横浜開港祭の花火大会2022!混雑予想や交通規制は?

お祭り
スポンサーリンク

関東地方で一番早いと言われる横浜開港祭の花火大会
横浜港の開港記念日にあわせて行われるイベントで、
毎年多くの人が訪れています。

そこで今回は、

・横浜開港祭の花火大会2022!日程や場所は?
・横浜開港祭の花火大会2022!混雑予想は?
・横浜開港祭の花火大会2022!渋滞予想は?
・横浜開港祭の花火大会2022!交通規制は?

について調査していきます。

また、この記事の後半では
横浜開港祭に関する動画を掲載しております。
ぜひ、あわせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

横浜開港祭の花火大会2022!日程や場所は?


花火大会は2種類行われ、
それぞれの日程や場所は以下の通り。

ビームススペクタクルinハーバー

  • 開催日/2022年6月2日(木)
  • 開催時間/19:45~19:55
  • 場所/横浜市臨港パーク

18区同時打ち上げ花火

  • 開催日/2022年6月2日(木)
  • 開催時間/19:53~19:55
  • 場所/シークレット
スポンサーリンク

横浜開港祭の花火大会2022!混雑予想は?


横浜開港祭の花火大会は例年、
70万人以上の人が訪れています。

特にメイン会場となる臨港パークは、
場所取りの激戦区
14時に開場しますが、
その時間から場所取りが始まります。

会場で花火の場所取りをしたい人は開場時間にあわせて行くといいでしょう。

だけど花火の打ち上げ時間はわずか10分なので、
例年のように場所取りで混雑するのかなという疑問もありますね。

とは言え、
念のため早め早めの行動をおすすめします。

昨年は入場規制があったので、
今年もコロナの状況によっては規制がかけられるかもしれません。
入場規制がかけられる場合は公式サイトで案内があるはずなので、
行く前に確認しておきましょう。

公式サイトはこちらから

スポンサーリンク

横浜開港祭の花火大会2022!渋滞予想は?


一部区間で交通規制が行われるので、
その周辺では渋滞が予想されます。

車で訪れる人も多いので、
駐車場もかなりの混雑となるはずです。

駐車場から出るのに30分かかったという情報もあるので、
車で訪れる人はある程度は覚悟しておいた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

横浜開港祭の花火大会2022!交通規制は?


今年は交通規制に関する案内がまだ出ていません。

しかし例年と同じだと思われるので、
2019年の情報をお伝えします。

言葉では説明しづらいので、
画像のマップを参考にしてください。

国際橋は歩行者通行止めとなっていますので、
気を付けましょう。

スポンサーリンク

横浜開港祭の花火大会2022!まとめ


さて、ここまで

・横浜開港祭の花火大会2022!日程や場所は?
・横浜開港祭の花火大会2022!混雑予想は?
・横浜開港祭の花火大会2022!渋滞予想は?
・横浜開港祭の花火大会2022!交通規制は?

について調査してきました。
いかがでしたでしょうか?

2020年は中止、2021年はシークレットでの開催となり、
こうしてきちんと開催されるのは3年ぶりとなります。

例年と比べると時間は短いですが、久しぶりの花火大会です。
ぜひ、楽しんでくださいね

お祭り
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました