有薗直輝(千葉学芸)の出身中学や成績は?ドラフト評価まで徹底調査!

高校野球
スポンサーリンク

2021年のドラフト候補でもある有薗直樹選手。
高校での本塁打は70本にもなるスラッガー、有薗直樹選手の
気になる経歴や学生時代の成績、そして気になるドラフト評価などを調べてみました!!

・有薗直輝のプロフィールや経歴は?
・有薗直輝の出身小学校と成績は?
・有薗直輝の出身中学と成績は?
・有薗直輝の千葉学芸高校時代の成績は?
・有薗直輝のホームランや打撃の特徴はは?
・有薗直輝のドラフト評価は?指名予想は?

について紹介します。

スポンサーリンク

有薗直輝のプロフィールや経歴は?

名前 有薗 直樹(ありぞのなおき)
高校 千葉学芸高校
生年月日 2003年5月21日
ポジション 3塁手
投打 右 右
身長 185㎝
体重 97㎏

小学校2年生干潟メッツに所属。
6年生のころには千葉ロッテジュニアに選出されています。

その後中学校では佐倉シニアというクラブチームに所属しています。

千葉学芸時代には1年生からベンチ入りを果たしており
この経歴を見ているだけでも、すごい実力の持ち主なのが分かりますね。

スポンサーリンク

有薗直輝の出身小学校と成績は?

出身小学校は旭市立干潟小学校

卓球の国体選手を母に持つ有薗選手。

2年生の時に元ヤンキースの松井秀喜選手に憧れ
軟式野球チーム「干潟メッツ」で野球を始めています。

幼少時から高い運動能力を発揮していたそうで
3年生時には上級生に混ざってチームのレギュラーになったそうです。

その頃、並行して千葉ロッテOBが指導する
野球教室「マリーンズベースボールアカデミー」にも通い、
野球の技術を高めていきました。

そして6年生の時、見事セレクションを勝ち抜き
「千葉ロッテマリーンズジュニア」に選出されています。

上級生とともにプレーをするほどの実力を持っていた有薗選手。
これからさらに力をつけていきます。

しかし普通のチーム以外にほかのアカデミーでも野球をしていたということで
野球が好きなのはもちろんですが、上手になるために努力し続けていたのでしょうね。

スポンサーリンク

有薗直輝の出身中学と成績は?

中学校は旭市第二中学校に通いっていました。

所属していた千葉ロッテマリーンズジュニアでの活躍が関係者の目に留まり、
本人も強豪チームで野球をして実力をさらにつけたいという気持ちから
中学時代は全国屈指の強豪チームの、佐倉シニアに入団しています。

1.2年ではなかなか芽を出さず、ベンチメンバーでしたが、
3年生のころにレフトのレギュラーを獲得し、主力として活躍してきました。

この時期の球速は130km/h前半だったそうで
ピッチャーとしても実力が相当なものだったと想像できますね。

打撃もクリーンナップを任されていたそうですが本塁打は2本。

そして春の全国大会3位で貢献し、
ジャイアンツカップにも出場しています。

この大会で打力を見せつけた
有薗選手はすでに進路が注目されていたといいます。

スポンサーリンク

有薗直輝の千葉学芸高校時代の成績は?

有薗選手は入学直後からベンチ入りしており、
1年生ながら4番を任されています。

全試合で4番を任された2019年の夏の千葉大会では、
5本の安打のうち4本が長打という抜群の長打力を見せたといいます。

1年の秋からサードを任されましたが3回戦敗退。
2年生の夏、秋どちらもベスト8で終わっています。

そして3年生春季大会では3番サードとして
チームを牽引し、県大会優勝を果たしています。

その後関東大会での2回戦では
3打数2安打の好成績でしたが残念ながら敗戦。

夏の選手権予選でも打率5割の活躍でしたが
4回戦敗退と残念な結果でした。

チーム初の県大会優勝へ導き、
試合のたびに見事な長打やホームランを打ち、
チームに貢献してきた有薗選手。

この成績は夢のプロ野球選手になるための大きな決め手になったことでしょう。

スポンサーリンク

有薗直輝のホームランや打撃の特徴は?

野球を始めたのはテレビに映るプロ野球を見たのがきっかけでしたが
プロ野球を目指すきっかけになったのは高校1年生の夏の1発だったそうです。

市原中央と対戦した千葉大会の5回戦で
ZOZOマリンスタジアムの左翼スタンドに叩き込んだ有薗選手。

それ以来自分の意識も周囲の見る目も変わり
スカウトが見に来る回数も増え、
プロに行きたいという気持ちになったそうです。

そこから最後の夏が終わるまでの3年間で、
なんと70本の本塁打を積み上げています。

プロを目指そうと心に決めたのが
有薗選手の持ち味である力強いホームランだったのですね。

有薗直樹はがっちりとした打者として恵まれた体型で、
パワーあふれる打撃を量産してきました。

スイングスピードも速く、右方向にも長打が打てます。

そして広角に打ちわけができる技術で
打率も高く残せるといわれています。

長打力や柔軟性を兼ね備えており、
世代屈指の強打者と注目を集めいています。

スポンサーリンク

有薗直輝のドラフト評価は?指名予想は?

攻守ともにスケールが大きく
中学生のころから注目されていたこともあり
2021年のドラフトでは上位で指名される可能性も
十分ある選手だと期待されてきました。

あるスカウトは「将来的には右の大砲として期待できる」などと高評価されてきました。

そして2021年10月11日プロ野球ドラフト会議にて
有薗直樹内野手は北海道日本ハムが2位指名し交渉権を獲得しました!

千葉学芸初のプロ野球選手誕生で新しい歴史を作った有薗選手は
「広角に長打を打ったり、肩の強さにも自信があるので、自信を持って立っていきたい」と話していたそうです。(日刊スポーツ 参照)

スポンサーリンク

まとめ

ここまでで

・有薗直輝のプロフィールや経歴は?
・有薗直輝の出身小学校と成績は?
・有薗直輝の出身中学と成績は?
・有薗直輝の千葉学芸高校時代の成績は?
・有薗直輝のホームランや打撃の特徴はは?
・有薗直輝のドラフト評価は?指名予想は?

について紹介してきました。

幼いころから松井秀喜に憧れ、
本塁打が打ちたいと打撃練習ばかり頑張ってきた有薗選手。

たくさんの練習が実を結んで、
「千葉のゴジラ」と称されるまでにもなったそうです。

そして今年のドラフト会議で見事交渉権を獲得!
夢に一歩近づきましたね!

プロの世界に足を踏み入れた有薗直樹選手から
これからも目を離せません!

高校野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました