毛利海大(福岡大大濠)の出身中学や成績は?進路やドラフト候補まで徹底調査

高校野球
スポンサーリンク

コロナウイルスの影響で、2年振りの開催となったセンバツ高校野球大会。
4年振りベスト8に進んだ福岡大濠高校。

準々決勝で惜しくも東海大相模高校に敗れてしまいましたが、
大会屈指の左腕で九州が誇る奪三振王と呼ばれるエース、
毛利海大選手について調べてみました。

・毛利海大(福岡大大濠)のプロフィールや出身地は?
・毛利海大(福岡大大濠)の父親や母親は?
・毛利海大(福岡大大濠)の出身小学校や成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の中学や成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の高校時代の成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の球速は?
・毛利海大(福岡大大濠)の球種は?
・毛利海大(福岡大大濠)の投球フォームは?
・毛利海大(福岡大大濠)の進路は?ドラフト候補?

記事の後半には、毛利海大投手の投球動画を掲載していますので
こちらも合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)のプロフィール・出身地

まず毛利海大選手のプロフィールを紹介します。

名前:もうりかいと

生年月日:2003年9月14日

出身地:福岡県田川市

身長、体重:178cm、75kg

投打:左投左打

出身小学校:田川市立伊田小学校
(伊田レッドスター)

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の父親や母親は?

毛利海大選手の父親は毛利貴博さん。

お父さんも大学まで野球をしていました。

その影響で海大少年も小学校から
地元のチームに入り、軟式野球を始めました。

お父様の同級生に楽天に入った左腕の佐竹健太さんがおり、
それを見たお父様は佐竹さんのかっこよさに憧れ、
息子を左投左打にさせました。

そのため毛利海大選手は野球以外の日常生活では右利きだそうです。

母親に関しては記述がありませんが、
イケメンとしての評判が高いので、きっとご両親も美男美女だと思われます。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の出身小学校や成績は?

小学校は福岡県田川市立伊田小学校です。

2年生から地元の軟式野球チーム・伊田レッドスターに入団。

4年から投手になり、6年時には
ソフトバンクホークスジュニアに選出され、
ジュニアトーナメントで準優勝しました。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の中学や成績は?

出身中学は田川市立伊田中学校です。

しかし学校の野球部ではなく、
九州の強豪チーム・鷹羽ボーイズに入団します。

西日本大会で優勝し、世界大会にも出場。
準優勝という輝かしい成績をおさめます。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の高校時代の成績は?

福岡の強豪校・福岡大大濠高校に入学。

1年夏からベンチ入りし、昨秋の九州大会からエースナンバーを任されます。

決勝では長崎・大崎高校に1-5で敗れましたが、
今大会センバツではその大崎高校と1回戦で当たるという巡り合わせで、
今回は2-1と競り勝ちました。

2回戦では同じ九州・沖縄地区の具志川高校と対戦。

延長10回まで粘りのピッチングを見せ、8-4で勝利。
4年ぶりのベスト8進出に貢献しました。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の球速は?

最速140km/hのストレートで、
九州の奪三振王という異名を持つだけあり、
次々と打者をねじ伏せます。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の球種は?

球種は140km/hのストレート、
カーブ、チェンジアップ、ツーシームで
どれも質が高いと評価されています。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の投球フォームは?

最後まで球筋の見えにくい投球フォームは、
現楽天の早川投手に似ていると言われており、「筑豊の早川」と呼ばれています。

本人も早川投手を目標にしていて、
体重移動などを真似るようになってから精度が上がったとされています。

スポンサーリンク

毛利海大(福岡大大濠)の進路は?ドラフト候補?

早くから日ハム・オリックス・西武・阪神などのスカウトから注目されています。

進路についてはまだ明言されていませんので、
夏の選手権大会以降の動向が気になるところです。

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

・毛利海大(福岡大大濠)のプロフィールや出身地は?
・毛利海大(福岡大大濠)の父親や母親は?
・毛利海大(福岡大大濠)の出身小学校や成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の出身中学や成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の高校時代の成績は?
・毛利海大(福岡大大濠)の球速は?
・毛利海大(福岡大大濠)の球種は?
・毛利海大(福岡大大濠)の投球フォームは?
・毛利海大(福岡大大濠)の進路は?ドラフト候補?

について調べてきました。

彼の身長は178cmで体重も75kgと
現代の高校野球球児の中では決して体格に恵まれた方ではありません。

しかしプロの世界には彼よりも小さくて細い投手も大勢います。

大学に進学するのか、社会人に行ってもっと鍛えるのか?
そこはまだ本人も決めかねているところかもしれません。

今回は残念ながら準々決勝で優勝候補の一角である
東海大相模高校に0-8と敗れてしまいました。

これから夏の大会に向けて練習を積み、ひと回り大きくなった
毛利海大選手を必ずまた甲子園で見られる事を期待せざるを得ません。
今後の活躍に注目しましょう。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました