ドラえもんズのメンバーが消えた理由は?復活するの?

アニメ

先日のツイッターでトレンド入りした、「ドラえもんズ」。

懐かしいと感じる世代もいれば、
「何それ?」と思う世代も多いでしょう。

そこで、今回は、

・ドラえもんズとは?

・ドラえもんズのメンバーが消えた理由

・ドラえもんズは復活する?

について調査していきます!

また、この記事の後半では

ドラえもんズのメンバー紹介の動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

ドラえもんズとは?

 

ドラえもんズは、
ドラえもんの映画で登場したキャラクターです。

初登場は、1995年3月に公開された「2112年 ドラえもん誕生」

ドラえもんがロボット養成学校時代からの親友として、
登場しました。

ドラえもんと同じく、猫型ロボットで、
ドラえもんを含めて7人で構成されています。

それぞれの国をモチーフにしていて、
最初は「ドラドラ7」と呼ばれていたんですよ。

その後、いくつか映画やゲームが作成され、
大人気のキャラクターとなりました。

でも、ある時期を境にその姿を見ることは無くなり、
消えたと言われています。

その理由については後で、詳しく説明しますね。

ドラえもんズのメンバー紹介

記事の後半でドラえもんズのメンバー紹介の動画を掲載していますが、
簡単に紹介しますね。

ドラえもんズのリーダーは、おなじみのドラえもん。
モチーフとなる国は日本です。

アメリカモチーフのドラ・ザ・キッド
ドラえもんの妹のドラミちゃんと恋仲です。

王ドラ(ワンドラ)は、中国
ロボット学校一の秀才ロボットです。

ブラジルのドラリーニョは運動神経抜群で、
11人のミニドラ軍団を連れていますよ。

ロシアのドラ二コフは、なぜか、オオカミのような姿をしています。

スペインのエル・マタドーラは、プレイボーイ。

サウジアラビアのドラメッド三世は、

魔法が得意なロボットです。

それぞれのキャラクターごとに、
性格や得意なこと、口癖など、細かくキャラ設定がされています。

一見すると、気の合わなさそうな7人ですが、
そんな彼らが助け合い、問題を解決していく友情に当時の子供たちは

心を打たれたんでしょう。

スポンサーリンク

ドラえもんズのメンバーが消えた理由

最近の映画やテレビで、
ドラえもんズのメンバーが登場することは一切、ありません。

そのため、消された、黒歴史だった、なんて言われているみたいですね。

人気キャラだったのに、
なぜ、黒歴史と言われているのでしょうか?

理由は2つです。

藤子不二雄先生のオリジナルキャラではないからと、
海外での認知度が低いから。

ドラえもんズのメンバーは黒歴史だから、
消えたのでしょうか?

もしかしたら、一因としてあるかもしれませんが、
世代交代が原因ではないかと言われています。

2005年4月にドラえもんがリニューアルされ、
ドラえもんの声優が一斉に交代しました。

その結果、ドラえもんズは消えたそうです。

リニューアル後のアニメでは、
ドラえもんの同級生として黄色いネコ型ロボットしか登場せず、
ドラえもんズのメンバーの存在や設定に矛盾点が生じています。

そのことも、ドラえもんズのメンバーが消えた理由ではないかと考えられるでしょう。

他にも、ネタ切れだったんじゃないか、という声もあります。

2002年に公開された映画では、
登場シーンはあるものの、一切、喋っていないんですよね。

このように、ドラえもんズが消えた理由はいくつかあって、
どれが正解なのかは分かりません。

スポンサーリンク

ドラえもんズは復活する?

ドラえもんズという言葉がトレンド入りしたことで、
復活するんじゃないかという情報が出回っています。

しかし、なぜ、ツイッターでトレンド入りしたのか、

その理由も不明で、

ドラえもんズが復活するという確かな情報もありません

ドラえもんズのファンにとっては、
復活してほしいですよね。

でも、今のところ、復活する気配はなさそうです。

https://books.rakuten.co.jp/rb/3221214/?l-id=search-c-item-text-01
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・ドラえもんズとは?

・ドラえもんズのメンバーが消えた理由

・ドラえもんズは復活する?

について調査してきました!

いかがでしたでしょうか?

ドラえもんの仲間たちが活躍するドラえもんズシリーズ、
映画が公開されるたびに楽しみにしていた人も多いんじゃないでしょうか?

今の若い世代は知らない人が多いですが、
彼らの友情物語にきっと心打たれるはずです。

復活は難しいかもしれませんが、
でも、復活して欲しいですよね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました