広島とうかさん2022!混雑予想や交通規制は?

お祭り
スポンサーリンク

初夏の風物詩として知られる広島とうかさん
昨年は規模を縮小しての開催となりましたが、
今年も同じように規模を縮小しての開催となりました。

そこで今回は、

・広島とうかさん2022!日程や概要は?
・広島とうかさん2022!混雑予想は?
・広島とうかさん2022!渋滞予想は?
・広島とうかさん2022!交通規制は?

について調査していきます。

また、この記事の後半では
広島とうかさんに関する動画を掲載しております。
ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

広島とうかさん2022!日程や概要は?

広島とうかさんは毎年、6月の第1金曜日から3日間開催されます。
今年の日程は以下の通り。

  • 日程/6月3日(金)~6月5日(日)
  • 時間・3日/15:00~21:00
  • 時間・4日/12:00~21:00
  • 時間・5日/12:00~20:00
  • 場所/圓隆寺

広島とうかさんの「とうかさん」はお稲荷様のことです。
圓隆寺ではお稲荷様を祀っており、
普通は「おいなりさま」と呼ぶところを「とうかさん」と親しみを込めて呼んでいます。
圓隆寺が開山した翌年の1620年から祭りが行われている、
とても由緒あるお祭りです。

今年はコロナの影響で中止となりましたが、
例年ですと中央通りが歩行者天国に。
パレードなどのイベントが行われるそうですよ。

今年は御神体に関する儀式や厄除けうちわやお守りの販売、
大祭特別祈祷などが境内で行われます。
また、儀式はオンラインでも配信する予定となっているそうです。

浴衣の着始めまつりという呼び名もあり、
広島市内では「ゆかたできん祭」も行われます。
浴衣を着て参加するとさまざまな特典を受けられるのも魅力の1つ。
割引を受けられたり、記念写真を撮ってくれたり。

浴衣を着る機会はなかなかないので、
ぜひこの機会に浴衣を着て楽しみたいですね。

スポンサーリンク

広島とうかさん2022!混雑予想は?

例年の人出を見てみると、
圓隆寺へ訪れる人は3日間で約8万人
ゆかたできん祭が行われる中央通りは約45万人の人が訪れています。

なので、厄除けうちわの購入などはそこまで混雑はないと思います。

今年は中央通りの歩行者天国が中止となり、
ゆかたできん祭が行われるのは中区のアリスガーデンと紙屋町地下街シャレオの2か所のみ。
会場が限られていることなどを考えると、
例年よりも混雑するのではと思います。

スポンサーリンク

広島とうかさん2022!渋滞予想は?

広島とうかさんには例年、多くの人が訪れています。
しかし交通渋滞に関する口コミなどがないので、
そこまで渋滞はひどくないのでしょう。

圓隆寺周辺には有料ですが複数の駐車場があることや、
3日間にかけて行われるので人出が分散されるのかもしれませんね。

祭りが始まる時間帯は混雑してくると思うので、
早めに会場へ向かうことをおすすめします。

スポンサーリンク

広島とうかさん2022!交通規制は?

交通規制に関する情報を調べてみたんですが、
情報がありませんでした。

例年だとゆかたできん祭で歩行者天国になるため、
中央通りが通行止めとなります。
しかし今年は歩行者天国が中止となっているので、
もしかしたら交通規制は行われないのかもしれません。

何か分かりましたら、
こちらに追記しますね。

スポンサーリンク

広島とうかさん2022!まとめ

さて、ここまで

・広島とうかさん2022!日程や概要は?
・広島とうかさん2022!混雑予想は?
・広島とうかさん2022!渋滞予想は?
・広島とうかさん2022!交通規制は?

について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

広島とうかさんではほとんどの人が浴衣を着て楽しみます。
レンタルや着付けもあるので、
ぜひあなたも浴衣を着て楽しんでくださいね

お祭り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました