本ページはプロモーションが含まれています。

仲邑菫(囲碁)がかわいい!最年少タイトル女流棋聖で韓国語も話せる?

ニュース
スポンサーリンク

わずか10歳で囲碁のプロ入りをした中邑菫さんを知っていますか?
当時、最年少でのプロ入りということで、日本中の話題になり注目されていました。

今日は、そんなあどけない可愛らしい表情の中邑菫さんについて、

・仲邑菫(囲碁)のプロフィールや経歴は?
・仲邑菫(囲碁)がかわいい!画像をチェック
・仲邑菫(囲碁)が最年少で女流棋聖タイトル?これまでの成績は?
・仲邑菫(囲碁)は韓国語も話せる?
・仲邑菫(囲碁)まとめ

を、調べてまいります。

スポンサーリンク

仲邑菫(囲碁)のプロフィールや経歴は?

中邑菫さんは、平成21年3月2日産まれ、13歳の囲碁棋士です。
出身は大阪府で、所属は日本棋院東京本院で、現在三段。

父は中邑信也九段、母、叔母も囲碁をしており、その影響もあって、小さい頃から囲碁が身近にあったのは間違いありませんね。囲碁歴は3歳からなのだそうです。日本棋院が、中国や韓国に対抗するプロ棋士養成のため新設した英才特別採用推薦の第一号で、わずか10歳0ヶ月にしてプロ入りを果たしました。

そして、13歳11ヶ月史上最年少で女流棋聖となっています。
最年少棋聖戦Cリーグ入り、最年少タイトル挑戦など、多くの最年少記録を有しています。

スポンサーリンク

仲邑菫(囲碁)がかわいい!画像をチェック

 

 


 

 

スポンサーリンク

仲邑菫(囲碁)が最年少で女流棋聖タイトル?これまでの成績は?

中邑菫さんが、最年少の10歳でプロ入りを決めてから3年後、こちらも最年少で女流棋聖となりました。そして、2023年2月、女性棋聖タイトルを初獲得。中学生でタイトルを獲得したのは、中邑さんが初でした。

プロ入りしてから、わずか4年。これからの期待の星とも言えますね。

その間も、様々な最年少記録を次々と更新していき、活躍の場は国内だけに止まらず、世界のレベルでも注目されつつあります。

国内戦では、5つの全ての大会でベスト4以上という素晴らしい成績をおさめています。

世界メジャータイトルの、三星火災杯世界囲碁選手権では、国内女性初のベスト16という、素晴らしい記録を残しました。

年間の成績でいうと、入段した2019年は17勝7敗(同期入段13人中、最多勝利・最高勝率)を記録。

2020年は21勝17敗。
2021年は43勝18敗。

これは、日本勝利数国内3位タイとなっています。また、13連勝(国内2位タイ)、7大タイトル賞金ランキング女性5位にもなっています。

2022年は48勝22敗(国内3位)という結果でした。
プロ入りしてから、着実に実力をつけているのが、結果にもでていますね。

スポンサーリンク

仲邑菫(囲碁)は韓国語も話せる?

中邑菫さんは、7歳の時にスランプに陥り、韓国を行き来したり留学をしていたそうです。

韓国は囲碁で何度も優勝しているほどの強い国で、実際、韓国留学から帰ってきた中邑さんは、スランプも克服し、数々の賞を受賞しているそうです。

その時に、韓国語を学び、話せるようになったようですね。
今となっては、両親の通訳もできるほど、韓国語が話せるのだそうです。

スポンサーリンク

仲邑菫(囲碁)まとめ

今回は、今囲碁界で注目されている

・仲邑菫(囲碁)のプロフィールや経歴は?
・仲邑菫(囲碁)がかわいい!画像をチェック
・仲邑菫(囲碁)が最年少で女流棋聖タイトル?これまでの成績は?
・仲邑菫(囲碁)は韓国語も話せる?

について、調べてまいりました。

「世界で戦える棋士になりたい」と目標を掲げる中邑さんは、囲碁界では脅威のスピードで成長を続ける逸材です。そして、最年少記録を次々と塗り替える姿に、同じ女流棋士が負けられないと気合いが入る存在なのだそうです。まだ中学生、これからの成長が楽しみですね。ぜひ、日本の囲碁界の再興に向けて、活躍してほしいです。

ニュース
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!