関西大学女子駅伝部メンバー2021・かわいい注目選手も徹底調査

大学駅伝
スポンサーリンク

2021年10月31日に第39回全日本大学女子駅伝対抗選手権大会が行われます。

昨年の大会で5位という成績を残し、
見事今年のシード権を得ている関西大学女子駅伝部

シード権を持っているだけに、
今年もとても注目されている学校の1校であります。

そんな関西大学女子駅伝部のメンバーについて詳しく調べてみようと思います。

・関西大学女子駅伝部の成績は?
・関西大学女子駅伝部2021メンバー ・出身高校
・関西大学女子駅伝部2021・かわいい注目選手はだれ?
・関西大学女子駅伝部2021の監督は?

について紹介していきます。

スポンサーリンク

関西大学女子駅伝部の成績は?

2017年全日本大学女子駅伝対抗選手権大会 5位
2017年富士山女子駅伝 18位

2018年全日本大学女子駅伝対抗選手権大会 12位
2018年富士山女子駅伝 11位

2019年全日本大学女子駅伝対抗選手権大会 8位
2019年富士山女子駅伝 18位

2020年全日本大学女子駅伝対抗選手権大会 5位
2020年富士山女子駅伝 7位

過去の成績をみてみると、昨年から順位が上がっているのがわかります。
だんだん強いチームになってきているようですね。

今大会も含め、これからどれだけの成績を残していくのか楽しみですね。

スポンサーリンク

関西大学女子駅伝部2021メンバー ・出身高校

樫原真未

学年/4年生
出身高校/乙訓高校
自己ベスト・800m/2分11秒94

柳谷日菜

学年/4年生
出身高校/大阪桐蔭高校
自己ベスト・1500m/4分28秒22
自己ベスト・5000m/15分52秒78
自己ベスト・10000m/33分12秒55

関西大学女子駅伝部のエース的存在の柳谷日菜選手。

第31回関西学生対校女子駅伝競走大会兼第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 関西地区予選では他校のエースが揃っている3区を走り、順位を上げたうえに後ろの選手とも差をつけ、見事1位で襷を繋いでいます。

とても頼りになるエースです。

木下茜

学年/3年生
出身高校/京都光華高校
自己ベスト・800m/2分14秒74
自己ベスト・1500m/4分30秒16
自己ベスト・3000m/9分42秒29
自己ベスト・5000m/16分28秒48

木下茜選手は第31回関西学生対校女子駅伝競走大会兼第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 関西地区予選では2区を任され、6位から2位まで順位を上げて襷を渡しています。

関西大学の監督が期待している選手の1人である木下茜選手。

昨年の全日本大学女子駅伝対校選手権大会では、
監督が木下選手の安定のあるスピードに期待を込めて大学駅伝デビューを果たし、2区を走っています。

監督の期待通り、どんどんスピードを強化しているようです。

飯島果琳

学年/2年生
出身高校/大阪薫英女学院高校
自己ベスト・3000m/9分49秒27
自己ベスト・5000m/16分13秒60
自己ベスト・10000m/33分31秒16

磯野美空

学年/2年生
出身高校/丸亀高校
自己ベスト・1500m/4分39秒20
自己ベスト・3000m/9分45秒98
自己ベスト・5000m/16分18秒35
自己ベスト・10000m/34分57秒24

磯野美空選手は、とても安定した走りができる選手です。

昨年の第38回全日本大学女子駅伝対校選手権大会では、
当時1年生ながらアンカーを任されるといった実績を持っています。

そして関西大学史上最上位タイである5位でゴールしました。

小杉真生

学年/2年生
出身高校/成田高校
自己ベスト・1500m/4分28秒06
自己ベスト・3000m/9分29秒02
自己ベスト・5000m/16分08秒41

近藤来那

学年/2年生
出身高校/新居浜東高校
自己ベスト・3000m/9分44秒78
自己ベスト・5000m/16分49秒77
自己ベスト・10000m/36分02秒42

近藤来那選手は、今年の駅伝が初出場にも関わらずだんだん調子が上がってきています。

今監督が期待されている選手だそうです。
予選大会ではアンカーの6区を任されました。

石松空

学年/1年生
出身高校/西京高校
自己ベスト・1500m/4分35秒66
自己ベスト・3000m/9分38秒65
自己ベスト・5000m/16分37秒97

石松空選手は、第31回関西学生対校女子駅伝競走大会兼第39回全日本大学女子駅伝対校選手権大会 関西地区予選で、大事な1区を任され、6位という順位で襷を繋いでいます。

伐栗夢七

学年/1年生
出身高校/大阪体育大学浪商高校
自己ベスト・1500m/4分29秒67
自己ベスト・3000m/9分37秒37
自己ベスト・5000m/16分37秒97

1年生の中で自己ベストの記録が速い選手です。
その実績もあり、大会では大事な区間を任されることもあるようです。

土井理沙

学年/1年生
出身高校/大阪薫英女学院高校
自己ベスト・1500m/4分31秒06
自己ベスト・3000m/9分43秒43

スポンサーリンク

関西大学女子駅伝部2021・かわいい注目選手はだれ?

柳谷日菜

現チームのエースである柳谷日菜選手は
今大会でも注目すべき選手です。

大阪ハーフマラソン学生の部で優勝経験があるなど、
数々の実績を残しています。

大会中の感想として、「他の選手との駆け引きが楽しかった。」とコメントしているように、
走ることをすごく楽しんで挑まれていることがわかります。

2020関西学生ハーフマラソン選手権では、
柳谷日菜さんが1位でゴールし優勝しました。

今大会に限らず、大学卒業後もどのような道に進まれるのか気になるところですね。

石松空

こちらも実力の持ち主である石松空選手。

西京高校時代にも区間賞をとるなど、
好成績を残してきている選手です。

その走りを見込まれ1区を任されるなど、
1年生ながら期待されている注目選手です。

スポンサーリンク

関西大学女子駅伝部2021の監督は?

関西大学女子駅伝部の監督は武田夏実監督です。
2008年に関西大学体育会陸上競技部のコーチに就任。
駅伝部の監督をされています。

武田夏実さんは1982年に関西大学文学部を卒業し大学院進学後、
公立高校で英語教師をしながら陸上競技部の指導をしていました。

大阪府立大塚高等学校では、2000年に全国高校女子駅伝競走大会に初出場を果たし、
同大会に5度目の出場となった2005年には総合14位という好成績を残されています。

メンタルトレーニングにも力を入れられています。

スポンサーリンク

関西大学女子駅伝部2021のまとめ

ここまでで

・関西大学女子駅伝部の成績は?
・関西大学女子駅伝部2021メンバー ・出身高校
・関西大学女子駅伝部2021・かわいい注目選手はだれ?
・関西大学女子駅伝部2021の監督は?

について紹介してきました。

昨年の結果が大学史上最上位タイの記録だっただけに、
今年はとても期待されていると思います。

そのプレッシャーを跳ね除け、ぜひ好成績を残してほしいと思います。
関西大学にも注目して大会見ていきたいと思います。

大学駅伝
スポンサーリンク
スポンサーリンク
まりもの気まぐれ日記

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました