?

について調査してみましたのでご紹介します!!

記事の後半には、テームズ選手の打撃動画を掲載していますので、
こちらも合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)の経歴、プロフィールは?

【名前】エリック・アレン・テームズ
【生年月日】1986年11月10日
【出身地】カリフォルニア州サンタクララ
【身長】183cm
【体重】106kg
【投球・打席】右投・左打
【ポジション】一塁手、右翼手、左翼手
【経歴】 
2008年にMLBドラフトで指名されプロ入り    
2010年ハワード・ウェブスター賞を受賞
2011年タンパベイ・レイズ戦でメジャーデビュー
2012年シアトル・マリナーズへ移籍
2013年6月30日ボルチモア・オリオールズへ移籍
2013年9月5日ヒューストン・アストロズへ移籍(12月9日に自由契約となる)
2013年12月10日韓国プロ野球のNCダイノスと契約
2015年1年に2度サイクルヒットを記録
2015年8月28日KBO史上6人目の30本塁打・40盗塁達成、首位打者、MVPを受賞
2016年11月29日ミルウォーキー・ブルワーズと契約
2017年5年ぶりにMLB復帰、4月月間最多本塁打記録に並ぶ。
2019年10月31日にFAとなる
2020年1月8日にワシントン・ナショナルズと契約
2020年12月30日に読売ジャイアンツと契約
 

スポンサーリンク

テームズ(巨人)メジャーの成績は?

2008年にドラフト指名でブルージェイズに入団し
マイナーで結果を残し、2011年に怪我人の代わりとしてメジャーデビューを果たします。
持ち前の長打力を発揮し95試合12本塁打と成績をのこします。

その後、トレードでマリナーズへ移籍しますが
2013年6月と9月にふたたびトレードで移籍になり
約4か月後には事実上の戦力外通告を受けチームを去り、
メジャーではあまりいい成績だったとはいえないようです。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)韓国での成績は?

2013年の事実上戦力外通告を受けた直後、
テームズ選手に声をかけたのが韓国のNCダイノスです。

2014年には打率343・37本塁打・121打点、11盗塁を記録。

2015年には1年に2度のサイクルヒットを記録と、
まさに野球の「神」と呼ばれていました。

さらに2015年は数々の記録を並べMVPにも輝きます。

韓国での成績は絶好調!!

2017年には韓国で培った力を発揮するため
5年ぶりにメジャーの舞台にもどります。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)の来日はいつ?

2021年3月29日、巨人は新型コロナウイルスの影響で入国が制限されていた
外国人助っ人4選手が来日したと発表しています。

PCR検査も陰性だったため、
今後2週間の隔離期間をへてチームに合流する予定だそうです。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)の年俸は?

2021年、テームズ(巨人)選手の年俸は
推定1億2500万円といわれています。

メジャーで野球をしていた
2017年からの3年間の推定年俸総額は約16億円。

2020年のワシントン・ナショナルズでの年俸は約4憶2000万円だったので
かなり年俸が下がった印象があります。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)の打撃や守備の査定や評判は?

打撃は長距離型でパワーが非常にある選手です。

ミート力はあまりなく、
加齢と体形のため足はやや遅めになりつつあります。

近年はエラーが多めですが失策数、守備率は普通のため
打撃型、一塁手専門と総評されています。

スポンサーリンク

テームズ(巨人)の背番号は?

背番号は昨季、イスラエル・モタ選手がつけていた
「44」を予定しています。

スポンサーリンク

まとめ

    

ここまでで

・テームズ(巨人)の経歴、プロフィールは?
・テームズ(巨人)メジャーの成績は?
・テームズ(巨人)韓国での成績は?
・テームズ(巨人)の来日はいつ?
・テームズ(巨人)の年俸は?
・テームズ(巨人)の打撃や守備の査定や評判は?

について紹介してきました。

いかがだったでしょうか?

今回は、エリック・テームズ選手のプロフィールや
メジャーや韓国での経歴や成績をご紹介しました。

総評ではなかなかの酷評をされているテームズ選手ですが、
KBOでは現在もシーズン長打率とOPS記録の保持者です。

「野球の神」と称されていたころのように日本でも、
もちまえのパワー力でしっかり活躍し、結果を残してほしいですね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました