片山楽生(白樺学園)の評価が高いのはなぜ?出身中学や投球フォームまで徹底分析!

高校野球

みなさんは片山楽生(かたやまらいく)選手をご存じですか?
白樺学園のエース4番で二刀流の選手。

ドラフト候補で期待されている注目の選手です。

ここでは

・片山楽生の経歴や成績は?
・片山楽生の出身中学は?
・片山楽生がスカウトの評価が高いのはなぜ?

について調べていきます。

またこの記事の後半では片山楽生さんについての動画も載せています。
合わせてご覧ください。

スポンサーリンク

片山楽生の経歴や成績は?

片山楽生(かたやまらいく)選手は2002年10月7日生まれ
出身:北海道出身 
身長:175㎝ 体重:74Kg 
白樺学園高等学校

現在はストレートの伸びのため増量して82Kg という噂です。

ポジションは内野手
利き腕は右投左打
最高速球は147Km
50mのタイムは6.5秒

楽生(らいく)という名前は、
お父さんが「楽しく生きる」という意味でつけました。

海外でも呼ばれやく好かれやすい意味も込めています。
likeと文字っているのかと思われます。

妹さんは美生とかいて「みいく」さんと読むそうです。
お二人とも素敵なお名前ですね。

片山楽生選手は小学校2年から野球を始めました
「柳町イーグルス」で軟式野球をスタート。

出身中学は音更町立共栄中学校です。
そこで軟式野球部に入部。

中学3年の夏の十勝予選決勝でノーヒットノーランを達成。
ヒットを一回も出さず9回まで投げぬくという偉業。

全日本少年夏季軟式野球大会ベスト4という成績を収めました。

白樺学園高校では1年の秋からベンチ入り、
全道全3試合で3番一塁手のスタメン。

2年では夏の地区予選敗退後に秋からエース4番として活躍。

明治神宮野球大会ベスト4の成績を収めました。

好きな選手は松本航さんで、読書好きの片山楽生さん。

元読売ジャイアンツの桑田真澄さんの本「心の野球」を読み精神力を鍛えたそうです。

努力をモットーとする片山選手は
チーム練習が休みの時アルバイトをしていました。

遠征の足しになるよう個人練習の合間にアルバイトをし、
家族にもバイト代を渡しています。

普通の学生ならオフはパーッと遊びに行くものですが、
ここでアルバイトと個人練習をするという本当の努力家です。

努力の積み重ねが結果につながっているんですね。
素晴らしいです。

スポンサーリンク

片山楽生の出身中学は?

片山楽生さんの出身中学は音更町立共栄中学校です。

軟式野球部に所属し
中学3年の2017年には全日本少年夏季軟式野球大会ベスト4。

エースで4番、130キロを超えるストレートですでに注目されていました。

2019年の高校2年のときは明治神宮野球大会ベスト4。

さらにサイズアップしてプロにアピールしています。
冬は朝食にお米を450g、夜は1キロ食べ筋トレに励みました。

ストレートが伸びるように、一回り大きい体作りに力を入れました。

その結果、秋から2月までになんと9,7Kg  増量。

高校は自宅から自転車で通える距離ですが、
チームメイトと共同生活しています。
チーム力をつけたいと思い、実家を離れました。

高校進学の時は、強豪校から沢山のスカウトを受けましたが、
”地元に恩返しをしたい”という夢があり白樺学園高校に進学。

父親の宜孝さんも実は野球部のOBでした。

中学から恩返しをしたいと考え、
高校では親元を離れチームの絆を深め、
空いている時間にはバイトをする。

趣味は読書といった本当の努力家の片山楽生さん。

野球に対する情熱は素晴らしいです。

スポンサーリンク

片山楽生がスカウトの評価が高いのはなぜ?

片山楽生さんのスカウトの評価はとても高いです。
こちらが理由と考えられます。

片山楽生は二刀流

投手としてプロになりたく実力もある片山選手。
ですが、バッティングの実力も素晴らしく評価されています。

パワフルで豪快なスイングで数々のヒットを出しています。
高校1年の時はバッティングがメインでした。

オープンスタンスでグリップを低く添え構え、投手の足がおりた時から始動。
縦振りでスイングし鋭い打球を飛ばします。

この縦スイングを出来る人はそういないそうです。

投手として実力もあり、バッティングもできる二刀流となれば確実にスカウトしたいですよね。

片山楽生の投球フォーム

片山楽生選手は、基礎がしっかりとした投球フォームです。

軸足の右足でタメを作り、
横移動の時間を長くし縦振で投げるのがポイントです。

足をゆったり上げ、左膝を曲げバランスよく立ちます。
左足を遊撃方向に落としながら、勢いを与えかかとから着地。

左腕のグラブを斜めに伸ばし開きを抑え打者寄りでリリース。

軸足にしっかりのることで下半身をうまく使っています。

胸をしっかり張ると無駄がなくなり
伸びのあるストレートが投げられます。

力強い腕の振りで、内角にも強気に攻めます。

ただ、曲がりに大きいカーブが高めに浮いたり、
点が取られやすいこともあるそうです。

片山楽生の球速

ストレートは130km~130後半の回転数の高そうなストレーです。

身体づくりをしっかりして無駄のない動きをすれば140~145Kmと期待されています。

片山楽生の球種

片山楽生選手の球種は豊富です。

・縦・横の二種類のスライダー
・チェンジアップ
・カーブ
・カットボール

北海道ナンバーワンと言われていた片山選手は球種を投げ分けていました。

100%こだわりたいと言い、
投げっぷりとこだわりが人一倍強かったそうです。

https://books.rakuten.co.jp/rk/08507f21e8d1366c88168ecbac3710b8/

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・片山楽生の経歴や成績は?
・片山楽生の出身中学は?
・片山楽生がスカウトの評価が高いのはなぜ?

について紹介してきました。

いかがでしたでしょうか?

二刀流として期待の注目の選手・片山楽生さん。

人一倍の努力を重ね、休むときも常に勉強する姿勢は高校生と思えないほどです。

この努力が今後の野球界で凄い成果を出すことと思います。
これからも片山楽生さんの活躍が見逃せません。

野球に対する姿勢、お人柄も素晴らしく今後も応援していきたいですね。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました