ssdのみhddなしノートパソコンは問題ない?その違いと使い分ける方法は?

PC

最近のノートパソコンはSSDのみ搭載の機種が多くなってきました。

データ保存はPCを利用する上で必須の機能です。

以前は内蔵ストレージの主流はHDDでしたが、今はSSDの人気が高まっています。

ここでは、SSDのみでHDDなしのノートパソコンでも問題ないのか、簡単にまとめてみました。

・HDDのメリットとデメリット
・SSDのメリットとデメリット
・SSDのみでHDDなしのノートパソコンでも問題ない?
・SSDのみ、HDDなしでは不十分なときは?
・SSDとHDDはどう使い分ける?

について説明していきます。

スポンサーリンク

HDDのメリットとデメリット

HDDの構造はデータやプログラムを電磁気に書き込んだり読み込んだりする記憶装置です。

メリットは保存できるデータ量が多いことと、値段が安いことです。
しかし、衝撃に弱い、消費電力が大きいというデメリットもあります。

スポンサーリンク

SSDのメリットとデメリット

SSDは、半導体素子メモリを使ったドライブ(記憶媒体)です。
最近なぜSSD搭載のノートパソコンが増えているのでしょうか。

SSDのメリット

・衝撃に強く、発熱、消費電力が少ない。
・読み書きの速度が非常に速い。
・作動音がない。
・HDDよりサイズが小さく、軽い。
・PCの小型化に寄与している。

SSDのデメリット

・容量が少ない。
・容量単価としての価格は高い。

ノートパソコンに、SSDのみHDDなしのPCがなぜ多いのかよくわかります。
消費電力が少なく、バッテリーが長持ちし、発熱も少ないSSDはノートPCに最適だからです。

スポンサーリンク

SSDのみでHDDなしのノートパソコンでも問題ない?

HDDなし

SSDのみでHDDなしのパソコンでも大丈夫です。

Ultrabook(intel社が提唱した、薄型軽量ノートパソコンのカテゴリ)では、SSDのみHDDなしが普通です。

携帯することが前提のノートパソコンでは、
軽量であることや耐衝撃性が高いこと、省電力であることなどが重要で、SSDはその要件を満たしています。

ネックになるのは、SSDは容量当たりの価格が高いことです。

しかし、扱うデータの容量が少なければ、SSDで十分な場合が多いのです。

例えば、普段扱うのがExcelやWordのデータで、
あとはネットを見るくらいであれば、SSDのみで十分といえます。

HDDは外付けにして、データのバックアップをきちんと取るようにすればいいでしょう。

スポンサーリンク

SSDのみ、HDDなしでは不十分なときは?

SSDのみ

データの容量が少ない場合には、SSDのみ、HDDなしで十分です。

しかし、写真や動画などのデータを保存したい場合、
ゲームをしたい場合などは、すぐに容量が足りなくなるでしょう。

例えば、

  • ゲームをする
  • イラストを描く
  • 写真の加工をする
  • 動画編集をする

といった用途で使う場合はデータが大きくなり、
SSDのみで十分な容量を確保するのは、高価になりすぎます。

逆にHDDのみでは、アプリの起動に時間がかかり、
日常的に行う人にはストレスとなるでしょう。

このような場合には、SSDとHDDの併用がお勧めです。

スポンサーリンク

SSDとHDDはどう使い分ける?

HDDなし

OSはSSDに、データ保存はHDDに、が一般的です。

SSDは、読み取り速度が、HDDに比べて格段に速いです

OSやアプリは起動速度が速い方が、ストレスなくパソコンを使うことができます。

ですが、年々安くなってきているとはいえ、SSDは、容量当たりの価格がHDDに比べてかなり高いです。

写真や動画などのデータを保存したい場合、数百GB程度はすぐに使用してしまいますので、SSDのみではすぐに容量がいっぱいになってしまいます。

簡単にまとめると以下のようになります。

SSDの保存するもの
・データを頻繁にやり取りするもの
・なるべく処理にかかる時間を短く済ませたいもの
・OS(Windowsなど)やゲームなど

HDDに保存するもの
・使用頻度があまり高くないもの
・画像や動画など、容量がかさばるもの

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで
・HDDのメリットとデメリット
・SSDのメリットとデメリット
・SSDのみでHDDなしのノートパソコンでも問題ない?
・SSDのみ、HDDなしでは不十分なときは?
・SSDとHDDはどう使い分ける?

について説明してきました。

いかがだったでしょうか。

SSDとHDDは、同じストレージの一種ですが、
それぞれに特徴があり、一長一短と言えます。

ノートパソコンの用途によって、
SSDとHDDを使い分けるとよいでしょう。

大容量のデータを扱わない場合には、
SSDのみでHDDなしのノートパソコンでも大丈夫です。

ゲームや画像や動画を日常的に扱う人には、
SSDのみ、HDDなしでは、データ容量が不足します。
データ保存用のHDDとSSDの併用をお勧めします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました