川島悠翔(バスケ)の出身中学や成績は?進路や家族まで徹底調査

高校バスケ

先頃行われた第1回全国U15バスケットボール選手権大会(ジュニアウインターカップ2020~2021)。

中学生以下の実力の底上げを図って行われた記念すべきこの大会で、
大活躍したNLG INFINITYの川島悠翔選手について調べてみました。

・川島悠翔(バスケ)の出身、プロフィールは?
・川島悠翔(バスケ)の両親や妹は?
・川島悠翔(バスケ)の出身小学校や成績は?
・川島悠翔(バスケ)の出身中学や成績は?
・川島悠翔(バスケ)の進路は?高校進学?
・川島悠翔(バスケ)はミライモンスターに出演。5種類のダンクシュートとは?

について調査していきます。

記事の後半には、川島悠翔選手のバスケ動画を掲載していますので、
こちらも合わせてチェックしてみてください。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)の出身、プロフィールは?

まずは川島悠翔選手のプロフィールからです。

名前:川島悠翔(かわしま ゆうと)
生年月日:2005年5月27日
出身地:群馬県
身長,体重:198cm,85kg(2021年3月現在)
出身小学校:調査中
出身中学:群馬大学教育学部附属中学
所属:NLG INFINITY

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)の両親や妹は?

次にご家族の紹介です。

両親と妹の4人家族で、お父さんの隆翔(りゅうと)さんは
元社会人バスケットボールチームの選手で、身長が193cmです。

お母さんは練習の送迎や、食事面の管理などでお子さんを支える立場でした。
因みにお母さんも175cmです。

妹さんは現在中学2年生で、神奈川のバスケ強豪校である
相模女子大学附属中学でプレーしています。

家族写真を見るとお母さんより少し身長が低いですが、170cmはありそうです。
やはりバスケットボール一家で、全員高身長ですね。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)の出身小学校や成績は?

小学校は現在調査中なのですが、
中学が群馬大学教育学部附属中学で小中一貫校となっていますので、
恐らく小学校も附属の小学校と思われます。

川島悠翔選手が小学校入学の頃
まだ現役の実業団選手だったお父さんの影響で、
自然に1年生からミニバスのチームに入りました。

幼少時からひときわ身長の高かった悠翔選手は、
5年生まではセンタープレーヤー専門で、
ゴール下でじっとしていることが殆どでした。

しかし6年の時お父さんがチームのアシスタントコーチとして就任すると、
ドリブルやガードの技術を習得。

それからは一気に彼の眠っていた才能が花開きます。

ご本人によると、当時はとても落ち着きのない子どもだったそうです。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)の出身中学や成績は?

中学は群馬大学教育学部附属中学に入学します。

国立の小中一貫校として、県内2位のレベルの学校ですので、
川島悠翔選手は勉強もできたようです。

中学入学後、学校のバスケ部に在籍しながら
群馬県伊勢崎市のクラブチーム【無限NO LIMIT GTNMA】(現NLG INFINITY)に入ります。

ここではポジションの縛りもなく、
小学校時代は試合に負けると仲間のせいにするような子どもだった川島悠翔選手も、
人間的にも成長し、バスケの楽しさに目覚めます。

3年間でセンタープレーヤーとしてだけでなく、
アウトサイドプレーなどのゲームメイクも取得。

堀田監督が選手を褒めて伸ばす人だったのがとても良かったようです。

2年生の時、NIKE ALL ASIA CAMPに高校生に混ざって招待され、
レベルや体格の差を感じながらも同時に自分にもできると言う自信がついたそうです。

好きな選手がNBAのロサンゼルス・レイカーズに所属する
レブロン・ジェームズだそうで、
彼の高さ,身体能力に近づくことができれば
凄い日本人選手の誕生となりそうです。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)の進路は?高校進学?

中学卒業後はバスケの本場である
アメリカ留学を希望していた川島悠翔選手。

しかしコロナ禍の影響で断念することになり、
バスケの強豪校としてだけでなく野球でも有名な
福岡大学附属大濠高校に進学しました。

勿論他の高校からのスカウトもあったようですが、
片峯監督の人徳に触れ、この人の元でバスケをやりたい!と彼自身が決めたようです。

また福岡大大濠高校は文武両道を重んじる高校で、
勉強もおろそかにしたくないと言う理由もあったようです。

中学時代にドライブや外角シュートなどの技術も学び、
身長があるにもかかわらず走れるオールラウンダーの
川島悠翔選手の活躍と成長が楽しみなところですね。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)はミライモンスターに出演。5種類のダンクシュートとは?

3月21日放送されたミライモンスター(フジテレビ系)に、
お笑い芸人のマヂカルラブリーの野田クリスタルさんプレゼンで
好評だった回に川島悠翔選手は出演しました。

まだ中学生とは思えない落ち着いた物腰と受け答えに、
好印象を受けた視聴者は多かったはずです。

その中で5種類のダンクシュートについて解説がありました。

まず両足でジャンプするワンハンドダンク、
2つ目は片足でジャンプするワンハンドダンク、
3つ目はワンハンドよりも高く跳ぶツーハンドダンク、
4つ目は器用さがないとできないバックダンク、
最後に360℃回転しながら入れるスクリューダンクです。

自身もダンクシュートに憧れてバスケを始めた
野田クリスタルさんによると、ワンハンドダンクは通常なら
両足でジャンプするのですが、彼は片足跳びもできるところが
並外れているのだそうです。

両方を簡単にやる選手はなかなかいないとのことで、
やはり中学生のレベルではなさそうですね。

またレイアップシュートもスピード・パワーがあり、
これも同世代の選手の域を超えているのだそうです。

スポンサーリンク

川島悠翔(バスケ)のまとめ

ここまで

・川島悠翔(バスケ)の出身、プロフィールは?
・川島悠翔(バスケ)の両親や妹は?
・川島悠翔(バスケ)の出身小学校や成績は?
・川島悠翔(バスケ)の出身中学や成績は?
・川島悠翔(バスケ)の進路は?高校進学?
・川島悠翔(バスケ)はミライモンスターに出演。5種類のダンクシュートとは?

について調査して来ました。

川島悠翔選手は中学生の頃アメリカのIMGアカデミーのキャンプにも参加しています。

ここはバスケだけではなく、テニスや野球、アメフト、ゴルフなどの選手も育成する所で、
世界80ヶ国から精鋭が集まり、あの錦織圭選手も参加していました。

将来は八村塁選手や渡邊雄太選手のようなNBAプレーヤーを目指している川島悠翔選手は、
英語力も身につけたいと思っているそうです。

今大会ではゴール下での存在感が圧巻だった川島悠翔選手。

英語力だけでなくスリーポイントシュートやミドルシュートなどにも磨きをかけ、
数年後NBAのコートに立っている姿を期待しましょう!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました