千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名予想2022!結果速報

プロ野球
スポンサーリンク

今年もドラフト会議の季節がやってまいりました。
2022年の千葉ロッテマリーンズは5位で、Bクラスに落ちてしまいました。
来季を見据えてドラフト1位指名に掛ける思いは強いものがあるでしょう。

そこで今回は

・千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名予想2022!
・千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名予想2022!

浅野翔吾

今年2022年の夏の甲子園で、高松商のベスト8進出に貢献した浅野翔吾。世代No.1との呼び声が高い走攻守バランスの取れたスラッガーで、指名されれば競合は確実とされている。現在千葉ロッテの打撃陣は若手とベテランが上手く調和されたバランスとなっているが、ベテラン打撃陣の高齢化が顕著であることと核となる中心選手がいないことが懸念されている。そこで世代No.1と呼び声高い話題性十分の逸材を獲得できればかなりの収穫となる。

山田健太

ロッテの軸は、セカンドの中村で、それ以外の野手陣で軸となりうる選手はいないという感じ。そう考えると中村の後釜は誰か?今は誰もいないのでドラフトで獲得しないといけない。そこで大学生の山田くんだ。彼のパンチ力がプロでどこまで通じるかはわからないが、もし通じるのであれば、楽天・浅村のような大型セカンドとして力を発揮できるかもしれない。中村はセカンドの守備がそこまでうまくないので、サードにコンバートしながら、山田を3番にして、中村を2番におくオーダーが組めればロッテはもっと強くなるように思う。

齋藤大輝

齋藤大輝選手がドラフト1位で指名されそうな理由は、今季のロッテマリーンズは、投高打低に終わり、一番の補強ポイントが打撃力の高い野手になるためです。今季のドラフトにおいて野手の総合力ナンバーワンとも評される齊藤選手は、本塁打を放つ長打力に加えて、高い守備力、そして抜群の走力を兼ね備えた右打ちの二塁手で、マリーンズの監督である井口2世として期待できる完成度の高い内野手です。東京6大学野球の21年春秋両リーグにおいて、それぞれセカンドとしてベストナインに選出されており、小学校時代から中、高、大学まで各チームで主将を務めるリーダーシップも持ち合わせています。

蛭間拓哉

投打共に若手選手が伸びてきている印象があるチームですが、まだまだレギュラークラスには育っていない感じがするロッテ。しかしもう少し時間をかければ藤原選手や安田選手あたりがものになりそうな感じもします。投手には佐々木朗投手もいますし、高校生を指名するよりも、即戦力選手を指名して戦力の底上げを狙うと思われます。
そうなると蛭間選手か矢沢選手のどちらかに行きたいところですが、長打力が魅力の蛭間選手になるのではないでしょうか。

曽谷龍平

先発即戦力ルーキーとして期待されての指名を予想します。左腕スリークウォーターでの150キロを超える直球は魅力であり、今季の先発ローテーションピッチャーを見ても右ピッチャーの活躍が目立ち、左ピッチャーの枚数が少ないと感じます。即戦力でローテーションに入ることにより厚みを持たせる役割を担えるかと思います。チームとしても即戦力としてゲームメイクできる先発投手の獲得を期待しての予想です。

田中幹也

ロッテは投手陣が若手が整備されているので、今季、藤岡の怪我で遊撃手が固定されず、又、二塁手の中村がFA権を取得したので、内野補強がカギです。亜細亜大学 田中幹也、浦和学院 金田優太が浮上しています。指名は田中と予想します。田中は身長こそ166cmですが遠投100m、50m、5秒9の俊足内野手で、4年春のリーグ戦、13試合で、11盗塁し、守備範囲も広いです。大学1年から公式試合に出て、通算打率、0.277,1本塁打です。全日本候補にも選ばれています。

村上慶太

ロッテは村上慶太選手を取ると考えます。村上慶太選手はヤクルトの村上選手の弟でもありますが、甲子園も経験してますし、ロッテは打力がないイメージがある中で、高卒として打力はプロ顔負けの実力を見せてくれると思い、ロッテに足りないのは打力中で九州学院の村上慶太選手がロッテには必要だと思います。また、ロッテが野手で指名するなら高卒で活躍できる逸材の村上選手を取ると考えました。

金村尚真

外野手は若手もおりまずまずの選手層で、捕手は今季ブレークの松川選手がいます。内野手の高年齢化と投手層の特に右腕投手が補強ポイントだと思います。
即戦力投手で確実な戦力アップを狙うのではと思うので競合を回避して大学生・社会人を選ぶと予想します。そこで制球力があり大学のリーグ戦では防御率0点台と圧巻の成績を残す金村選手が1位指名だと思います。変化球の切れも良く最速150キロのストレートとのコンビネーションで三振を取れる先発向きの選手だと思います。

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

順位名前所属守備投打
1位菊地吏玖専大投手右左
2位友杉篤輝天理大内野右右
3位田中晴也日本文理高投手右左
4位高野脩汰日本通運投手左左
5位金田優太浦和学院高内野右左
スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名予想2022!まとめ

ここまでで

・千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名予想2022!
・千葉ロッテマリーンズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

について紹介してきました。

千葉ロッテは井口資仁監督が辞任を表明し、新監督に吉井理人氏が就任しました。
完全試合を達成した佐々木朗希投手や盗塁王を獲得した髙部瑛斗選手など、若手選手の台頭が目立ったシーズンでした。

今年のドラフトでは、3~5年後にチームの柱を担えそうな投手を獲得していくでしょう。
ドラフト1位に誰を指名するのか、10月20日のドラフト会議に注目していきましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました