本ページはプロモーションが含まれています。

広島カープ・ドラフト1位指名予想2022!結果速報

プロ野球
スポンサーリンク

今年もドラフトの季節がやってまいりました。
2022年の広島カープは5位でBクラスに転落。そのためドラフト1位指名に掛ける思いは強いものがあるでしょう。

そこで今回は

・広島カープ・ドラフト1位指名予想2022!
・広島カープ・ドラフト1位指名2022!結果速報

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

広島カープ・ドラフト1位指名予想2022!

浅野翔吾

若手の外野手が不足している印象があるので1位予想です。
長野は戦力になっていない、秋山は活躍してもあと数年の為に代わりになるように育てていくのではないかと思う。外野手の選手層が薄い為に1年目から1軍で試合に出場することができ、また長打タイプのバッターがチーム内に少ないので将来の4番候補としても十分魅力的だと思う。長打がなくても俊足を生かしチームに貢献できる可能性が高い。ドラフト競合が必至なので回避するかが注目です。

世代最強のポテンシャルを持つ打撃はもちろん魅力的ですが、現在所属している秋山翔吾と名前が似ていることから話題性に富んだ逸材でもあります。この話題性に加えてチーム成績の向上につながれば、スタジアムは盛り上がりチームのムード上昇にもつながります。またなかなかスタメンを固定できていない状況も一気に変えさせるものを持っており、競合してでも是非獲得しておきたいところです。

矢澤宏太

広島は、補強ポイントは右の大砲か即戦力の左投手です。右の大砲は昨年のドラフトで末包と中村を獲得しました。結果は今一ですが育成していますので、来年は爆発する可能性もあります。また、外国人としての補強も考えていると思います。その観点では即戦力の左投手が候補になると思います。矢澤選手は二刀流ですが、恐らく投手一本でいかせたいのではないかと思います。現状、左腕で安定した成績が残せるのは床田だけですので、もう1枚確実に左腕が先発ローテーションに入ってきてほしいと思います。

名原典彦

広島は坂倉将吾選手、西川龍馬選手、小園海斗選手など左打ちの選手が打線を引っ張り、主砲のマクブルーム選手も4番としての活躍を見せました。投手陣では森下暢仁選手、床田寛樹選手、栗林良吏選手、九里亜蓮選手などがチームを牽引、左の森浦大輔選手は貴重な対左のワンポイトとして大きな活躍を見せました。投打のバランスは取れているのですが、盗塁数が12球団ワーストと機動力を活かしきれていない印象があります。秋山翔吾選手が加わり、外野手の厚みは出ましたがベテランの選手。広島出身で足も速く、守備範囲も広く、器用なバッティングのできる名原典彦選手の指名が面白いのではないかと考えます。

益田武尚

益田武尚投手がドラフト1位指名されそうな理由は、比較的安定している現在の広島先発投手陣に対して、不安定な中継ぎと抑え候補として期待できるからです。東京ガス出身の益田投手は、最速153km/hの直球を軸に、スライダー、カット、スプリット、カーブ、チェンジアップなどの多彩な変化球を自在に操る本格派の右腕で、主に中継ぎと抑えで活躍した投手です。癖の少ない投球フォームはプロ向きとして定評があり、右肘の使い方が柔らかく、遠投は120mを記録します。今季のカープは先発投手陣が作ったゲームを中継ぎ、抑えが壊してしまうというパターンが多く、来季に向けて勝利の方程式を確立する必要がありますので、そのピースとしてしっかりはまる選手として期待しています。

松尾汐恩

広島が松尾を1位指名しそうな理由 今までカープは白濱や中村奨成など、甲子園で活躍した地元の高校出身のキャッチャーを高卒で上位指名して入団したが、地元高校出身だから少し甘くしすぎていたからか、大成していないので、思い切った路線変更で広島出身でも、広島の高校でもない大阪桐蔭のキャッチャー松尾を指名するのではないかと思います。現在のカープのキャッチャーは、上記の白濱、中村奨成以外だと、主に1軍にいるのは、會澤は30代に入り若くはないし、打撃の良い坂倉はバッター専門にしたい意向も球団にあると思うので、若手有望キャッチャーが必要だからです。

スポンサーリンク

広島カープ・ドラフト1位指名2022!結果速報

順位名前所属守備投打
1位斉藤優汰苫小牧中央高投手右左
2位内田湘大利根商高内野右右
3位益田武尚東京ガス投手右右
4位清水叶人高崎健康福祉大高崎高捕手右左
5位河野佳大阪ガス投手右右
6位長谷部銀次トヨタ自動車投手左左
7位久保修大阪観光大外野右右
スポンサーリンク

広島カープ・ドラフト1位指名予想2022!まとめ

ここまでで

・広島カープ・ドラフト1位指名予想2022!
・広島カープ・ドラフト1位指名2022!結果速報

について紹介してきました。

9月のスカウト会議のあと、スカウト部長が明かした「今年は右の大砲」。
広島は、10月20日のドラフト会議に向け、13日のスカウト会議で1位指名を決める方針でいるようです。新井新監督が誰を指名するのか、10月20日のドラフト会議に注目していきましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!