卓球・全日本選手権2022!男子シングルスの優勝予想!

スポーツ
スポンサーリンク

卓球の全日本選手権2022が近づいています。
男子シングルスも日本一を目指して、熱戦が繰り広げられることが期待されています。

そこで今回は

・卓球・全日本選手権2022!男子シングルス スーパーシードの組み合わせ
・卓球・全日本選手権2022男子シングルスの優勝予想!
・卓球・全日本選手権2022!男子シングルス日程や放送

について紹介させていただきます。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022!男子シングルス スーパーシードの組み合わせ

全日本選手権男子シングルスのスーパーシードについて紹介させていただきます。

Aブロック
及川瑞基(木下グループ) 対 3回戦の勝者
吉山僚一(愛工大名電高) 対 3回戦の勝者

宇田幸矢(明治大) 対 3回戦の勝者
御内健太郎(シチズン時計) 対 3回戦の勝者

小林広夢(日本大) 対 3回戦の勝者
横谷晟(愛知工業大) 対 3回戦の勝者

田添響(岡山リベッツ) 対 3回戦の勝者
龍崎東寅(三井住友海上火災保険(株)) 対 3回戦の勝者

Bブロック
張本智和(木下グループ) 対 3回戦の勝者
高木和卓(東京アート) 対 3回戦の勝者

町飛鳥(ファースト) 対 3回戦の勝者
吉村真晴(愛知ダイハツ) 対 3回戦の勝者

神巧也(T.T彩たま) 対 3回戦の勝者
松山祐季(協和キリン) 対 3回戦の勝者

沼村⻫弥(明治大) 対 3回戦の勝者
田中佑汰(愛知工業大) 対 3回戦の勝者

Cブロック
吉田雅己(木下グループ) 対 3回戦の勝者
田原彰悟(愛知工業大) 対 3回戦の勝者

笠原弘光(シチズン時計) 対 3回戦の勝者
郡山北斗(リコー) 対 3回戦の勝者

大島祐哉(木下グループ) 対 3回戦の勝者
髙見真己(愛知工業大) 対 3回戦の勝者

藤村友也(日鉄物流ブレイザーズ) 対 3回戦の勝者
丹羽孝希(スヴェンソンホールディングス) 対 3回戦の勝者

Dブロック
英田理志(愛媛県競対) 対 3回戦の勝者
吉村和弘(岡山リベッツ) 対 3回戦の勝者

上田仁(T.T彩たま) 対 3回戦の勝者
小西海偉(東京アート) 対 3回戦の勝者

曽根翔(愛知工業大) 対 3回戦の勝者
戸上隼輔(明治大) 対 3回戦の勝者

谷垣佑真(愛知工業大) 対 3回戦の勝者
森薗政崇(BOBSON) 対 3回戦の勝者

これらの対決に勝利した選手は5回戦(ベスト16)に進出します。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022男子シングルスの優勝予想!

今大会は、東京オリンピックに出場した選手や期待の新人など様々な注目選手が出場します。

その中でも、優勝候補や注目したい選手を数名ピックアップして紹介させていただきます。

及川瑞基

昨年の全日本選手権の優勝選手です。フォアハンド、バックハンド共に優劣のない力でスマッシュを打つことができ、前線からどんどん攻撃を仕掛けることで、自分のペースで試合を展開していくことができます。今大会は2連覇の重圧もかかりますが、その重圧をはねのけ、優勝することができるのでしょうか。

宇田幸矢

おととしの全日本選手権覇者であり、今大会は王座奪還に燃えています。近年では、国際大会での活躍も増えてきており、その注目度はますます高まっています。サウスポーであり、威力のあるバックハンドを武器にテンポの速い卓球をすることができます。カウンター攻撃も得意としており、目まぐるしく展開の変わる卓球は観客を魅了します。今大会でも実力を最大限に発揮することができれば優勝する可能性は大いにあるでしょう。

田中佑汰

様々なプレーを堅実にこなすことができ、弱点の少ないオールラウンダータイプの選手です。また、バックハンドから繰り出されるスマッシュも強力で攻撃的な卓球をすることができます。ここ数年では、団体での勝率が高く、日本チームの信頼度も高い選手ですが、シングルスでもその実力を存分に発揮できるか注目の選手です。

張本智和

天才卓球少年として脚光を浴び、近年ではますます安定感を増し、強さを見せる選手です。とにかく前に前に出ていく超攻撃卓球が特徴的で、フリックやチキータなど攻撃的な技で相手を翻弄します。また点を取った際の掛け声も特徴的で、自分を奮い立たせて試合をします。全試合を通じて、集中力を持ち、実力通りの力を出すことができれば、今大会の優勝最有力候補といえるでしょう。

吉村真晴

長年最前線で、日本男子卓球を牽引する選手の一人です。そのプレースタイルは堅実な守備から一発の威力があるドライブで得点を量産していきます。特にバックドライブが強力であり、相手から逃げていくようなスマッシュを打つことができます。その他サーブも様々な種類打つことができるなど、多くの武器を持ち、相手を翻弄します。

吉田雅己

2020年の全日本選手権では、初のベスト4進出を果たすなど、国内外で活躍を見せる選手です。「ハラキリサーブ」と呼ばれるYGサーブを軸とした独自のサーブが武器であり、そのサーブは所見では取れないといわれるほどです。そのサーブで相手を崩し、早い段階で勝負をかける卓球をすることで得点を重ねていきます。今年は自身の最高成績であるベスト4を超え、優勝することが期待されます。

丹羽孝希

東京オリンピック代表として日本卓球の躍進に貢献した選手の一人です。常にクールにプレーすることが特徴で、得点をとっても大きく喜びを表現することは少ないですが、その反応とは裏腹に、プレーでは後ろに下がらない攻撃的な卓球を展開します。強力な回転のかけられるカットブロックができるため、相手に先手を取られても形勢を逆転することができます。多くの大舞台を経験したため、その勝負強さから今大会でも好成績を残すことが期待されます。

森薗政崇

昨年の全日本選手権では、準優勝を収めた選手です。最近では、サウスポーの特性を生かしてダブルスでも活躍を見せています。そのプレースタイルはとにかく速攻を仕掛ける攻撃的な卓球です。小柄であるためフットワークが軽く、テンポのいいラリーを繰り広げ、得点力のあるチキータで得点を奪います。今大会では、昨年のリベンジを果たすことができるでしょうか。

戸上隼輔

20歳とまだ若いながら堂々としたプレーで相手を翻弄します。高い身体能力が武器に、どの打ち方でも安定した打球を打つことができることが長所です。縦回転のサーブも武器であり、サービスエースが多いことも特徴です。非常に弱点が少なく、どの局面からも得点が取れるため、今大会でも好成績を残す可能性は大いにあるでしょう。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022!男子シングルス日程や放送

今年の大会は1月24日(月)~30日(日)の7日間で行われます。
男子シングルスの日程は以下の通りです。

1月26日(水)
男子シングルス1~3回戦

1月27日(木)
男子シングルス4回戦

1月28日
男子シングルス5~6回戦

1月29日(土)
男子シングルス準々決勝

1月30日(日)
男子シングルス準決勝~決勝

また、現在のところ地上波での放送は未定ですが、
例年通りであれば、準々決勝以降はNHKで放送される可能性があります。

スポンサーリンク

卓球・全日本選手権2022男子シングルスまとめ

ここまで

・卓球・全日本選手権2022!男子シングルス スーパーシードの組み合わせ
・卓球・全日本選手権2022男子シングルスの優勝予想!
・卓球・全日本選手権2022!男子シングルス日程や放送

について紹介させていただきました。

多くの注目選手が出場する今大会ですので、
たくさんの好カードがみられることでしょう。
ぜひ注目して応援したいものです。

スポーツ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました