中本晃(島津製作所)会長の経歴や年収は?出身大学や高校まで徹底調査!

ニュース
スポンサーリンク

皆さんは、中本晃さんという方をご存知でしょうか?

6/18(火)のカンブリア宮殿に出演されます。

どんな方なのか気になったので調査してみました。

今回は、

・中本晃会長の経歴やプロフィールは?
・中本晃の出身大学や高校は?
・中本晃会長の驚きの年収は?
・島津製作所で100年の物づくりで命を救ってきた!
・中本晃は島津製作所でコロナ検査キットを制作!
・島津製作所にはノーベル賞受賞者がいる?

の順に調べていきます。

スポンサーリンク

中本晃会長の経歴やプロフィールは?

中本さんは、1945年に鳥取県生まれ、
鳥取の高校を卒業後に大阪府立大学工学部に通われています。

そして、大学を卒業後の1969年4月に、島津製作所に入社しています。

島津製作所では、品質保証部長やLC部長などを経験し、
2000年執行役員に就任されています。

執行役員になるまで、入社してから31年間という年月には驚きました。

中本さんが島津製作所を長い間愛し、
働かれていることが感じられますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

. . . #島津製作所 #fortunegardenkyoto #京都ランチ #河原町ランチ . .

@ _______tsu__がシェアした投稿 –

さらに2007年には専務取締役に就任し、
広報、経理などを主に担当されておりました。

その後2009年より社長に、
その6年後の2015年には会長に就任されています。

会長就任の1年前の2014年6月に本社・三条工場内に新本社棟が建てられています。

 

スポンサーリンク

中本晃の出身大学や高校は?

島根県の中で学力の高いと言われている
県立の米子東高校を卒業後、
大阪府の大阪府立大学工学部に進学しています。

島根からの通学は厳しいかと思いますので、
大学時代は実家を離れて1人暮らしをされていたことが推測されますね。
 
中本さんが卒業された米子東高校のOBには、
野村證券の森田敏夫さんや、iPS細胞研究所の副所長をされている
戸口田淳也さんなどが通われていました。
 
また卒業大学の大阪府立大学では、OBとしても活動されています。

スポンサーリンク

中本晃会長の驚きの年収は?

中本さんの年収を調べるため、
会長をされている島津製作所について調べたところ、
島津製作所は東証一部上場されています。

また2019年3月31日時点では、
島津製作所のグループ全体で従業員が12,684名が勤められており、
本社で働く従業員は約3,300名、国内グループ会社は約4,100名です。

また残り4割ほどの約5,200名は海外グループ会社で働く
現地社員(ナショナルスタッフ)とのことです。

そして、連結売上高は3,912億円と2019年3月期に報告されています。
 
明確な年収は見つけられなかったので
ここからは推測になりますが、

国税庁の民間給与実態統計調査などのデータによると、
東証一部上場企業431社における報酬総額の水準は、
社長の報酬総額は中央値で5,552万円であることや、
売上高1兆円以上の企業における社長の報酬総額水準は
中央値で9,946万円であったことから、

中本さんの年収は、6000万円から7000万円ほどだと推測されます。
 
新入社員時代から、どういったスパンで昇給していったのか
個人的に気になりますが、また正確な数字は、分かり次第更新いたしますね!!

スポンサーリンク

島津製作所で100年の物づくりで命を救ってきた!

島津製作所は、会社の方針として、
常に研究開発に努力し、信頼性があり高性能・高機能の製品であるナンバーワン
そして世の中にまだ存在しないオンリーワンの製品を世に送り出してこそ、
世の中に貢献することができると考えられています。
 
その一例として、宮崎県の食の安全分析センターには、
島津製作所が、宮﨑県、大阪大学、神戸大学と共同開発した
オンライン分析システム「Nexera UC」を設置し活用されています。

このシステムにより、以前は2週間近くかかっていた
残留農薬検査を約2時間で完了させることを可能にしました。

また特許を取得している「MS/MS型質量分析装置」が、
公益社団法人発明協会が主催する「平成29年度全国発明表彰」の「発明賞」を受賞されています。

島津製作所は、多くの特許などを取得しながら、物づくりで多くの命を救う手助けをされているようですね。

スポンサーリンク

中本晃は島津製作所でコロナ検査キットを制作!

島津製作所は、日本でも、緊急事態宣言などが出され、
2020年現在も感染者が出て国民の健康が脅かされている
新型コロナウイルスへの発明も進められています。
 
2020年の4月20日には、検査の省力化や検出時間の短縮、検査コストの低減を目的にした、
新型コロナウイルス検出試薬キット」を開発し発売されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

5月28日 島津製作所は5月26日、4月20日より発売を開始した「新型コロナウイルス検出試薬キット」を用いて、従来の鼻咽頭拭い液ではなく、唾液でのPCR検査の精度を調べたところ、鼻咽頭拭い液と遜色ない結果を得ることができたと発表した。 PCR検査における鼻咽頭拭い液の採取は、感染者の咳やくしゃみなどによる医療従事者への飛沫感染が懸念されていたが、唾液を用いた検査ではこうしたリスクを低く抑えられ、かつ採取自体もより簡単になることから、検体採取数の増加に伴う検査機会の拡大が期待されることとなる。 唾液による検査の実際の精度評価については北海道大学病院が協力。同大学病院では、入院患者の手術時に新型コロナウイルス感染症の罹患の有無を調べるスクリーニング検査で試験的に採用したという。 なお、同社の試薬キットは発売以来2000キット(20万検体分)を超す数を提供しており、予想を超す反響から当初の月間1000キット(10万検体分)から3000キット(30万検体分)に生産量を引き上げたという。 * * * 島津製作所は4月10日、従来、2時間以上かかっていたPCR検査の全工程を約1時間に短縮することを可能とした「新型コロナウイルス検出試薬キット」を開発。 遺伝子増幅法(PCR法)による新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の検出には、鼻咽頭拭い液などの試料(検体)からRNAを抽出して精製する煩雑な作業が必要で、迅速な検査を行うための課題となっていた。 同キットは、生体試料に含まれるたんぱく質や多糖類などのPCR阻害物質の作用を抑制できるため、DNAやRNAを抽出・精製することなく、生体試料をPCRの反応液に直接添加できるという同社独自のAmpdirect技術をベースに国立感染症研究所のマニュアルに沿って開発されたもの。必要な試薬をすべて有することで、すぐに検査を可能としたもので、試薬および試料の調製、前処理(加熱)、反応、検出という全工程を約1時間で完了することができる。また、煩雑なRNA抽出作業も不要で、試料は処理液と混合し加熱するだけであるため人の手を介する頻度を低減できるため人為的なミスの防止も可能になるという。 #島津製作所 #PCR検査 #新型コロナウイルス検定試薬キット #唾液 #攻めの検査 #第2波 #無症状感染者 #無症候性保菌者 #医療従事者 #院内感染 #自粛要請 #1日20万件 #移動制限 #外出自粛 #不要不急 #ソーシャルディスタンス #自治体連携 #新型コロナウイルス #医療を守ろう #命を守ろう #緊急事態宣言

@ e_to_toがシェアした投稿 –

このキットは、独自の遺伝子増幅技術「Ampdirect®技術」を元に、
国立感染症研究所のマニュアルに沿って開発されているようです。
 
本キットの使用することで、
PCR検査におけるRNAの抽出・精製工程を省くことができ、
検査に要する人手の削減や人為的ミスの防止に繋がるとのことです。

今まで2時間以上かかっていたPCR検査の全工程を、約1時間に短縮できます。
 
全国の都道府県および政令指定都市などの地方衛生研究所に
サンプル1キット(100 検体分)を無償で提供しているようです。

私たちがこのキットで検査ができる日も近いかもしれませんね。

スポンサーリンク

島津製作所にはノーベル賞受賞者がいる?

ノーベル化学賞は、化学の分野で人類の役に立ち、
初めにその技術の発見や改善に貢献した人を表彰するものですが、
人類の役に立っているかどうかは歴史の評価が必要なため、
発明から受賞決定まで約15~20年程の時間がかかります。
 
2002年のノーベル化学賞では、
タンパク質などの生体高分子を調べる技術に焦点が当てられ、
田中耕一さんがノーベル化学賞を受賞しました。

田中さんの受賞理由は、
質量分析のための「ソフトレーザー脱離イオン化法」を開発したことです。

田中さんを含む当社の5人の研究チームが、1985年2月にそれまで不可能とされていた、「タンパク質を壊さないでイオン化すること」に世界で初めて成功しました。
 
このことにより、非常に軽い分子レベルの重さを量る質量分析で、
1グラムの1千億分の1のまた1億分の1くらいしかないタンパク質(生体高分子)を研究する道を開いたのです。
 
その後は多くの研究者の努力によりさらに技術が発展して、
今では病気の診断や薬の開発になくてはならない技術となりました。

開発から15年が経っていましたが、
現役のサラリーマンが受賞ということもあり、話題にもなりました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、

・中本晃会長の経歴やプロフィールは?
・中本晃の出身大学や高校は?
・中本晃会長の驚きの年収は?
・島津製作所で100年の物づくりで命を救ってきた!
・中本晃は島津製作所でコロナ検査キットを制作!
・島津製作所にはノーベル賞受賞者がいる?

の順に調べていきました。

中本さんは、今年でなんと入社51年目の社員ということですが、
現在もメディアなどの出演もされている第一線で活躍されています。

今後も、中本さんや島津製作所の皆さんの活躍に期待です!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました