葵祭2022!混雑予想や交通規制は?

イベント
スポンサーリンク

京都三大祭りの1つ、葵祭
御所車や平安衣装を来た人達の行列は、
まるでタイムスリップしたみたいで素敵ですよね。

多くの人が葵祭の開催を楽しみにしていたと思いますが、
残念ながら今年も中止となりました。
「社頭の儀」などは行われるようですが、
神社関係者のみとなっています。

そこで今回は例年の情報をもとに、

・葵祭2022!日程や概要は?
・葵祭2022!混雑予想は?
・葵祭2022!渋滞予想は?
・葵祭2022!交通規制は?

を調査していきます。

また、この記事の後半では
葵祭に関する動画を掲載しております。
ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

葵祭2022!日程や概要は?


葵祭は毎年、5月15日に行われます。

古くからあるお祭りで、
今から約1500年前に始まったそうです。

5月初旬から前儀と呼ばれるさまざまな行事が行われ、
5月15日に平安装束を身に付けた人達が練り歩く「路頭の儀」が行われます。

行列は京都御所を出発し、
下鴨神社を経て上賀茂神社へ。
その距離は約8キロです。

馬や牛、500名以上の人々が練り歩く様は、
圧巻のひと言。

葵祭では「斎王代」と呼ばれるヒロインがいて、
地元の名家の娘たちの中から選ばれるそうです。

スポンサーリンク

葵祭2022!混雑予想は?


京都を代表するお祭りというだけあり、
毎年かなりの人が見に来るそうです。

特に行列が通る時間帯の20分~30分前は歩道も人でいっぱいになるみたいですね。

有料の観覧席も用意されており、
特等席でゆっくりと行列を眺めることができます。
全席指定で値段は1席2,050円です。

飲食もできるそうなので、
ゆっくりと見物したい人は有料席を買うといいでしょう。

スポンサーリンク

葵祭2022!渋滞予想は?


行列が通る間は交通規制が行われるので、
規制が解除されるまでは周辺道路も渋滞となります。

行列が始まる京都御所から徒歩5分の場所に「今出川駅」があるので、
渋滞を避けたいなら電車を利用するといいでしょう。

スポンサーリンク

葵祭2022!交通規制は?

葵祭は午前と午後に分かれて行われるので、
交通規制も午前と午後に分かれています。

午前中は京都御所から下鴨神社へ向かうので、
その区間が通行止めとなります。

通行止めとなるのは、
丸太町通りと河原町通りです。
時間は10:30~11:40

午後は下鴨神社から上賀茂神社へ向かうので、
その区間が通行止めになります。
時間は14:20~15:30
下鴨本通や北大路通、賀茂川堤などに交通規制がかかります。

スポンサーリンク

葵祭2022!まとめ


さて、ここまで

・葵祭2022!日程や概要は?
・葵祭2022!混雑予想は?
・葵祭2022!渋滞予想は?
・葵祭2022!交通規制は?

について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

今年も中止となり残念でしたね。
来年こそは開催されることを願いたいと思います。

イベント
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました