東京MER最終回予想!喜多見の過去が発覚し結末はどうなる?

ドラマ
スポンサーリンク

鈴木亮平さん主演のドラマ『東京MER』

様々な登場人物の過去や葛藤が明らかとなり
最終回や結末がどうなるのかと気になっている人が続出しています!

そこで今回は

・東京MERのあらすじや原作脚本は?
・東京MER最終回はいつ?
・東京MER最終回予想!喜多見の過去とは?
・東京MER最終回予想!喜多見はテロリストの仲間?
・東京MER最終回予想!喜多見先生と高輪先生との関係は?
・東京MER最終回予想!喜多見先生と赤塚知事の関係は?
・東京MER最終回予想!都知事VS厚生労働大臣はどうなる?
・東京MER最終回予想!TOKYOMERの目的は?結末はどうなる?

に分けて調査していきたいと思います!

記事の後半には『東京MER』に関する動画も掲載していますので
ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

東京MERのあらすじや原作脚本は?

『東京MER』は原作はなく、ドラマオリジナル脚本です。

脚本は『グランメゾン東京』『ストロベリーナイト』『謎解きはディナーのあとで』
などを担当した黒岩勉さんです。

 

あらすじは…

事故や災害・事件現場に駆けつけ患者を救うために発足されたTOKYO MER。

最新の医療機器とオペ室を搭載したERカーで現場に駆けつけ、
チームには”一人も死者を出さないこと”がミッションに課せられている。

チームのリーダー喜多見は高い技術を持つ救命救急医。

「待っているだけじゃ、救えない命がある」という強い信念で
瀕死の患者の為、過酷な現場でも飛び込んでいく。

その覚悟や執念の裏にはある過去が大きく関係していた…。

というストーリーです。

スポンサーリンク

東京MER最終回はいつ?

最近の日曜劇場は全10話で終了していて、
『東京MER』は9月5日に10話が放送されます。

しかし、9話の予告の時点ではまだクライマックスを感じさせる予告ではなかったので、
9月12日に11話が放送され最終回を迎えるという可能性もありますね。

月刊ザテレビジョン調べてみると
最終回は、2021年9月12日 11話の予定であることがわかりました。

しかし、その後驚きのニュース。

tokyomerの最終回の放送に影響が出るでしょうか?

まずは稲森いずみさん、馬場徹さんが早く回復して元気になることを願います。

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!喜多見の過去とは?

赤塚が話したことで明らかになった喜多見の過去。

1992年、喜多見が少年のころペンシルバニア州の銃乱射事件に巻き込まれ、
喜多見と幼い妹をかばった母親が負傷してしまいます。

母親はまだ息があり、喜多見は救急隊員に助けを求めましたが
「俺は医者じゃないんだ」言われてしまい、搬送・治療されることなく亡くなってしまうのです。

喜多見はこの事件をきっかけに
「患者が搬送されてくるのを待つのではなく、助けを求めている人の元に自ら出向く医師でありたい」と医師免許を取得しました。

赤塚がまだ記者のころ喜多見を取材したことがきっかけとなり、
後に東京MERが発足されることとなったのです。

そして喜多見先生はtokyomerのメンバーにも空白の一年について話しました。
メンバーは口外しないと約束します。

しかし、その喜多見の過去が世間に公になってしまいます!

喜多見の妹・喜多見涼香の元に久我山が現れ、
喜多見の過去について正直に話せば音羽を救えると言われ
涼香は「お話しします」と答えてしまいます。

でも涼香ちゃんがそんなに素直に話すわけないし
赤塚知事が公表したのかという噂も。

merのメンバーではない気がしますが
次回放送に注目です。

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!喜多見はテロリストの仲間?

紛争地で医療活動をしていた喜多見。

そこで日系人のテロ組織メンバーのエリオット・椿が運ばれてきます。

喜多見は椿を治療した時に政府の人間が椿を探しに来ましたが、
医師として患者を守るためいないと嘘をつきます。

翌日、椿(ツバキ)は逃走。

そのことでテロ組織メンバーを逃した罪として1年間監収されてしまいます。

喜多見はテロ組織を手助けする意思はなく、
あくまでも医師と患者の関係として椿を守ったことでしたが、
このことは喜多見が東京MERに所属になってからも警察や公安は探っています。

そして第7話では、城田優(しろたゆう)さんが登場!

なんとテロリストの「ツバキ」
世界的なテロ組織LP9のメンバー、エリオット・椿(つばき)役です。

このツバキとどのような関係があったのか。
ツバキは何を考えているのか。

死者1名が誰なのか気になります。

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!喜多見先生と高輪先生との関係は?

比奈の所属する病院の循環器外科の医師である高輪。

心臓・血管のスペシャリストと呼ばれるほど高い技術を持った医師ですが、
最初から喜多見のことをよく思っていない様子でした。

2人の様子を見て何かを感じた音羽が過去を調べると、
喜多見と高輪はかつて結婚していてすでに離婚していたことが明らかになります。

離婚理由は明らかになっていませんが、
喜多見に対してまだ怒っている様子の高輪。

喜多見が医師として仕事ばかりになって
家庭を顧みないなどが原因として考えられます。

最終回に向けて明らかになるかもしれませんね。

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!喜多見先生と赤塚知事の関係は?

東京MERを発足した赤塚知事。

チーフに喜多見を起用したのも赤塚です。

先ほど赤塚がまだ記者の時にアメリカで医師免許を取得した
喜多見に取材をしたことが東京MER発足のきっかけと話しました。

赤塚と高輪も知り合いのようで
喜多見の紛争地活動での秘密を知っているのはこの2人だけです。

おそらく3人はアメリカで接点があったのではないでしょうか?

また、時折具合が悪そうな様子を見せる赤塚。

アメリカにいる時から何か病気を抱えていて
喜多見と高輪が対応していたのかもしれませんね。

赤塚の秘密も最終回に向けて明らかになると思うので要チェックです!

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!都知事VS厚生労働大臣はどうなる?

東京MERを立ち上げた都知事の赤塚と厚生労働大臣の白金は対立しています。

白金は女性初の総理大臣をめざし、最大のライバルを赤塚と考え、
赤塚が立ち上げた東京MERは失策ということにさせたく解体させることを企てています。

個人的には東京MERは存続し、都知事と厚生大臣の戦いは
赤塚の勝利となるのではないかと予想します!

スポンサーリンク

東京MER最終回予想!TOKYOMERの目的は?結末はどうなる?

先ほど東京MERは存続すると予想しましたが、
喜多見は自分がいると東京MERの存続にかかわると思い
去っていくのではないかと考えます。

喜多見が務めていたチーフのポジションは音羽が引き継ぐのではないでしょうか?

東京MERを去った喜多見は再び紛争地活動をし、
より経験を積んで帰国してくるというラストまであるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

・東京MERのあらすじや原作脚本は?
・東京MER最終回はいつ?
・東京MER最終回予想!喜多見の過去とは?
・東京MER最終回予想!喜多見はテロリストの仲間?
・東京MER最終回予想!喜多見先生と高輪先生との関係は?
・東京MER最終回予想!喜多見先生と赤塚知事の関係は?
・東京MER最終回予想!都知事VS厚生労働大臣はどうなる?
・東京MER最終回予想!TOKYOMERの目的は?結末はどうなる?

について調査してきましたがいかがでしたか?

ラストにも近づき、これからの展開も目が離せませんね!

ドラマ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました