卓球・全日本選手権2022!女子シングルスの優勝予想!

スポーツ
スポンサーリンク

昨年の東京オリンピックで多くの熱戦を繰り広げ、国民を熱狂させた卓球競技。

近年では、卓球女子シングルスに注目度が高まっています。

そして今年も全日本選手権2022が開催され、
多くの注目選手同士の戦いが繰り広げられます。

そこで今回は

・卓球・全日本選手権2022!女子シングルス スーパーシードの組み合わせ
・卓球・全日本選手権2022シングル女子の優勝予想!
・卓球・全日本選手権2022!女子シングルス日程や放送

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022!女子シングルス スーパーシードの組み合わせ

全日本選手権女子シングルスのスーパーシードについて紹介させていただきます。

(スーパーシードとは、過去に全国大会への出場経験があったり、大会での優勝経験があったりする選手などが、シード権を持つことです。今大会ではスーパーシードの選手は4回戦から参加します。)

Aブロック
石川佳純(全農) 対 3回戦の勝者
徳永美子(十六銀行) 対 3回戦の勝者

前瀧初音(愛媛銀行) 対 3回戦の勝者
加藤美優(日本ペイントマレッツ) 対 3回戦の勝者

大藤沙月(四天王寺高) 対 3回戦の勝者
木村香純(専修大) 対 3回戦の勝者

岡田琴菜(愛知工業大) 対 3回戦の勝者
南波侑里香(日本ペイントマレッツ) 対 3回戦の勝者

Bブロック
長﨑美柚(日本生命) 対 3回戦の勝者
笹尾明日香(早稲田大) 対 3回戦の勝者

野村萌(デンソー) 対 3回戦の勝者
宋恵佳(中国電力) 対 3回戦の勝者

平真由香(昭和電工マテリアルズ) 対 3回戦の勝者
橋本帆乃香(ミキハウス) 対 3回戦の勝者

竹前裕美子(エクセディ) 対 3回戦の勝者
早田ひな(日本生命) 対 3回戦の勝者

Cブロック
木原美悠(JOCエリートアカデミー/星槎) 対 3回戦の勝者
鶴岡菜月(神戸松蔭女子学院大) 対 3回戦の勝者

成本綾海(中国電力) 対 3回戦の勝者
森さくら(日本生命) 対 3回戦の勝者

平野美宇(日本生命) 対 3回戦の勝者
髙橋梓海(エクセディ) 対 3回戦の勝者

中田玲奈(筑波大) 対 3回戦の勝者
佐藤瞳(ミキハウス) 対 3回戦の勝者

Dブロック
横井咲桜(四天王寺高) 対 3回戦の勝者
木村光歩(中国電力) 対 3回戦の勝者

鈴木李茄(昭和電工マテリアルズ) 対 3回戦の勝者
安藤みなみ(TOP名古屋) 対 3回戦の勝者

芝田沙季(ミキハウス) 対 3回戦の勝者
黒野葵衣(早稲田大) 対 3回戦の勝者

中畑夏海(デンソー) 対 3回戦の勝者
伊藤美誠(スターツ) 対 3回戦の勝者

これらの対決に勝利した選手は5回戦(ベスト16)に進出します。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022シングル女子の優勝予想!

今大会には、東京オリンピック代表や期待の新人など様々な注目選手が出場します。

その中でも、優勝候補に予想したい選手を数名ピックアップして紹介させていただきます。

早田ひな

シングルス、ダブルス共に近年ますます力をつけ、
好成績を残してきた選手です。

最大の特徴は、166cmの長身と長い手足を生かして、
台から離れたポジションからでも放つことが出来る
強力なフォアドライブが打てることです。

またそのリーチを生かしたディフェンス能力にも長けています。

2021年のアジア選手権では、47年ぶりのシングル、
団体、混合ダブルスでの3冠を達成し、
今大会最も勢いのある選手と言えるでしょう。

伊藤美誠

日本の女子卓球と言えばこの選手が浮かぶ人が多いのではないでしょうか。

昨年の東京オリンピックでは、
シングルス、団体、混合ダブルスで3つのメダルを獲得しました。

幼少期から両親の影響で、1日7時間を超える練習をしていたといわれ、
とにかく中国選手を倒すことを目標に練習を積み重ねてきたそうです。

「みまパンチ」と呼ばれる独特なフォアハンドスマッシュが特徴的で、
フォアハンド、バックハンド共に強力なチキータが打てることも武器となっています。

何より大舞台の経験値が多いため、
今大会の優勝最有力候補と言っても過言ではないでしょう。

木原美悠

17歳ながら堂々とした試合運びと勝負強さを見せる期待のルーキーです。

2019年の全日本選手権ではわずか14歳で決勝進出を果たし、
決勝では伊藤美誠選手に敗れたものの、
最年少決勝進出記録を塗り替えました。

長い腕から放たれる強力なスマッシュが武器です。

また、巻き込みサーブや王子サーブなど
様々な種類のサーブが打つことができ、相手を惑わすことができます。

昨年の全日本選手権もベスト4に入り、
2年連続で全日本選手権では好成績を残しているため、
今大会での活躍も期待されます。

平野美宇

ワールドカップシングルス、全日本選手権シングルス
アジア選手権シングルスの3つの大会での最年少優勝記録を持つ選手です。

また、昨年の東京オリンピックでは、
五輪初出場を果たし見事団体銀メダルを獲得しました。

攻撃的な卓球を展開することが特徴で、
高速ラリーを行い、早い段階で主導権を握って得点を取ることができます。

近年では、筋力トレーニングにも力を入れており、
スマッシュの力強さは年々増しています。

芝田沙季

昨年の世界卓球で代表初選出を果たした、今注目の選手です。

周りからは「練習の鬼」と言われるほど
ストイックな性格でその姿勢から、
多くの人が応援したくなる雰囲気を持っています。

まるで男子選手のようなパワフルなスマッシュを打つことができるなど
攻撃的な卓球ができることが魅力であり、見ていて楽しい卓球は観客を魅了します。

わずか数年で、世界ランクを上げてきた
芝田選手は今大会でも好成績が期待されます。

石川佳純

長くの間日本卓球界を牽引してきた選手で、
東京オリンピックでは、選手宣誓も務めました。

そのプレーは全卓球少年少女がお手本にするべきというほどの、
正統派スタイルで、どのプレーをとっても安定で堅実な卓球をします。

まさにオールラウンダーという選手であり、
どの試合でも大崩れせず、修正力のある選手です。

安定した試合運びが出来るため、
今大会でも堅実に勝ち上がることが予想されます。
ベテラン選手の勝負勘にも注目です。

加藤美優

近年、国際大会での活躍も目立ち、
ますます力をつけてきた選手です。

攻守に非常に安定感があり、オールラウンダーを印象付けます。

また柔らかい手首を駆使してのバックハンドは強力であり、
それを生かした逆チキータや「ミュータ」と名付けられた
独特な回転をするサーブレシーブなど多くの武器を持つ選手です。

今大会でも、大会の主役となる可能性を十分に秘めていることでしょう。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022!女子シングルス日程や放送

今大会は東京体育館で1月24日(月)~30日の7日間で試合が行われます。

女子シングルスの日程は以下の通りです。

1月26日(水)
女子シングルス1~3回戦
1月27日(木)
女子シングルス4回戦
1月28日(金)
女子シングルス5~6回戦
1月29日(土)
女子シングルス準々決勝
1月30日(日)
女子準決勝~決勝

また、現在のところ地上波での放送予定は未定ですが、
例年通りですと、準々決勝以降の試合がNHKで放送されることが予想されます。

また今年はamazon prime video J sportsでの放送が決定しています。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022!女子シングルスまとめ

ここまで

・卓球・全日本選手権2022!女子シングルス スーパーシードの組み合わせ
・卓球・全日本選手権2022シングル女子の優勝予想!
・卓球・全日本選手権2022!女子シングルス日程や放送

について紹介させていただきました。

国際大会だけでなく、国内の大会でも非常にレベルの高い戦いを見られる
卓球競技ですので注目して観戦したいものです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました