天理高校ラグビー部メンバー2023!出身中学やイケメン注目選手まで徹底調査

高校ラグビー
スポンサーリンク

第102回全国高校ラグビー選手権大会が花園で開催されています。

中でも奈良県代表の天理高校ラグビー部は1925年創部の歴史があり、ここまで順調に勝ち進んでいる要注目のチームです。

そこで今回は、

・天理高校ラグビー部2023・全国高校ラグビー奈良県予選の成績
・天理高校ラグビー部2023メンバー一覧と出身中学
・天理高校ラグビー部2023のイケメン注目選手は?
・天理高校ラグビー部の監督は?
・天理高校ラグビー部!第102回花園全国高校ラグビーの結果速報
・天理高校ラグビー部2023!強いのはなぜ?

についてご紹介いたします!

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部2023・全国高校ラグビー奈良県予選の成績

決勝戦:天理高校 15-7 御所実業
      
※天理高校は4大会ぶり64回目の選手権出場

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部2023メンバー一覧と出身中学

【背番号・選手名・学年・身長・体重・出身中学】

1  松沢和輝 3年 173/99  飯田西中学
2  松隈孝成 3年 173/93  青山学院中学
3  内海大地 3年 175/100 深野中学
4  北浦佑亮 3年 179/92   天理中学
5  沢村類  3年 177/87  枚岡中学
6  川越功喜 3年 180/77  東生野中学
7  出井海空雲 3年 175/86  志摩中学
8  太安善明 3年 176/90  茨田北中学
9  岩見優太 3年 162/62  天理中学
10 須田厳太 3年 171/81  茨木西中学
11 田仲功栄 3年 174/79  伊丹北中学
12 土谷侑大 3年 171/77  天理中学
13 田中優也 3年 168/77  天理中学
14 飛峪龍馬 1年 166/72  旭東中学
15 前田晃明 3年 180/78  天理中学
16 伏井大志郎 3年 176/97  旭東中学
17 中山俊介 3年 174/96  天理中学
18 谷井完太郎 2年 175/104 小阪中学
19 原田楽  3年 175/88  高森中学
20 瀬尾和義 3年 178/93  田光中学
21 内田涼  2年 168/82  天理中学
22 福本結理 3年 198/77  寄居中学
23 水流夏楓 2年 175/75  盾津中学
24 柴田芳和 3年 165/69  高杉中学
25 平原海人 3年 173/75  市岡中学
26 安川和志 1年 171/64  天理中学
27 木村真生 3年 174/73  浄心中学
28 内田旬  1年 172/80  天理中学
29 古賀海凪 3年 170/73  天理中学
30 宮崎航也 3年 182/80  千代崎中学

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部2023のイケメン注目選手は?

松隈孝成(3年)

松隈孝成選手はラグビー一族に生まれたサラブレッドです。しかも天理高校に馴染みが深いです。父の孝三さんは2・3年生時に花園大会に出場しており、祖父の孝行さんは選手として花園に出場しただけでなく、コーチ・監督として全国を制覇した名将でした。現在チームを指揮する孝照監督は孝三さんの兄であり、孝成選手の伯父にあたります。

孝照監督は「『松隈3代目』として天理に入ってくれたのはすごくうれしい」と顔をほころばせながらも、決して特別扱いはしません。孝成選手は名門の中で揉まれ、スタミナとフィジカルを練り上げてきました。

ポジションはフッカー。
松隈孝成選手の、粘り強くタフなプレーに要注目です!

スポンサーリンク

東海大相模ラグビー部の監督は?

松隈孝照監督(47歳)
 
松隈孝照監督は、元監督の孝行さんを父に持ちます。高校時代はウイングとして、高校2年生のときからレギュラーを掴みました。1989年の第69回大会には優勝、翌年の第70回大会だは準優勝を経験しました。

監督になって7年になります。
県内にライバル校の御所実業があり、県大会決勝は現在のところ3勝4敗です。

「いろんなOBがいる中で、選手としても指導者としても大した実績のなかった僕が監督をさせてもらっています。だからこそ、みなさんの期待に応えなければなりません」と抱負を語りました。
 

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部!第102回花園全国高校ラグビーの結果速報

トーナメント2回戦(天理高校はシードのため初戦となります)
12/30㈮ 花園第3グランド
天理高校(奈良)29-15 青森山田(青森)
  
トーナメント3回戦
1月1日㈰ 花園第1グランド
天理高校(奈良)15-8 石見智翠館(島根)
   
準々決勝
1月3日㈫ 花園第1グランド
天理高校(奈良)8-5 長崎北陽台(長崎)
    
準決勝
1月5日㈭ 花園第1グランド
天理高校(奈良)12-26 報徳学園(兵庫)

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部2023!強いのはなぜ?

歴史と伝統の天理高校は、ここまで、大差で圧勝するというよりは、粘り強く耐えて勝つタイプのチームです。我慢比べではどこにも負けないスタミナと根性があります。規律の守られた辛抱強いディフェンスが強みで、その戦術に耐え得るフィジカルを持つ選手が揃っています。

スポンサーリンク

天理高校ラグビー部2023まとめ

ここまで、

・天理高校ラグビー部2023・全国高校ラグビー奈良県予選の成績
・天理高校ラグビー部2023メンバー一覧と出身中学
・天理高校ラグビー部2023のイケメン注目選手は?
・天理高校ラグビー部の監督は?
・天理高校ラグビー部!第102回花園全国高校ラグビーの結果速報
・天理高校ラグビー部2023!強いのはなぜ?

について紹介してまいりました。

第102回全国高校ラグビー大会は2022年12月27日〜2023年1月7日に開催されます。
今大会は絶対的な優勝候補がおらず、混戦が予想されています。

その中で、1925年創部の歴史ある天理高校が優勝候補・報徳学園と準決勝でどのような戦いを繰り広げるのか! 要注目です!!

高校ラグビー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました