彼女はキレイだった(日本版)面白くない、つまらない!その理由は?

ドラマ
スポンサーリンク

中島健人さんと小芝風花さんW主演のドラマ『彼女はキレイだった

イケメンエリートと残念女子のレンアイを描いたラブコメで、
韓国ドラマをリメイクしたものです。

4話まで放送されましたが、
「面白い」「韓国版と違う…」など様々な意見が上がっているようです。

そこで今回は

‎・彼女はキレイだった(日本版)の視聴率は? 4話までの感想は? ‎
‎・彼女はキレイだった(日本版)面白くない、つまらない! その理由は? ‎
‎・彼女はキレイだった(日本版)が面白いという口コミ。 その理由は?‎

に分けて調査していきたいと思います!

記事の後半には『かのキレ』に関する動画も掲載していますので
ぜひ合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)の視聴率は?4話までの感想は?

視聴率は関東では

1話7.6%

2話7.0%

3話7.1%

4話4.8%

関西では

1話10.5%

2話10.7%

3話10.2%

4話7.5%

と2ケタをキープしていた関西でも4話では1ケタ台になってしまいました。

 

4話までの感想は後程口コミで詳しく紹介します!

スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)面白くない、つまらない!その理由は?

原作とキャスティングが違いすぎる

韓国版の原作のキャストが完璧すぎて、
どんなにかっこいい・かわいい人がキャスティングされても超えられないと感じている人が多いようです。

特に主人公の相手役のパク・ソジュンさんの
ツンデレな演技はとても好評だったため
他の人でのキャスティングは考えられないという人が多いようです。

日本版は短縮版

韓国版は1話1時間の放送で全16回でしたが、日本版は全10話です。

6時間分も短縮することになるので、
韓国版の良さが消えてしまうのではないかと不安に思う声も多いようです。

すっきりとまとまり良いリメイクとなるかどうかは脚本次第ですね!

脚本は『わたし、定時で帰ります。』『リバース』などを手掛けた
清水友佳子さん三浦希紗さんなので期待できるのではないでしょうか?

日本版のオリジナル要素

韓国版では悪役が登場せず、平和に2人の恋の距離感を楽しめるストーリーですが、
日本版では岸田という悪役が登場します。

このオリジナル要素に「平和なままでいい」「障害を追加しないでいい」という意見もありました。

イライラする

副編集長が「名前が気に入らない」という理由で
八つ当たりをしたり圧力をかけるシーンや、客にビールをかけられる、
無理やりさせられた仕事で怒られるなど理不尽なシーンが多く
「ドラマと分かっていてもイライラする」「職場がひどすぎる」という意見がありました。

スポンサーリンク

彼女はキレイだった(日本版)が面白いという口コミ。その理由は?

コミカルでテンポがよく楽しくみられるところが『かのキレ』の魅力のようです!

小芝さんの表情がころころ変わる可愛らしい演技も人気です!


https://books.rakuten.co.jp/rk/351c453d31363b6c8d4240fe54aaacc7/

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

‎・彼女はキレイだった(日本版)の視聴率は? 4話までの感想は? ‎
‎・彼女はキレイだった(日本版)面白くない、つまらない! その理由は? ‎
‎・彼女はキレイだった(日本版)が面白いという口コミ。 その理由は?‎

について調査してきましたがいかがでしたか?

まだ序盤なのでこれからの展開次第では
「良作」「良いリメイクだった」と評価されるかもしれませんね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました