青天を衝けのロケ地や撮影場所はどこ?出演者やキャスト情報も!

ドラマ
スポンサーリンク

2021年の大河ドラマは記念すべき60作品目!
新1万円札の顔になることで注目される渋沢栄一を主人公に描く『青天を衝け』です。

渋沢栄一は「日本資本主義の父」と呼ばれ
今の豊かな生活の礎を築いた人物の1人です。

気になるロケ地や撮影場所はどこでしょうか?

そこで今回は渋沢栄一の『青天を衝け』について

・青天を衝けのロケ地や撮影場所はどこ?
・青天を衝けの出演者キャスト一覧
・青天を衝けの注目の出演者は?
・青天を衝けの子役は?

に分けて調査していきたいと思います!

記事の後半には青天を衝けの関連動画も掲載していますので、
ぜひ合わせてチェックしてみてくださいね!

スポンサーリンク

青天を衝けのロケ地や撮影場所はどこ?

主要ロケ地を紹介します。

青天を衝けロケ地・松井田

群馬県安中市松井田町で主人公渋沢栄一の故郷、
血洗島を野外セットで再現しロケを行ったそうです。

生家だけでなく親戚の家や当時の畑など街ごと再現した
スケールの大きなセットでドラマ前半の渋沢と家族のシーンを中心に撮影されました。

主役を務める吉沢亮さんは「雄大なロケーションでのびのびと芝居ができた。」と語っているそうです。

周りに現代的な建物がなく、自然に囲まれた立地でしか作ることのできない大掛かりなセットですね!

出演者も本当にその場にいるように演技できるのではないでしょうか。

青天を衝けロケ地・安中市

先ほど紹介した松井田町がある安中市では故郷のシーンの他にも自然の中で駆け抜けるシーンなども一緒に市内で撮影したのではないかと思われます。

先日放送した『ブラタモリ×鶴瓶の家族に乾杯新春スペシャル2021』では
安中市にいる吉沢亮さんと中継でトークをしたそうです。

安中市といえば『頭文字D』の聖地として訪れる人も多いですが、
これからは吉沢亮さんのファンにとっても聖地になるかもしれませんね!

青天を衝けロケ地・谷川岳

渋沢と富岡製糸場初代社長・高尾が旅をするシーンが
群馬県と新潟県の境にある谷川岳で撮影されました。

袴やかつらを身に着け草履を履いて岩場を進んだそうです。

なんと谷川岳は遭難者も多く世界一危険な山とも言われているのだとか。
とても過酷そうですね。

高尾演じる田辺誠一さんは

役者になって一番つらいロケでした。でも、渋沢や尾高は商売のために荷物を背負い、何十倍もの距離を何日もかけて歩いたんです。2人の体験を体に刻むいい経験でした。」

と語っています。

2人の気合の入ったシーンにも注目ですね!

青天を衝けロケ地・深谷市

埼玉県深谷市は渋沢栄一の生まれた地で
ゆかりのある建物が多く存在し、渋沢栄一記念館もあります。

渋沢栄一が新1万円札の顔に決定してから
深谷市を紹介する番組も増えましたね。

人や現代建物も多くなってしまいましたが、
渋沢の生涯を語るには欠かせない地として撮影も行われているそうです。

また深谷市の隣にある嵐山町、鎌形八幡神社では獅子舞を舞うシーンも撮影され
すでにロケ地めぐりをしている人も多いようです!

深谷市はアクセスも良く名物が食べられるお店も多いので
聖地巡りをするのも楽しそうですね!

青天を衝けロケ地・栃木県那須塩原市

水戸藩主である徳川斉昭公が狩猟形式の軍事訓練を行うシーンを
栃木県那須塩原市の千本松牧場で撮影したそうです。

最後の将軍として江戸から明治へと変わる大事な役割を担い
渋沢とも厚い信頼関係を築く徳川慶喜の子供時代の初登場シーンでもあります。

主人公渋沢は登場しませんが、幕末の大規模な軍事訓練シーンをエキストラを募って撮影しました。

江戸時代の軍事力を感じる迫力あるシーンになっていそうですね!

青天を衝けロケ地・奥会津博物館

博物館で大河ドラマロケ?と思うかもしれませんが、
博物館敷地内にある古民家で撮影したそうです。

南会津町で大河ドラマを撮影したのは初めてとのこと。

国指定、県指定と言った歴史ある古民家が残っている珍しい場所なので
これからの大河ドラマでもロケ地として選ばれるかもしれませんね!

 

気になった・行ってみたいロケ地はありましたか?

物語後半では、資本主義を学んだ舞台である
ヨーロッパでのシーンも出てくることが予想されます。

日本だけでなく海外での当時のシーンも見られるなんて楽しみですね!

青天を衝けロケ地・江戸城

第1話から登場しております江戸城や江戸の町並。茨城県つくばみらい市南太田(旧伊奈町)のワープステーション江戸で撮影したそうです。

アシガールの黒羽城、信長協奏曲(映画版)天王寺砦など多数作品のロケ地にもなっています

青天を衝けロケ地・滝

青天を衝け第五話にて、栄一の姉なかと栄一が行った滝のロケ地ですが、群馬県安中市の千ヶ滝でないかという情報があります。渋沢栄一生誕の地埼玉県深谷市には滝がないそうで、ドラマのなかの話のようです。

相手の家に憑き物がいると縁談を反対され傷つき様子がおかしくなった栄一の姉なかが、滝の中に入っていこうとするのを栄一が必死に止めるシーンです。

女心は大変難しいものです。

青天を衝けロケ地・畑

栄一の家は藍玉作りをしている農家ですよね。広大な藍畑の撮影場所は福島県南会津町で撮影されたそうです。引用にもある通り畑や作物、家屋もすべてNHKが作ったセットなんだそう。

NHK受信料を払っている甲斐がある!などの声も上がっていました。

2020年2月、藍染め体験ができる染屋(そめや)にNHKドラマスタッフが目を付けたのがきっかけだったそうです。

青天を衝けロケ地・ひこばえの木

ドラマの象徴ではないかとも言えるひこばえの木。第一話では喜作たちの溜まり場、第5話では栄一が惇忠からアヘン戦争に関する本を渡される場などとして登場していました。

群馬県安中市松井田町新井にての撮影で、自然のナラの木をそのまま使っているようです。

NHKドラマスタッフのこだわりがありますね。

青天を衝けロケ地・弘道館

第一話にて、竹中直人さん、津田寛治さん、笠松基生くんなどの登場シーンが水戸市弘道館で撮影されました。実際に弘道館は徳川斉昭によって建てられました。渋沢栄一ご本人も訪れたことがあり、ゆかりの地となっています。

七郎麻呂への教育シーンや朝食シーンなども弘道館で撮影されたそうです。

徳川斉昭は七男の七郎麻呂への教育はかなり熱心で厳しいものだったようですね。

スポンサーリンク

青天を衝けの出演者キャスト

一覧

そうそうたるメンバーで組まれたキャストを一覧で紹介します!

 

吉沢亮:渋沢栄一

小林薫:渋沢市郎右衛門

和久井映見:渋沢ゑい

村川絵梨:渋沢なか

藤野涼子:渋沢てい

高良健吾:渋沢喜作

成海璃子:渋沢よし

平泉成:渋沢宗助

朝加真由美:渋沢まさ

手塚理美:尾高やへ

田辺誠一:尾高惇忠

満島真之介:尾高長七郎

橋本愛:尾高千代

岡田健史:尾高平九郎

手塚真生:尾高きせ

玉木宏:高島秋帆

板橋駿谷:真田範之助

酒向芳:利根吉春

山崎銀之丞:大橋訥庵

草彅剛:徳川慶喜

川栄李奈:美賀君

美村里江:徳信院

堤真一:平岡円四朗

木村佳乃:平岡やす

竹中直人:徳川斉昭

原日出子:吉子

渡辺いっけい:藤田東湖

津田寛治:武田耕雲斎

藤原季節:藤田小四朗

吉幾三:徳川家慶

渡辺大知:徳川家定

上白石萌音:篤君

峯村リエ:歌橋

岸谷五郎:井伊直弼

中村靖日:永井尚志

要潤:松平慶永

小池徹平:橋本左内

モーリー・ロバートソン:マシュー・ペリー

 

すごく豪華なキャスティングですね!
注目出演者については次の項目で詳しく紹介します!

スポンサーリンク

青天を衝けの注目の出演者は?

主要キャストを物語の人物と共に紹介します。

吉沢亮

名前:吉沢亮(よしざわ りょう)

生年月日:1994年2月1日

身長:171cm

『仮面ライダーフォーゼ』『銀魂』『オオカミ少女と黒王子』『キングダム』『ママレード・ボーイ』などに出演。

2009年『アミューズ全国オーディション2009 THE PUSH!マン』でRight-on賞を受賞

2011年『サイン』で俳優デビュー。

2018年『リバース・エッジ』では日本アカデミー賞新人俳優賞、TAMA映画賞最優秀新進男優賞、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞

2019年『キングダム』では日本アカデミー賞最優秀助演男優賞、ブルーリボン賞

を受賞している。

 

渋沢栄一

天保11年、埼玉県深谷市の農家で生まれ父から物づくりや学問を学ぶ。

農民としては裕福なほうだが身分制度で苦い思い経験し尊王攘夷派に。
高崎城乗っ取りなどの計画は中止になり、追われる身となり慶喜の側近に助けられ幕臣となる。

徳川幕府第15代徳川慶喜の弟昭武と共にパリ万博を見学し長期にわたって欧州諸国や先進国の実情を学ぶ。

しかし日本に帰国すると明治維新で日本は大きく変化していた。

静岡に商法会所を設立し、明治政府の大蔵省の一員として新しい国づくりに深く関わる。

4年後大蔵省を辞し第一国立銀行を始め、株式会社・企業の創設や育成に関わる。

「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に近代日本のあるべき姿を生涯をかけて追い続けた。

主人公、渋沢栄一を演じるのは吉沢亮さんです!

誰もがイケメンと思う吉沢さん、しかし外見だけでなく演技力も認めらていて、
日本アカデミー賞やブルーリボン賞など様々な賞を受賞しています。

端正な顔立ちなので洋装はもちろんですが和服姿も凛々しくてとても似合いますよね。

時代の移り変わりに翻弄されながらも、青天を衝くかのように高い志を持って突き進む
生涯青春のような人物・渋沢栄一を力強く演じる姿に注目です!

草彅剛

名前:草彅剛(くさなぎ つよし)

生年月日:1974年7月9日

身長:170cm

『黄泉がえり』『日本沈没』『BALLAD名もなき恋のうた』『ミッドナイトスワン』『フードファイト』『僕の生きる道』などに出演。

 

1988年『SMAP』のメンバーとしてデビューし、同年『あぶない少年Ⅲ』で本人役として俳優デビュー。

『いいひと。』でザテレビジョンドラマアカデミー賞主演男優賞を受賞し、その後も『僕の生きる道』『僕の歩く道』『僕と彼女と彼女の生きる道』『黄泉がえり』『任侠ヘルパー』『銭の戦争』などでザテレビジョンアカデミー賞やドラマ・オブ・ザ・イヤーなどで様々な賞を受賞している。

徳川慶喜

水戸藩主・徳川斉昭の七男として生まれ徳川幕府第15代将軍になる。

渋沢の高い能力に目をつけ、藩の財政改革を任せたり2人で直に話し合う懇意な間柄になる。

倒幕後も渋沢は慶喜の名誉挽回のため忠義を貫き、厚い信頼関係で結ばれている。

徳川慶喜を演じるのは草彅さん。

SMAPとして活動していた時から様々な作品に出演していましたね。
優しく儚い雰囲気は他の人には出せないものを感じます。

渋沢栄一の生涯を描く上で慶喜の軌跡を辿ることもとても重要になってきます。

慶喜の幕府に対する思いや葛藤、そして倒幕後の姿を草彅さんが丁寧に演じます。

 

上白石萌音

名前:上白石萌音(かみしらいし もね)

生年月日:1998年1月27日

身長:152cm

『西郷どん』『恋はつづくよどこまでも』『ちはやふる』『溺れるナイフ』『君の名は。』などに出演。

2011年第7回東宝シンデレラオーディションで審査員特別賞を受賞し、
そのオーディションでグランプリを受賞し、NHK大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』最終回でドラマデビュー。

2014年公開の『舞子はレディ』では日本アカデミー賞新人賞など数々の賞を受賞し
「日本のオードリー・ヘップバーン」と演技力・歌唱力共に高く評価される。

また『おおかみこどもの雨と雪』や『君の名は。』では声優も務める。

 

天璋院/篤君

薩摩藩島津家の一門に生まれ、徳川家に嫁ぎ江戸幕府第13代将軍徳川家家定御台所となった。

家定の死後は落飾して天璋院と号する。

倒幕後も徳川を守るため嘆願運動を行う。

 

2008年に宮崎あおいさんが篤君を演じた大河ドラマ『篤姫』と同じ人物ですね。

ドラマやCMだけでなくバラエティ番組などにも多く出演し、
今大人気の上白石さんは篤君と同郷。

大河ドラマではお国言葉や方言なまりを完璧にコピーすることがとても難しいと言われています。

本物の鹿児島弁での演技に期待です!

大谷亮平

名前:大谷亮平(おおたに りょうへい)

生年月日:1980年10月1日

身長:180cm

『逃げるは恥だが役に立つ』『まんぷく』『ノーサイド・ゲーム』『ラブリラン』『奪い愛、冬』などに出演。

 

2003年に韓国で俳優デビューし、『朝鮮ガンマン』などに出演する。

2016年から日本での活動を開始し、『ラヴソング』で日本のテレビドラマに初出演する。

 

阿部正弘

備後国福山藩7代藩主。

わずか25歳で江戸幕府の老中首座を務め、ペリー来航で開国を要求され開国か鎖国かの決断に心労を重ねていく。

徳川斉昭を海防参与に登用するなど習慣にとらわれず能力主義で人材を登用し、
阿部の死後もその人材たちの原動力が明治時代の新日本を支えた。

 

若きエリート老中、阿部正弘を大谷さんが演じます。

『逃げ恥』でブレイクし、ドラマ出演が増えている大谷さん。

顔立ちがはっきりしているので存在感があり、
物語に華を添えてくれますよね。

時代のうねりに翻弄され心労を重ねますが、
その中でも慶喜の成長を喜び見守るという阿部正弘の役はスマートな大谷さんにピッタリですね。

小池徹平

名前:小池徹平(こいけ てっぺい)

生年月日:1986年1月5日

身長:167cm

『ごくせん』『ドラゴン桜』『ラブ★コン』『あまちゃん』『大恋愛~僕を忘れる君と~』『ギルティ~この恋は罪ですか?~』などに出演。

雑誌の活動を経て2002年に『天体観測』で俳優デビュー。

舞台俳優としても活躍し『1789』『キンキーブーツ』では菊田一夫演劇賞・演劇賞を受賞。

また2005年から2016年までウエンツ瑛士と音楽デュオ『WaT』としても活動していた。

 

橋本左内

福井藩医だったが才能を見出され側近へ。

将軍継嗣運動の中心となり、慶喜の英邁さを伝える文章を完成させる。

しかし安政の大獄で26歳という若さで命を落とす。

 

慶喜を慕う橋本役は小池さんです。

いくつになってもかわいらしいルックスの小池さんですが
『大恋愛~僕と忘れる君と~』や『ギルティ~この恋は罪ですか?~』などで
優しい顔をして主人公を欺く役などが増えてきましたね。

舞台での活動や今までの経験で演技の幅が増えたのでしょうか。

今回は元々の小池さんのイメージ通りのような、
まっすぐで清廉潔白な橋本をキラキラと演じます。

スポンサーリンク

青天を衝けの子役は?

渋沢栄一の子供時代から物語が始まることから、
渋沢本人やいとこなどを演じるたくさんの子役が登場します。

 

キャストは

渋沢栄一…小林優仁

渋沢なか…小田菜乃葉

渋沢てい…吉田帆乃華

渋沢喜作…石澤柊斗

尾高長七朗…須東煌世

尾高千代…岩崎愛子

尾高平九郎…高木波瑠

徳川慶喜…笠松基生

です。

 

主人公渋沢の子供時代を演じる小林さんはツイッターでも撮影の様子などをアップしています。

この中から将来、大河ドラマでも主役を演じるようなスターがいるかもしれませんね!

 

「青天を衝け」がスタートして、二人の子役が話題になっています。

渋沢栄一の幼少期を演じる、小林優仁(こばやし・まさひと)。

生年月日:2011年4月25日
出身地 :東京都
身長 :132cm
スポーツ:サッカー バスケットボール シャドーボクシング
特技 :体幹 ストレッチ ダンス 作曲
趣味 :登山 お菓子づくり 映画・ドラマ鑑賞 ライヴ通い
夢 :俳優 ダンサー ミュージシャン サッカー選手

「青天を衝け」でテレビドラマ初出演なんです。
「●●だに!」という方言がかわいらしいと評判になっています。

女の子ではないか、と言われるほどのカワイイ子役です。

 

徳川慶喜の幼少期・七郎麻呂を演じる笠松基生(かさまつ・もとい)。

生年月日:2009年12月3日
年齢:11歳
出身地:神奈川県
身長:162cm
特技:指が柔らかい・ハンドスプリングができる
趣味:ゲーム・科学

子供らしからぬクールな顔つきが特徴です。
「かわいい」「イケメン」「キラキラしている」と評判です!

 

スポンサーリンク

まとめ

ここまで

・青天を衝けのロケ地や撮影場所はどこ?
・青天を衝けの出演者キャスト一覧
・青天を衝けの注目の出演者は?
・青天を衝けの子役は?

について調査してきましたがいかがでしたか?

渋沢の活躍が現代の生活につながっていることや、
人気若手俳優・女優もキャストにいることから
今回は若い世代の視聴者も増えるのではないでしょうか。

『青天を衝け』は2月14日から放送開始です!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました