金谷勉さんの経歴や年収は?出身大学や高校まで徹底調査!

ニュース

金谷勉(かなやつとむ)さんとは、
有限会社セメントプロデュースデザイン代表取締役で
クリエイティブディレクターです。

そんな金谷勉さんが3月5日のPM10:00~テレビ東京で
放送予定の「カンブリヤ宮殿」に出演します。

そこで今回は

・金谷勉の経歴は?
・金谷勉の年収は?
・金谷勉の出身大学と高校は?

について調査しました!

記事の後半には金谷勉さんの動画を掲載しています。
ぜひ、合わせてご覧ください!

スポンサーリンク

金谷勉の経歴は?

佐藤義人

金谷勉さんは1971年に大阪府で生まれました。
大学を卒業後、企画制作会社に入社。

その後、広告制作会社勤務を経て、1999年にデザイン会社の
セメントプロデュースデザイン」を大阪に設立しました。

企業の広告デザインや商業施設のビジュアル

・ユニクロ「企業コラボレーションTシャツ」
・コクヨの博覧会「コクヨハク」
・星野リゾートアメニティ開発のディレクション

などに携わりながら自分の会社の商品開発・販売もしていました。

2011年からは、新たなプロジェクトを始動。
全国の町工場や職人との協同で「みんなの地域産業協業活動」を始めました。

この「みんなの地域産業協業活動」とは
地場産業の小規模企業者が対象の
セメント独自のモノづくり事業だそうです。

その後も
2013年には、Sabae mimikaki(鯖江みみかき)が
「GOOD DESIGN AWARD 2013」を受賞し、
同年に「がんばる中小企業・小規模事業者300社」に選出されました。

2016年には、Sabae mimikaki(鯖江みみかき)が
「おもてなしセレクション2016」に選出せれました。

2018年には第3回「これからの1000年を紡ぐ企業認定」
として京都市から認定されました。

2019年には「コトモノミチatTOKYO」
を東京都墨田区にオープンしました。

コトモノミチでは
2020年2月22日(土)~3月7(土)までの間、
土直漆器と協同で開発した、

「VYAC」の新商品である万年筆の受注会と
マネークリップ・ペンケースの
初回先行販売が行われているそうです。

因みにオンラインショップもあります!

コトモノミチ オンラインストア
セメントプロデュースデザイン運営。さまざまな産地の職人たちの窓口として産地をまるごと伝え、商品を販売する「産地ゴト Galleryショップ」です。

こちらも気になりますね!

スポンサーリンク

金谷勉の年収は?

次に、とっても気になる金谷勉さんの年収についてですが…
こちらは残念ながら情報がありませんでした。

金谷勉さんは28歳で独立しましたが、
その時の所持金が3000円しかなかった
とお金が無かったと話していました。

現在では、
沢山の企業のプロジェクトに参加したり、
合同でプロジェクトを企画したりと、
注目されるようになり

更にモノづくりだけではなく、
雑誌やテレビの出演や
各地でのセミナーや講演会などでも
忙しくしているようですね!

そんなことからも金谷勉さんの年収は相当な額なのではないかと想像してしまいますね!

http://www.cementdesign.com/message/#interview
スポンサーリンク

金谷勉の出身大学と高校は?

金谷勉さんは京都精華大学の人文学部を卒業していますが、
高校については情報がありませんでした。

京都精華大は
芸術、デザイン、マンガ、ポピュラーカルチャー、人文
の5つの学部があります。

あるインタビューで、
子供の頃について

「中学・高校と僕のなかではそれほど楽しめなかった、
創造的には暗黒時代だったような気がします(笑)」

と話していました。

小学校の時は普通にスポーツをしていたり
中学では柔道部に所属して、
それなりに楽しかったそうですが、

可もなく不可もなくといったような
少年期だったと振り返っていました。

高校ではいろいろチャンスもあったのかもしれないけど、
制約がかかる部分が多く、そこまで考えられなかったそうです。

京都精華大学に入学してからは
ずいぶん変わったと言っていました。

同級生に面白い人が多く、
学祭などのイベントも楽しく刺激的で、
いろんなことを学ばせてもらったそうです。

その大学時代があったからこそ、今の金谷勉さんがいるのでしょうね!

iU 客員教授! 【クリエイティブディレクター 金谷勉氏】
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・金谷勉の経歴は?
・金谷勉の年収は?
・金谷勉の出身大学と高校は?

という内容で紹介してきましたが、
いかがだったでしょうか?

今後の金谷勉さんの活躍に期待が高まるところですが、
まずは3月5日放送のカンブリヤ宮殿でどんな話をされるのか楽しみですね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました