千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!

プロ野球
スポンサーリンク

12月9日に開催が迫ってきた第一回現役ドラフト。
今回は千葉ロッテマリーンズにおける現役ドラフトに注目します。

そこで今回は

・現役ドラフトのルールは?
・現役ドラフトのリストアップ対象外選手条件は?
・千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!
・千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!まとめ

について紹介していきます。

現役ドラフトによってチーム編成が大きく入れ替わったり、各球団の勢力図に多大な影響を及ぼすことが予想されるので、要注目です!

スポンサーリンク

現役ドラフトのルールは?

さっそく現役ドラフトのルールを見ていきましょう。

現役ドラフト開催の一週間前に、各球団は、来年度の契約保留選手をリストアップした名簿を提出します。その際、リストアップ対象外選手以外から2名以上の選手を選出することになっています。

12月9日の開催日、現役ドラフト会議は非公開で行われます。この点が通常のドラフト会議とは違いますね。

各球団は選出された選手の中から、最低でも1名以上は獲得しなければなりません。

現役ドラフト会議のルールですが、以下の手順で行われます。

全12球団が対象選手の中から獲得したい選手を1名ずつ挙げます。最も投票の多い球団から指名権を得ることができます。

一番目に指名権を得た球団から選手を獲られた球団が、2番目の選択権を得ます。

2番目に指名権を得た球団から選手を獲られた球団が、3番目に指名することができます。

これ以降同様に、指名された球団から順番に指名できる仕組みとなります。ただし、このときすでに指名している球団から獲得されている場合、指名していない残りの球団の中で、最初の投票時に得票が多かった球団が選択できることになります。

リストアップされた選手に対して、球団が本人に伝えるかどうかは任意ということになっています。
ただ、故障歴などのメディカル情報は、基本的に開示する方向で進んでいます。

メディカル情報は本人の同意なしに開示できないので、選手たちから同意を取る必要があります。事前に現役ドラフトの対象であると本人がわからないように、多くの選手から同意を得ておくようにするようです。

スポンサーリンク

現役ドラフトのリストアップ対象外選手条件は?

現役ドラフトのリストアップ対象外選手の条件は以下の通りです。これらの該当者は現役ドラフトの候補からは除外されます。

①FA権取得選手
②FA権を行使したことがある選手
③育成選手
④複数年契約の選手
⑤年俸5千万円以上の選手
⑥前年のドラフト会議で指名された選手
⑦外国人選手

これらの該当者を外すとなると、自ずと現役ドラフト候補選手は絞られてきます。
次の項で、千葉ロッテマリーンズにおける現役ドラフト候補を予想します!

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!

千葉ロッテマリーンズの現役ドラフト候補はどの選手になるのでしょうか?

千葉ロッテマリーンズは吉田理人新監督のもと、これまでになかった采配を披露しています。それだけに、現役ドラフトでもファンの驚く決断をされるかもしれません!

現役ドラフトによる選手の移籍が、各球団にどういった影響を与えるか、楽しみですね!要注目です!

平沢大河

2015年ドラフト1位で入団したものの、期待に応えることができず。レギュラー争いに負け続けている状況です。現役ドラフトを機に球団を変え、活躍の場を他球団に求めるのが最良の選択ではないでしょうか。

成田翔

2015年ドラフト3位指名の選手です。活躍を期待されていましたが、結果が伴わず。試合数も1軍での活躍はほとんどありませんでした。ファンの間で現役ドラフト候補筆頭のようです。

中村稔弥

左投げ左打ち真正サウスポーで、攻めの投球が持ち味のピッチャーでした。今季は特に不調で、試合数も10試合と落ちました。現役ドラフトによって球団を変え、出場機会が増えることを望まれています。

柿沼友哉

柿沼友哉選手は育成ドラフトから支配下を勝ち取った選手です。努力と実力が認められてはいるものの、出場機会の少ないキャッチャーなので、現役ドラフト候補として名前が上がりやすいようです。
 

安田尚憲

安田尚憲選手といえば、レギュラー格の実力者ですが、千葉ロッテファンとしては、他球団で四番を張る姿が見たいという声が圧倒的でした。

スポンサーリンク

千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!まとめ

ここまでで

・現役ドラフトのルールは?
・現役ドラフトのリストアップ対象外選手条件は?
・千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!
・千葉ロッテマリーンズ2022!現役ドラフト候補選手を予想!まとめ

について紹介してきました。

メジャーリーグでは「ルール・ファイブ・ドラフト」をきっかけに才能が開花し、オールスター出場やタイトル獲得、さらには殿堂入りした選手もいるとのことです。それほど、チームの新陳代謝を促して移籍を制度化することが球団や球界全体、そして選手個人に及ぼす影響が大きいことを示しています。

日本でも、これまで活躍しきれなかった選手が、環境を変えることでその才能を開花させるケースも出てくるはずです!

第一回現役ドラフトは約1ヶ月後に迫りました。行方を見守っていきましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました