オリックスバファローズ・ドラフト1位指名予想2022!結果速報

プロ野球
スポンサーリンク

今年もドラフト会議の季節がやってまいりました。
2022年のオリックス・バファローズはリーグ優勝し、現在パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージで2連勝中です。

来季も連覇を目指してドラフト1位指名に掛ける思いは強いものがあるでしょう。

そこで今回は

・オリックスバファローズ・ドラフト1位指名予想2022!
・オリックスバファローズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

ご紹介していきます。

スポンサーリンク

オリックスバファローズ・ドラフト1位指名予想2022!

矢澤宏太

大学投手陣でトップクラスの実力を持つ矢澤宏太。先発は山本由伸、宮城大弥、山岡泰輔などが揃い、リリーフも充実した投手を揃えるオリックスであるが、これをさらに盤石にするために十分な実績とポテンシャルがある矢澤宏太は指名しておきたいところ。また投手陣内での競争を生み出すためにも、この大学トップクラスの投手の存在は大きい。

山田陽翔

オリックスはこれからのチーム作りとして、地元密着をしてファンを増やしながら、チームを強くしていく路線にしていかないと阪神にどんどんファンを取られてしまい、収益を圧迫していく未来が見える。今年、甲子園で大活躍した山田くんは関西期待の星であり、スライダーが特徴的なピッチャー。今のクローザーが平野で年齢面で苦しいことを考えると山田くんをクローザー候補として考えてみてはどうか。ストレートやコントロールなどはこれからの課題だが楽天・松井のように一級品のスライダーがあれば活躍できると思っている。

曽谷龍平

曽谷龍平投手がドラフト1位で指名されそうな理由は、今季のオリックスは攻撃陣に比べると投手陣は安定していましたが、それでも慢性的な左投手不足は解消されていないため、左投手の補強ポイントとして計算できる曽谷投手が適任だと思われるからです。曽谷投手は、身長183cm、体重79kgのプロ向きの体格を誇り、最速152km/hの直球と、スライダー、カットボールなどを操るスリークォーター左腕で、投球イニング数を超える三振数を奪取できるボールのキレは特に左打者には厄介であると定評があります。今季の公式リーグ松本大戦において、13三振を奪い、ノーヒットノーランを記録したことにより先発としてさらにプロからの評価をあげた投手です。

浅野翔吾

投手陣は12球団1を誇り、即戦力投手は必要ないように思えます。野手に目を移しても宗選手、中川選手、頓宮選手、若月選手などの20代半ばの選手がレギュラークラスでいるのでこちらも即戦力の優先順位は下がるかと思います。そうなってくる昨年大卒選手が上位4位まで占めたので、今回は高卒選手を指名してきそうです。その中で高松商の浅野選手は高校生ナンバーワン野手の呼び声高いので重複覚悟で狙う可能性が高いのではないでしょうか。

羽田野温生

オリックスは野手も投手も充実しているが、唯一あげるなら抑え投手で、今は平野投手が君臨していますが、年齢的に考えても何年も続けて活躍するには難しく、現状そのあとを任せる投手が育っていないので、地元大阪出身で大学野球でもスピードボールを投げる投手では1番だと思われる投手なので、近い将来の抑え候補として獲得に走るのではないかと思いますし、一位指名なら一本釣りできるのではないかと思います。

山田健太

オリックスは3年連続で投手を指名しており、今回は打線の補強の為、早稲田大学 蛭間、立教大学 山田内野手が浮上しています。紅林との強固な二遊間を形成する意味で山田が、注目です。山田は、183cmの大型内野手で、二塁、三塁、1塁も守れます。1年生から全日本大学候補に選ばれ、2019年秋、2020年秋にリーグベストナイン、リーグ通算では、2022年春まで71試合出場、通算打率0.302,本塁打7本で、左右に打ち分けられるシュアーな打撃に長打力も兼ね備えています。またオリックスはリーグ優勝と今年も上位に組み込んでくるほど強いチームになっています。その中で、投手が山本選手、宮城選手、山岡選手と豊富な投手陣の中でやはり、野手固定のレギュラーは少ないなか、高校は大阪桐蔭で2年次からレギュラーとして活躍、大学生でも1年生から4番で活躍している中で、打力が足りないオリックスを補強できると思います

スポンサーリンク

オリックスバファローズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

順位名前所属守備投打
1位曽谷龍平白鷗大投手左左
2位内藤鵬日本航空石川高内野右右
3位斎藤響介盛岡中央高投手右右
4位杉沢龍東北福祉大外野右左
5位日高暖己富島高投手右左
スポンサーリンク

オリックスバファローズ・ドラフト1位指名予想2022!まとめ

ここまでで

・オリックスバファローズ・ドラフト1位指名予想2022!
・オリックスバファローズ・ドラフト1位指名2022!結果速報

について紹介してきました。

オリックスの指名方針は将来性重視、補強ポイントは3年後に20本塁打を狙えるスラッガー候補、山本由伸の後継者となる本格派エース候補、パワーツールに優れ、センターも守れる外野手です。

それを踏まえて、オリックス福良淳一GMは10月14日、ドラフト会議で白鴎大の曽谷龍平投手を1位指名すると公言しました。

本当にその言葉通り指名するのか、10月20日のドラフト会議に注目していきましょう。

プロ野球
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました