青山学院大学駅伝部メンバー2020・イケメン選手やTwitterも紹介

陸上

11月1日、全日本大学駅伝が開催されます。

昨年は優勝を逃した青山学院大学駅伝部ですが、
今年は選手層が厚く、優勝に期待が掛かっています。

そこで今回は、

・青山学院大学駅伝部の成績は?
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・4年生
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・3年生
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・2年生
・青山学院駅伝部2020メンバー・新入生
・青山学院大学駅伝部2020でイケメン注目選手はだれ?
・青山学院大学駅伝部2020の監督は?
・青山学院大学駅伝部のブログやTwitterはある?

について調査していきます!

また、この記事の後半では
青山学院大学駅伝部の主将、神林勇太選手と
副将の松葉慶太選手のインタビュー動画を掲載しております!

ぜひ、合わせてチェックしてみてください!

  1. 青山学院大学駅伝部の成績は?
  2. 青山学院大学駅伝部2020メンバー・4年生
    1. 神林 勇太(全日本大学駅伝エントリー選手)
    2. 市川 唯人
    3. 岩見 秀哉(全日本大学駅伝エントリー選手)
    4. 大藏 洋人
    5. 新号 健志(全日本大学駅伝エントリー選手)
    6. 中山 大樹
    7. 松葉 慶太(全日本大学駅伝エントリー選手)
    8. 森川 弘康
    9. 田 圭太(全日本大学駅伝エントリー選手)
    10. 竹石 尚人(全日本大学駅伝エントリー選手)
  3. 青山学院大学駅伝部2020メンバー・3年生
    1. 飯田 貴之(全日本大学駅伝エントリー選手)
    2. 石鍋 颯一
    3. 久留戸 黛良
    4. 近藤 海太
    5. 髙橋 勇輝(全日本大学駅伝エントリー選手)
    6. 能島 翼
    7. 湯原 慶吾(全日本大学駅伝エントリー選手)
    8. 渡辺 大地
  4. 青山学院大学駅伝部2020メンバー・2年生
    1. 畦地 貴斗
    2. 大澤 佑介
    3. 岸本 大紀
    4. 近藤 幸太郎(全日本大学駅伝エントリー選手)
    5. 関口 雄大
    6. 中倉 啓敦
    7. 中村 唯翔(全日本大学駅伝エントリー選手)
    8. 西川 魁星
    9. 西久保 遼
    10. 保手濱 涼介
    11. 宮坂 大器(全日本大学駅伝エントリー選手)
    12. 目片 将大
    13. 横田 俊吾(全日本大学駅伝エントリー選手)
    14. 脇田 幸太朗
  5. 青山学院駅伝部2020メンバー・新入生
    1. 赤坂 匠
    2. 池田 知史
    3. 小原 響
    4. 倉本 玄太
    5. 佐々木 塁
    6. 佐藤 一世(全日本大学駅伝エントリー選手)
    7. 志貴 勇斗(全日本大学駅伝エントリー選手)
    8. 鈴木 竜太朗
    9. 多田 奏太
    10. 松並 昂勢
    11. 山内 健登(全日本大学駅伝エントリー選手)
    12. 山下 悠河
  6. 青山学院大学駅伝部2020でイケメン注目選手はだれ?
  7. 青山学院大学駅伝部2020の監督は?
  8. 青山学院大学駅伝部のブログやTwitterはある?
  9. まとめ
スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部の成績は?

青山学院大学駅伝部の成績は以下の通りです。

  • 2008年度/箱根駅伝22位
  • 2009年度/全日本大学駅伝15位・箱根駅伝8位
  • 2010年度/出雲駅伝11位・箱根駅伝9位
  • 2011年度/出雲駅伝10位・全日本大学駅伝9位・箱根駅伝5位
  • 2012年度/出雲駅伝優勝・箱根駅伝8位
  • 2013年度/出雲駅伝5位・全日本大学駅伝6位・箱根駅伝5位
  • 2014年度/全日本大学駅伝3位・箱根駅伝優勝
  • 2015年度/出雲駅伝優勝・全日本大学駅伝2位・箱根駅伝優勝
  • 2016年度/出雲駅伝優勝・全日本大学駅伝優勝・箱根駅伝優勝
  • 2017年度/出雲駅伝2位・全日本大学駅伝3位・箱根駅伝優勝
  • 2018年度/出雲駅伝優勝・全日本大学駅伝優勝・箱根駅伝2位
  • 2019年度/出雲駅伝5位・全日本大学駅伝2位・箱根駅伝優勝
スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部2020メンバー・4年生

青山学院大学駅伝部2020の4年生メンバーを紹介します。

神林 勇太(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/九州学院高校
  • 自己ベスト

5000m/13:50.58
1000m/29:13.62
ハーフ/1:01:53

中学入学時に陸上部に入部し、
2年生のときに全国中学駅伝4区に出場。
10人ごぼう抜きで区間賞を獲得しました。
高校では3年連続で全国高校駅伝に出場します。

大学へ進学後は1年生ながら出雲駅伝5区を担当。
区間3位で通過しました。

2年生のときは不調により、
3大大学駅伝の出場は叶わず。

しかし、3年生のときに2年ぶりに出雲駅伝4区を担当し
区間新記録を達成します。

2020年、念願の箱根駅伝出場

9区をトップで駆け抜け、
2年ぶり5回目となる箱根駅伝総合優勝に貢献しました。

市川 唯人

  • 学科/文学部史学科
  • 出身高校/伊賀白鳳高校
  • 自己ベスト

5000m/14:08.89
1000m/29:22.35
ハーフ/1:04:22

 

岩見 秀哉(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/教育人間科学部教育学科
  • 出身高校/須磨学園高校
  • 自己ベスト

5000m/13:45.80
1000m/28:49.13
ハーフ/1:03:13

小学3年生のときに800m走に出場。
学年トップになったのをきっかけに、
小学4年生から陸上を始めます。
高校では1年から2年連続で
全国高校駅伝に出場。

大学2年のとき、
箱根駅伝で4区を担当。

岩見秀哉選手にとって
大学3大駅伝初出場でした。

しかし、走行中に低体温症になり、
区間15位と残念な結果に終わります。

ですが、
2020年の箱根駅伝で8区を2位通過し、
箱根駅伝優勝に貢献。
見事、リベンジを果たしました。

大藏 洋人

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/九州学院高校
  • 自己ベスト

5000m/14:17.80
1000m/29:56.05
ハーフ/1:05:16

新号 健志(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/秋田中央高校
  • 自己ベスト

5000m/14:02.27
1000m/29:24.59
ハーフ/1:02:43

高校時代、
秋田県陸上競技選手権10000mで優勝など、
秋田県内ではトップクラスの選手だった新号健志選手。

しかし、秋田中央高校は陸上の強豪校ではなかったためか、
全国大会への出場経験はありません。

新号健志選手のお父さんは東海大卒の箱根ランナーで、
4年連続で箱根駅伝に出場したことがあるそうです。

高校時代は、
青山学院大学駅伝部の監督である原監督とライバル関係だったんだとか。
監督とお父さんがライバル関係だったなんて、
びっくりですよね。

中山 大樹

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/樹徳高校
  • 自己ベスト

5000m/14:00.58
1000m/29:55.82
ハーフ/1:03:09

 

松葉 慶太(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/浜松日体高校
  • 自己ベスト

5000m/14:04.56
1000m/29:47.23
ハーフ/1:04:37

 

森川 弘康

  • 学科/教育人間科学部教育学科
  • 出身高校/自由ヶ丘高校
  • 自己ベスト

5000m/14:19.12
1000m/29:50.80
ハーフ/1:03:34

田 圭太(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/世羅高校
  • 自己ベスト

5000m/13:37.34
1000m/28:27.40
ハーフ/1:01:46

高校1年と2年のとき、
世羅高校の高校駅伝2連覇に貢献し、
3年生のときは主将に。

都道府県駅伝には3年連続で出場を果たしました。

大学2年の2018年、
日本学生対抗選手権5000mで
日本人トップの3位になります。
そして、3大駅伝で初出場となる出雲駅伝では4区を担当。

トップで通過し、
2年ぶり4度目の優勝に貢献しました。

同年の全日本大学駅伝(6区)、
箱根駅伝(9区)でも区間賞を獲得しています。

田圭太選手のお父さんも世羅高校の出身で、
原監督の後輩です。

1984年の高校駅伝で、
原監督にタスキをつないだことがあるんだとか。

高校時代の後輩の子供が教え子になるなんて、
監督もびっくりだったでしょう。

竹石 尚人(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/鶴崎工業高校
  • 自己ベスト

5000m/14:05.40
1000m/29:22.79
ハーフ/1:04:10

お姉さんの影響で陸上を始め、
高校3年生のときには主将に就任。
全国高等学校駅伝競走大会・男子の部に北九州地区代表として出場しました。

大学2年のとき、全日本大学駅伝に出場。

自身初となる3大駅伝出場で、
6区を区間4位タイで通過しました。

大学最後となる2019年、
4年目となる箱根駅伝はケガによりエントリー漏れに。

そのまま競技を引退し、
陸上部のない保険会社へ就職する予定でしたが、
競技に対する意欲が再燃したことで留年を決意します。

大学5年生として、
再び競技をすることを決めた竹石尚人選手。

後悔のないように、
ラストスパートを駆け抜けていって欲しいと思います。

スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部2020メンバー・3年生

青山学院大学駅伝部2020の3年生メンバーを紹介します。

飯田 貴之(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/八千代松陰高校
  • 自己ベスト

5000m/14:07.55
1000m/28:49.45
ハーフ/1:03:10

高校から本格的に陸上を始め、
1年生のときに全国高校駅伝で3区を担当。

3年のときには全国都道府県対抗男子駅伝競走大会で1区を出走、
13位で通過しました。

原監督にスカウトされ、青山学院大学へ進学
1年生ながら箱根駅伝8区を任され、
区間2位の記録で通過しました。

石鍋 颯一

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/鎌倉学園高校
  • 自己ベスト

5000m/14:08.79
1000m/29:56.16
ハーフ/1:04:55

 

久留戸 黛良

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/成田高校
  • 自己ベスト

5000m/14:21.27
1000m/30:13.89
ハーフ/1:07:27

近藤 海太

  • 学科/理工学部物理数理学科
  • 出身高校/市立西宮高校
  • 自己ベスト

5000m/14:18.65
1000m/31:15.04
ハーフ/1:08:03

髙橋 勇輝(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/長野日大高校
  • 自己ベスト

5000m/13:56.12
1000m/29:11.49
ハーフ/1:03:17
 

能島 翼

  • 学科/経営学部経営学科
  • 出身高校/興国高校
  • 自己ベスト

5000m/14:15.34
1000m/30:56.84
ハーフ/1:03:18

湯原 慶吾(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/文学部史学科
  • 出身高校/水戸工業高校
  • 自己ベスト

5000m/13:52.11
1000m/28:44.99
ハーフ/1:03:40

2020年の箱根駅伝でゴールテープを切った湯原慶吾選手。

高校時代から陸上選手として活躍しており、
北関東大会では1500mと5000mで2冠を達成しています。

渡辺 大地

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/加藤学園高校
  • 自己ベスト

5000m/14:19.97
1000m/30:11.47
ハーフ/1:03:51

スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部2020メンバー・2年生

青山学院大学駅伝部2020の2年生メンバーを紹介します。

畦地 貴斗

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/小林高校
  • 自己ベスト

5000m/14:19.58
1000m/30:34.58
ハーフ/1:04:37

大澤 佑介

  • 学科/文学部史学科
  • 出身高校/樹徳高校
  • 自己ベスト

5000m/13:57.52
1000m/30:00.06
ハーフ/1:05:35

岸本 大紀

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/三条高校
  • 自己ベスト

5000m/14:06.97
1000m/28:32.33
ハーフ/1:09:08

小学2年のとき、
地元の陸上クラブで中距離走を始めます。

高校では新潟県高校総体陸上1500mで、高2、高3と2年連続優勝。

5000mでは1年から3年まで3年連続優勝を達成しています。
高3の1500mと5000mでは新潟県男子高校生の新記録を出しました。

高校2年のときにスカウトを受け、青山学院大学へ進学。
大学1年で出雲駅伝の2区を任されます。

監督の期待通りの走りを見せ、区間賞を獲得。
同年の全日本大学駅伝にも出走しました。

近藤 幸太郎(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/経営学部経営学科
  • 出身高校/豊川工業高校
  • 自己ベスト

5000m/13:44.31
1000m/29:26.01
ハーフ/1:03:42

高校時代や大学1年のときはパッとしない選手だった近藤幸太郎選手。

しかし、2019年11月の世田谷246ハーフで5位になるなど、
急激に力をつけ始めています。

関口 雄大

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/豊川高校
  • 自己ベスト

5000m/14:05.21
1000m/
ハーフ/1:05:30

中倉 啓敦

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/愛知高校
  • 自己ベスト

5000m/14:08.19
1000m/29:22.91
ハーフ/1:02:26

中村 唯翔(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/流通経済大柏高校
  • 自己ベスト

5000m/13:51.81
1000m/29:22.99
ハーフ/1:02:52

高校から陸上を始めた中村唯翔選手

2019年10月の13000mのペース走で好調な走りを見せ、
全日本大学駅伝の登録メンバーに選ばれました。

残念ながら出走は叶いませんでしたが、
今年も登録メンバーに選ばれているので
力走する姿を見られるかもしれませんね。

西川 魁星

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/市立太田高校
  • 自己ベスト

5000m/14:10.48
1000m/
ハーフ/1:06:41

西久保 遼

  • 学科/コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科
  • 出身高校/鳥栖工業高校
  • 自己ベスト

5000m/13:59.18
1000m/29:58.50
ハーフ/1:02:30

保手濱 涼介

  • 学科/理工学部機械創造工学科
  • 出身高校/呉三津田高校
  • 自己ベスト

5000m/14:24.06
1000m/30:38.52
ハーフ/1:06:06

宮坂 大器(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/埼玉栄高校
  • 自己ベスト

5000m/13:54.89
1000m/29:10.82
ハーフ/1:02:26

小学では水泳をしていたそうですが、中学校には水泳部がなく、
球技が苦手で走るのが好きだったことから陸上部へ。

800mと1500mに打ち込み、
中学3年のときには全中陸上1500mで優勝をつかみ取ります。

高校3年のとき、全国高校駅伝で4区を担当。
このときの走りが原監督の目に止まって青山学院大学へ進学しました。

目片 将大

  • 学科/コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科
  • 出身高校/須磨学園高校
  • 自己ベスト

5000m/13:56.71
1000m/29:47.86
ハーフ/1:07:48

横田 俊吾(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/教育人間科学部教育学科
  • 出身高校/学法石川高校
  • 自己ベスト

5000m/13:56.98
1000m/30:06.66
ハーフ/1:05:21

 

脇田 幸太朗

  • 学科/法学部法学科
  • 出身高校/新城東高校
  • 自己ベスト

5000m/14:17.67
1000m/
ハーフ/1:03:13

スポンサーリンク

青山学院駅伝部2020メンバー・新入生

青山学院大学駅伝部2020の新入生メンバーを紹介します。

赤坂 匠

  • 学科/社会情報学部社会情報学科
  • 出身高校/樹徳高校
  • 自己ベスト

5000m/14:27.65
1000m/31:08.51
ハーフ/

中学時代、全中陸上3000mで5位入賞。
高校では沖縄インターハイ男子5000mに出場しました。

池田 知史

左側の赤いTシャツを着たのが池田知史選手。

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/愛知高校
  • 自己ベスト

5000m/14:32.97
1000m/
ハーフ/

小原 響

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/仙台二華高校
  • 自己ベスト

5000m/14:13.88
1000m/
ハーフ/

宮城県選手権3000m障害で、
宮城県高校新記録となる8分51秒42で優勝

倉本 玄太

  • 学科/コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科
  • 出身高校/世羅高校
  • 自己ベスト

5000m/14:08.39
1000m/
ハーフ/

佐々木 塁

  • 学科/国際政治経済学部国際経済学科
  • 出身高校/盛岡第一高校
  • 自己ベスト

5000m/14:19.96
1000m/
ハーフ/

佐藤 一世(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/総合文化政策学部総合文化政策学科
  • 出身高校/八千代松陰高校
  • 自己ベスト

5000m/13:55.60
1000m/30:38.51
ハーフ/

高校3年の全国高校駅伝で1区を出走。
日本人歴代最高記録となる28分48秒で通過しました。

志貴 勇斗(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/教育人間科学部教育学科
  • 出身高校/山形南高校
  • 自己ベスト

5000m/14:12.34
1000m/
ハーフ/

中学時代、全国大会1500mで5位入賞。

高校時代は、県高校新人大会1500mと5000mで2冠を達成しました。

鈴木 竜太朗

  • 学科/コミュニティ人間科学部コミュニティ人間科学科
  • 出身高校/豊川高校
  • 自己ベスト

5000m/14:11.89
1000m/31:15.30
ハーフ/

多田 奏太

多田奏太選手は左。

  • 学科/法学部法学科
  • 出身高校/札幌山の手高校
  • 自己ベスト

5000m/14:34.87
1000m/30:48.66
ハーフ/

陸上を始めたのは小学4年生のときで、
6年生で全国クロスカントリーリレーに出場
中学は陸上部がなく、旭川ACに所属します。

松並 昂勢

  • 学科/経営学部経営学科
  • 出身高校/自由が丘高校
  • 自己ベスト

5000m/14:15.16
1000m/
ハーフ/

山内 健登(全日本大学駅伝エントリー選手)

  • 学科/文学部史学科
  • 出身高校/樟南高校
  • 自己ベスト

5000m/13:52.02
1000m/
ハーフ/

 

山下 悠河

  • 学科/地球社会共生学部地球社会共生学科
  • 出身高校/敦賀気比高校
  • 自己ベスト

5000m/14:36.80
1000m/
ハーフ/
 

スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部2020でイケメン注目選手はだれ?

青山学院大学駅伝部にはイケメン選手が多いですが、
特にイケメンと言えば湯原慶吾選手でしょう。

青山学院のツイッターでも、青学一のイケメンと紹介されています。

スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部2020の監督は?

青山学院大学駅伝部2020の監督は原 晋監督です。

世羅高校を経て、中京大学に進学。
全日本インカレ5000mで3位入賞を果たします。

大学を卒業後は中国電力に進みますが、
故障に悩み5年で競技生活から引退しました。

そのままサラリーマンとして勤務し、
営業マンとして才能を開花。

そんなとき、青山学院大学陸上部から誘いを受け、
2004年に監督に就任しました。

2009年、33年ぶりの箱根駅伝出場を達成。
2015年には初めての箱根駅伝総合優勝に導きます。

原晋監督はビジネスの経験をいかし、
チーム作りと選手の育成を行っているそうです。

スポンサーリンク

青山学院大学駅伝部のブログやTwitterはある?

青山学院大学駅伝部のTwitterでは、
「今日の一言」として選手たちからのメッセージが紹介されています。

アニメのセリフだったり、自分が好きな言葉だったり。

紹介されているメッセージはどれも個性があり、
選手たちの人柄を伺い知ることができますよ。

青山学院大学駅伝部のTwitterはこちら

https://books.rakuten.co.jp/rb/16334412/?l-id=search-c-item-text-01
スポンサーリンク

まとめ

さて、ここまで

・青山学院大学駅伝部の成績は?
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・4年生
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・3年生
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・2年生
・青山学院大学駅伝部2020メンバー・新入生
・青山学院大学駅伝部2020でイケメン注目選手はだれ?
・青山学院大学駅伝部2020の監督は?
・青山学院大学駅伝部のブログやTwitterはある?

について調査してきました!
いかがでしたでしょうか?

昨年の雪辱を果たせるよう、
全国大学駅伝で選手たちには頑張ってほしいですね

コメント

タイトルとURLをコピーしました