東海大相模野球部メンバーの進路は?気になる進学先やプロ野球2022

高校野球
スポンサーリンク

強豪として知られる東海大相模野球部
2022年春に卒業する石田隼都選手は巨人への入団が決まりましたが、
他の選手の進路はどうなっているんでしょうか?

そこで今回は、

・東海大相模野球部メンバーの進路2022
・東海大相模野球部メンバーの進路2021
・東海大相模野球部メンバーの進路2020
・東海大相模野球部メンバーの進路2019
・東海大相模野球部メンバーの進路2018
・東海大相模野球部メンバーの進路2017

について調査していきます。

また、この記事の後半では、
東海大相模野球部に関する動画を掲載しております。
ぜひ、合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2022


2022年春に卒業する東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 石田隼都(巨人ドラフト4位)
  • 門馬功(日本体育大学)
  • 綛田小瑛(大阪商業大学)
  • 石川永稀(駒澤大学)
  • 小島大河(明治大学)
  • 向川夏輝(神奈川工科大)

東海大相模のエースとして活躍した石田隼都選手は巨人へ。
門馬敬治監督の次男、門馬功選手は日体大へ進学することになりました。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2021

2021年春に卒業した東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 西川僚祐(ロッテドラフト5位)
  • 山村崇嘉(西武ドラフト3位)
  • 神里陸(國學院大学)
  • 髙橋颯太(東海大札幌キャンパス)
  • 諸隈惟大(東海大学)
  • 鵜沼魁斗(東海大学)
  • 河邉壮太(神奈川工科大学)
  • 吉沢悠佑(神奈川大学)
  • 松本陵雅(駒澤大学)
  • 笠川洋介(流通経済大学)

高校時代の3年間で通算50発以上を記録したスラッガー、西川僚祐選手。
2022年の春季キャンプは2軍でスタートしましたが、
2月12日は1軍の練習に参加。

好調な様子を見せており、
今シーズンの活躍が楽しみです。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2020

2020年春に卒業した東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 遠藤成(阪神タイガース ドラフト4位)
  • 紫藤大輝(上武大学)
  • 井上恵輔(東海大学)
  • 金城飛龍(東海大学)
  • 本間巧真(日本体育大学)
  • 野口裕斗(立教大学)
  • 萩原義輝(流通経済大学)
  • 冨重英二郎(国際武道大学)
  • 高嶋壮汰(共栄大学)

プロ入りして3年目を迎える遠藤成選手。
2022年春季キャンプでようやく1軍入りを果たします。

2月24日に行われた紅白戦では実戦初安打を披露しており、
今シーズンこそは活躍が期待できるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2019

2019年春に卒業した東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 斎藤礼二(東海大)
  • 佐藤暖起(国際武道大)
  • 山田拓也(青山学院大)
  • 小松勇輝(東海大)
  • 渡辺健士郎(国際武道大)
  • 後藤陸(上武大)
  • 森下翔太(中央大)
  • 上杉龍平(国際武道大)
  • 大関克歩(神奈川工科大)
  • 吉田元登(東海大)
  • 鈴木大地(東海大札幌キャンパス)
  • 細田一輝(関東学院大)

この年はプロヘ進んだ選手は1人もいません。
斎藤礼二選手らは東海大へ進学しました。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2018

2018年春に卒業した東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 安里海(東海大) →日立製作所
  • 横田翔(関東学院大)
  • 大和田聖人(上武大)
  • 秋田稜吾(中部学院大) →日本製紙石巻
  • 山田翔斗 (桐蔭横浜大) →日本製鉄かずさマジック
  • 門馬大 (東海大) →テイ・エステック
  • 菊池穣二 (国際武道大) →JPアセット証券
  • 黒澤昂希 (東海大) →青梅信用金庫
  • 喜友名秋幸 (富士大) →ゴールドジム
  • 大久保翔眞 (駿河台大)
  • 森田勝海 (国際武道大) →青梅信用金庫
  • 藤本直暉 (東海大北海道)
  • 斧木渉 (東海大海洋学部)
  • 津田雅樹 (東海大)
  • 松本航輝 (東海大)
  • 佐藤僚 (流通経済大)

この年はプロになった選手が1人もおらず、
ほとんどの選手が東海大へ進学しました。

監督の長男、門馬大選手は父と同じように指導者の道を目指しているそうです。
野球が続けられるうちは続けるそうですが、
将来を見据え大学では保健体育科の教員免許を修得。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路2017

2017年春に卒業した東海大相模野球部メンバーの進路や進学先をお知らせします。

  • 山田啓太 (白鴎大) →JFE東日本
  • 今江蓮 (国士舘大) →トーテックアメニティ
  • 戸﨑慶 (東海大) →テイ・エステック
  • 加藤元気 (富士大)
  • 加賀航 (桐蔭横浜大)
  • 北村朋也 (国際武道大) →エイジェック
  • 赤尾光祐 (東海大北海道) →東芝
  • 池本竜空 (平成国際大)
  • 新井遼太 (山梨学院大)

今江蓮選手は現役を引退し、
トーテックアメニティへ就職しました。

大学卒業後の進路が分からなかった選手もいますが、
山田啓太選手らは社会人野球の道へ
社会人野球でさらに実戦を積み、
プロを目指すのかもしれませんね。

スポンサーリンク

東海大相模野球部メンバーの進路まとめ

さて、ここまで

・東海大相模野球部メンバーの進路2022
・東海大相模野球部メンバーの進路2021
・東海大相模野球部メンバーの進路2020
・東海大相模野球部メンバーの進路2019
・東海大相模野球部メンバーの進路2018
・東海大相模野球部メンバーの進路2017

について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

東海大相模は文武両道を掲げており、
大学への進学率もトップクラスです。
そのため、選手の多くが大学へ進学しています。
大学では主将を務めたり、
高校時代と変わらない活躍をしている選手も。
彼らが今後、
どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました