青天を衝けが面白くない!つまらない!その理由は?

ドラマ
スポンサーリンク

第7話が放送されたNKH大河ドラマ『青天を衝け』

吉沢亮さんが主演で渋沢栄一の生涯を描いた物語ですが、
「つまらない」「おもしろくない」と言う声も上がっています。

なぜでしょうか?

そこで今回は

・青天を衝けが面白くない!つまらない!その理由は?
・青天を衝けが面白いという口コミは?
・青天を衝けの視聴率は?

に分けて調査していきたいと思います!

記事の後半には『青天を衝け』に関連する動画も掲載していますので
ぜひ合わせてチェックしてみてください!

スポンサーリンク

青天を衝けが面白くない!つまらない!その理由は?

幼少期が面白くない

現在の埼玉県深谷市の農家に生まれた渋沢栄一。

父から農業や商売を学びますが、インパクトのある出来事はなく
穏やかなシーンが多く続きました。

そういった話が続き、面白くないと感じる人も多かったのかもしれません。

子役の演技が下手

渋沢栄一や親せきの子供時代では子役たちが演じていました。

栄一はやんちゃできかんぼうな性格で、
子役も大きな声ではきはきと演技していてかわいらしい印象でしたが

少し棒読みに聞こえてします。

そういったことから下手だと感じてしまう人もいるかもしれません。

時代背景に興味がない

渋沢栄一が生まれたのは天保11年。

幼少時代はまだ幕末に向けて時代が動き始まる前で、
黒船が来航したり攘夷派になる人々が集まって意見を交わしている段階でした。

戦国時代ほど大きな戦いや動きがないので退屈と感じる人も多いようです。

これから倒幕・文明開化にむけて動き出すので
今後の展開は期待できるのではないでしょうか!

題材がつまらない

渋沢栄一は父から商売を学び、パリで社会制度を学んだことから
約500の企業の育成と約600の社会公共事業に関わった人物です。

戦国時代のように強い敵を力や戦略で倒すことはなく、
「官」と「民」の関係について新しい時代でのあるべき姿を追い求める物語なので、

題材的に難しい・興味がわきにくいと感じる人も多いようです。

脚本が面白くない

渋沢家や親せきの家族愛を感じる要素や
栄一と千代の恋愛も重点を置いて描かれていますが、
大河ドラマではテンポが悪いと感じてしまう人もいるようです。

脚本は『ランチの女王』『あさが来た』などを手掛けた大森美香さん。

数々のヒット作を生み出し、『青天を衝け』でも
「栄一と徳川家の2つの動きを同時に進める構成が面白い」という声も上がっているので、

栄一が徳川家と関わるようになってからテンポがよくなるかもしれませんね!

注目の出演者がいない

今回は吉沢亮さんが主演で
草彅剛さん・竹中直人さん・高良健吾さんなど
実力のある有名芸能人が多く出演しています。

吉沢亮さんは大河ドラマ初の平成生まれの主演俳優ですが、
キャスティングが若い人向けに偏っているのではないかという声も上がっています。

今作をきっかけに若手の俳優や女優が
さらに幅広い年齢層に周知されるきっかけになるかもしれませんね!

徳川家康がいらない

当時の情勢や文化を解説をする案内人として
冒頭シーンなどで徳川家康が登場します。

ドラマ本編とは全く異なった世界観で登場するので、
「本編の流れがさえぎられてしまう」

「さらっと解説してくれればいい」と言った声も上がっています。

大河ドラマは45分ほどと他のドラマと比べても短いので少しでも多く
本編を楽しみたいですよね。

スポンサーリンク

青天を衝けが面白いという口コミは?

一方で面白いという声も上がっています!

やはり栄一と慶喜2人の物語が交互に進んでいるところが魅力のようですね。

また青天ナビで解説を聞きながらドラマを見ると面白さが増すそうです!

スポンサーリンク

青天を衝けの視聴率は?

視聴率の推移を見てみると

第1回 20.0%

第2回 16.9%

第3回 16.7%

第4回 15.5%

第5回 16.2%

第6回   15.5%

第7回 14.2%

と下がっている傾向にあり、最新話の第7回では初めて15%を切ってしまいました。

しかし第7回では山の頂上でのシーンで「映画のようなクオリティ」と言う声や、
井伊直助の登場にツイッターで関連ワードがトレンド入りするなど反響もありました。

今後の展開に注目ですね!

https://books.rakuten.co.jp/rb/16541941/
スポンサーリンク

まとめ

ここまで

・青天を衝けが面白くない!つまらない!その理由は?
・青天を衝けが面白いという口コミは?
・青天を衝けの視聴率は?

について調査してきましたがいかがですか?

前回の大河ドラマ『麒麟がくる』も終盤に向けて盛り上がっていったので、
今回も今後面白いという声が増えてくるかもしれませんね!

ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました